ユーザー・インタフェース・デザイン

User Interface Design feature story
直感的で、人を引きつける魅力的な
アプリケーションの開発

Carol Hildebrand

 

Webとモバイルのユーザーエクスペリエンスを全体的に改善するモダンなUIデザイン

デジタルの世界でビジネスを成功させるには、優れたアプリケーション・デザインがきわめて重要です。モバイルデバイス、ソーシャルメディア、およびクラウドによって、情報提供とその消費のあり方は根本から変わりましたが、これらの技術は、デジタル・ディスラプション(創造的破壊)をもたらした要因の一部とも言われています。そのため最近では、やり取りをできるかぎり簡単で生産的なものにすることが、かつてなく重要なテーマとなっています。

Easy and intuitive on-demand information

ユーザーは、使用するデバイスやアプリケーションのいずれを問わず、直感的で使いやすい要望に対応した情報を求めています。

消費者や企業の従業員は、Facebookなどの人気アプリケーションに見られるような、直感的でレスポンスの良いユーザー・インタフェースを通じて、情報をオンデマンドに入手したいと望んでいます。その背景には、モバイルやクラウドなどのテクノロジーによって、アプリケーションや情報にいつでもどこでもアクセスできる高度なアクセス環境が整ってきたという事情があるようです。

オラクルのバイスプレジデント(モビリティ/開発者用ツールおよびフレームワーク担当)であるChris Tonas氏は次のように述べています。「モバイル・アプリケーションの需要は急速に伸びており、IT企業を取り巻く環境に大きな変化をもたらしています。私の調べによると、企業の90パーセントは1つ以上のモバイルアプリを6か月おきに開発または発売しています。アプリケーション開発に2~3年を要していた3年前に比べると、これはかなりの変化です。」

要するに、デジタル・イノベーションの重要性が高まった結果、その新たなビジネス命題をクリアするために、アプリケーションのデザインや開発のあり方を大きく変える必要が生じているのです。しかし、それはどのように実現すればよいのでしょうか。

UIデザインのブレイクスルー

デジタル時代にふさわしいアプリケーションを開発するには、劇的に変化したビジネス環境に対応するための、現代的なユーザー・インタフェース(UI)デザイン・システムが必要です。現代的なUIデザイン・システムとは、ITチームが顧客の期待に沿ったモバイル・アプリケーションを開発し、クロスチャネルのアプリケーション間で一貫性のある使用感を提供できるようにするシステムのことです。

現代的なUIデザインに取り組む前に、まずは不便なアプリがいかに顧客を逃がすかについてはっきりと理解しておきましょう。

オラクルのバイスプレジデント(ユーザーエクスペリエンスおよびミドルウェア・プラットフォーム/製品担当)であるMike Mohageg氏は次のように述べています。「優れたUIを最優先とし、機能は第2優先にするのが成功の鍵だということは、ニーズを注視している人なら誰でも気づくことです。ユーザーがモバイルのアプリケーションに求めているのは、1つの画面にできるだけ多くの機能を詰め込むことではありません。コンパクトな領域でシンプルかつ簡単に使用できるアプリを求めているのです。したがって開発者は、個別のタスクを簡単に完了できるアプリを作る必要があります。」

Customer quote

優れたUIを最優先とし、機能は第2優先にするのが成功の鍵だということは、ニーズを注視している人なら誰でも気づくことです。

このように、「モバイル最優先」の視点から、使いやすくて魅力的なUIをデザインすることが重要なのです。言い換えれば、モバイルデバイスとユーザーを念頭に置くということです。たとえば、さまざまなスマートフォンの種類を考慮して設計を行うには、各種の画面幅で作業したり、シンプルな画面タッチ制御のUI要素を簡単に設定することができるシステムが必要です。「ページの機能密度を減らすことで、広々とした余裕のあるレイアウトを設計できます。」(Mohageg氏)

現代的なUIデザインを開発するには、ユーザーにとって魅力的だという観点も重要です。静的情報の提供にとどまらない、より踏み込んだ機能をモバイルアプリに求めるニーズは年々高まっています。Tonasは次のように述べています。「ユーザーは単に機能を読むだけでなく、対話型の機能を求めています。製品やデモを見て、使いやすさを確認したいのです。このニーズに応えられなければ、ユーザーはあなたの製品を購入の選択肢から外すでしょう。すべてはUI次第なのです。」

現代的なUIデザインは、クロスチャネルのデザイン戦略にも大きく貢献します。ユーザーは、1つの製品を購入するまでに複数のデバイスを経由することがよくあるので、それら各種のフォームや仕組みを同じ見た目や使い勝手でシームレスに提供できるUIが必要になります。携帯電話のアプリを使用することもあれば、デスクトップでブラウザベースのアプリを使うこともあるでしょうが、どのアプリでも一定の視覚的一貫性を保つ必要があります。Tonas氏は次のように述べています。「各アプリのUIは必ずしも同じである必要はありません。ただし、"学習の転移"という概念を意識することが重要です。たとえば、あるアプリで特定のタッチ・ジェスチャーが使える場合、ユーザーは別のアプリでも同じ操作ができることを期待します。」

Consistent UI design

各プラットフォームに一貫性のあるUIを提供できるシステムを確保しましょう。

アイコンも重要な視覚要素の1つです。Tonas氏は次のように述べています。「パソコンのアプリケーションに各種のユーザータスクを表す一連のアイコンがある場合、タブレットのUIがそれとまったく違っていたら、ユーザーを逃がすことにもなりかねませんし、そうでなくても、必要な機能を見つけづらくなります。」各プラットフォームに一貫性のあるUIデザインを提供できるシステムを確保することは、すべてのアプリケーションで一貫性のあるエクスペリエンスを提供するための近道なのです。

モダンなUIデザイン・システムを使用すれば、顧客関係を強化し、アプリケーションの高速化を促進し、クロスプラットフォーム・アプローチにおけるUXの一貫性を構築できます。適切に導入すれば、見た目の良さを超えるメリットが得られるはずです。ビジュアル・イノベーションを通じて、ビジネスバリューを高めましょう