Oracle License Management Services—Policy

Oracle License Management Services

Compliance Policy

オラクルのコンプライアンス・ポリシー

オラクルは、ソフトウェア・ライセンス契約またはサブライセンス契約を通じ、ソフトウェアの使用権を付与しています。オラクルのソフトウェアを無許可、またはライセンスなく使用した場合、契約違反および/または知的財産権に関する法律に対する違反となる場合があります。このようなコンプライアンス違反は意図的である場合もあれば、該当するライセンス条件に関する知識の欠如、ライセンス管理の欠如、または組織内でのソフトウェアの頒布に対するコントロールの欠如によって無意識のうちに引き起こされる場合もあります。

オラクルは、ソフトウェアの契約上の権利および知的財産権の保護に熱心に取り組み、オラクルのプログラムの使用に関して適切なライセンスの取得および維持ができるようにお客様やパートナー様を支援します。

オラクルのライセンスを管理することはお客様とパートナー様の責務です。

オラクルのソフトウェアをライセンスする場合、ライセンス契約の条件に従いライセンスを利用することはお客様の責務です。また、再販頒布契約に従いオラクルのライセンスを販売することはパートナー様の責務です。自身のライセンスの権利を理解しそれらを遵守することは、最終的にはお客様とパートナー様の責務です。

オラクルは、ライセンス管理を支援します

オラクルは、お客様とパートナー様が、オラクルのライセンスに関する義務と投資を理解し管理することを支援する情報やサービスを利用できるよう、熱心に取り組んでいます。オラクルのライセンスマネジメントサービス(LMS)グループは、レビューを実施しコンプライアンス状況に対する見解を提供することが認められたオラクルにおける唯一のグループであり、お客様やパートナー様のコンプライアンス状況に対するガイダンス、教育、および公平な見解を提供します。

ライセンスマネジメントサービスのエキスパートによる支援を希望される場合、下記のウェブアドレスに明記されているお問い合わせ先を利用ください。https://www.oracle.com/jp/corporate/license-management-services/.

ライセンス上のコンプライアンスを確保する

オラクルがライセンス違反を発見した場合、違反当事者に対し違反の事実を書面により通知し、通常、適切なライセンスを入手するかまたは他の方法により違反状態を是正するための30日間の猶予期間を付与します。また、オラクルのライセンスマネジメントサービスおよび担当営業部門は、オラクルのソフトウェア・プログラムの使用目的に応じて、適切なライセンスを取得できるようにお客様やパートナー様を支援します。

ライセンス違反は、次のいずれかの方法により解消することができます。

  • コンプライアンス違反を解消するのに十分なライセンスを購入する。この場合、ライセンスなく使用していた期間に対するテクニカル・サポート料金が請求される場合があります。
  • オラクルのソフトウェアを削除するかまたはハードウェア環境を再構成した場合、ライセンスなく使用していた期間をカバーするため、期間ライセンスおよび当該期間に対応するサポートを購入することができます。

オラクルは、公正かつ正確な方法でライセンス上のコンプライアンス違反を解決する努力をしています。ビジネス上の解決が得られない場合、当該問題の解決はオラクルの法務部門を通じ関係当局に委ねられます。オラクルが取りうる救済措置には、以下のものが含まれますが、これらに限られません。

  • ライセンス違反を解消するために必要な追加ソフトウェア・ライセンスに対する全ての料金の請求
  • ライセンスなくソフトウェアを使用していた期間のテクニカル・サポート料金の請求
  • テクニカル・サポート・サービスおよびソフトウェアの更新(該当する場合)の停止
  • ライセンス契約および関連するライセンスの終了
  • オラクル・パートナーの資格およびサブライセンス権の取消

始めよう