日本オラクル特集記事

ラリー・エリソン:オラクルは「看板商品に重点を置いている」

オラクル・コーポレーション
クリス・マーフィー

6月19日、オラクルが2019会計年度決算を発表する席において、会長兼CTOであるラリー・エリソン(Larry Ellison)は、同社には急速に成長している製品と減速している製品があることを明らかにした。エリソンにとって、そこに問題はまったくない。


エリソンは、「当社は看板商品に重点を置いており、現在、売上を押し上げている」と述べた。

看板商品は、オラクルの「Autonomous Database」、「ERP Cloud」、「HCM Cloud」および「NetSuite」クラウド・アプリケーション・スイートなどが挙げられる。

エリソンは、次のように述べている。「急速に成長し、市場全体でNo.1のシェアを獲得している極めて先進的なビジネスがある一方で、低迷しているビジネスもあるが、それは構わない。」

クラウド・アプリと自律型データベース

たとえば、5月31日に終了した2019会計年度では、オラクルの「ERP Cloud」と「HCM Cloud」の売上は32%増加し、「NetSuite」の売上も32%増加した。

昨年発表された「Autonomous Database」は、オラクルの最新の看板商品である。オラクルのエグゼクティブは、この自律型データベースについて、企業を中心に関心を持ついくつかの指標を示した。このサービスは、データの暗号化とアップグレード、チューニング、バックアップ、パッチ適用を人的関与なしで自律的に行う。それにより、コストは削減し、エラーは減少する。

エリソンによれば、オラクルは第4四半期に、「Autonomous Database」のトライアルを5,000以上、新たに実施したという。また、同四半期には、「Oracle Cloud Infrastructure」上で稼働する「Autonomous Database」の実行に必要なデータベース・オプションが急速に成長した。これは、稼働を継続しながらバックアップやパッチ適用を自律的に行うことができ、スケジューリングされたダウンタイムも人的介入も必要としない。エリソンは、「これらの自律的機能に近い機能を提供するクラウド・インフラストラクチャは、ほかに存在しない」と述べている。

エリソンの説明によれば、自律型データベースなどの製品ローンチの成功を測る上で、オラクルはデータセンター内での顧客のクラウド・サービスの使用状況に着目し、これらの使用パターンを役立てているという。これは、現場からの販売予測のみに頼っていた従来のアプローチとはまったく異なる方法である。

エリソンは、目に見えるものに促されていると語った。「興味深いと思ったのは、消費データ曲線である。こちらの消費レートは、現場の現在予測よりもずっと速く増加している。これは、見事なまでにこちらの行動を促してくれる。このトレンドが始まったばかりであることを願いたい。近日中に明らかになるであろうが。」

決算結果

2019会計年度にオラクルは395億ドルの売上を計上した。前年度比で米ドル換算では若干増加し、為替変動の影響を除けば3%増加した。

第4四半期にオラクルは111億ドルの売上を計上した。前年同期比で米ドル換算では1%、為替変動の影響を除けば4%増加した。この四半期の純利益は14%増加して37億ドルとなった。

第4四半期のオラクルのクラウド・ライセンスとオンプレミス・ライセンスの売上は、USDベースでは12%、為替変動の影響を除けば15%増加した。中でも、データベース・ライセンスが含まれるテクノロジー分野は、特に力強い成長を示した。オラクルのBYOL(Bring Your Own License)プログラムにより、企業はオンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境で使用できるソフトウェア・ライセンスを購入できる。

CEOであるサフラ・キャッツ(Safra Catz)は、次のように述べている。「ライセンスとクラウド・サービスのどちらを利用しても、お客様が当社のテクノロジーを採用すれば、当社の全体的にカスタマーベースは拡大する。その拡大のペースが加速し始めている。」

CEOであるマーク・ハード(Mark Hurd)は、オラクルのアプリケーション・ビジネスについて、オラクルが極めて力強い成功を収めていると述べた。「ERP Cloud」と「NetSuite」の両方があれば、クラウドベースのバックオフィス・アプリケーションを1つのスイートとして提供できるからであるという。ハードによれば、これが重要なのは、財務や人事などのプロセスをうまく連携させたいと企業が考えているためである。特に「NetSuite」については、米国以外の販売およびマーケティング活動を拡大し始めたところであるため、国際的に力強い成長を見込めるという。

オラクルは「ERP Cloud」と「NetSuite」の売上で力強い成長を記録した。ハードは、次のように述べている。「すべてが完璧であるとは言わないが、それは非常に良いニュースである。これらの数字を記録したが、さらなる成長が可能である。個人的には、いいペースであると考えている。」

本記事はForbes.com OracleVoiceの以下の記事を抄訳しています:
Larry Ellison: Oracle Is 'Focused On Our Star Products'