Oracle Workforce Development Program

Program Guide

ワークフォース・デベロップメント・プログラム(WDP)は、生涯教育の一環として、オラクル製品及びサービスを用いた教育訓練の実施を行う教育訓練機関とオラクルのパートナリング・プログラムです。

このガイドは、WDPについて分かりやすくご案内したものです。WDPの概要、参加のメリット、参加の条件、参加費などについて説明します。

ご注意:本ガイドに含まれる内容は、予告せずに変更することがございます。

WDPの概要と特典

今日のIT環境の急速な変化に伴い、世界中でIT技術者が不足しており、低価格で利用しやすいIT技術者教育が求められています。WDPを通して日本オラクルは、ワールドワイドでNo.1のシェアを誇るOracleデータベースの技術者育成を、全国の教育訓練機関において推進していただくためのお手伝いをさせていただきます。

またWDPを通してご提供するカリキュラムは、日本オラクルがOracleデータベースの技術力を認定する「ORACLE MASTER」にも対応しています。「ORACLE MASTER」はIT市場でも注目されるベンダー資格となっており、受講生の方のキャリアアップをサポートいたします。

WDPにご参加いただいた教育機関には、以下のようなサービスをご提供します。

  • オラクル製品の使用権許諾
  • テクニカル・サポート/製品アップグレード
  • オラクル研修コース
    ※講師のみ参加可能で、受講料は通常料金の50%OFFになります。
    また、本特典はプログラム指定会場のみでのご利用となります。
  • オラクルの研修教材
  • ORACLE MASTER試験
    ※講師と学生が対象で、受験料が通常料金の25%OFFになります。
    (2008年6月1日より)
    また、本特典はお客様ご指定会場での団体受験(一社試験)のみでのご利用となります。

▲ ページトップへ戻る

WDP参加の条件

WDPにご参加いただくには、以下の条件をご了解いただく必要があります。

  • 政府、地方自治体などの公的機関に正式に認可された教育訓練機関であること
  • ORACLE MASTER資格のためのコースを実施する場合、対応する試験に合格している講師がいること(推奨)
  • (法人ではなく)個人に対して教育訓練を実施すること
  • 日本オラクルが実施する教育/研修ビジネスと競合しないこと
  • WDPを利用したクラスを週12時間以上実施しないこと
  • WDPの要求するハードウェア/OSを用意すること
  • 受講生2人に1台以上の受講生用PC、講師用PC、クラスの設備などの準備ができること
  • WDPスチューデント・キットを各受講生に配布すること
  • オラクル製品を受講生に使用させること(使用者の名簿管理を行うこと)
  • WDPを利用したクラスの教育訓練計画書を提出すること
  • WDP契約に調印すること

※なお、最終的なWDP参加の可否は、日本オラクル株式会社が行います。日本オラクル株式会社の判断により、WDPに参加できないことがあります。

▲ ページトップへ戻る

WDP参加費

WDPへのご参加に際して必要になる費用は以下のとおりです(すべて税別です)。

  • 年間参加基本料:1デパートメントあたり 年額 54,300円(税込み 57,015円)(必須)
    (2008年9月1日より)
    • 入会契約成立日より1年間有効です。
    • もし、同一デパートメントが二つ以上のロケーションに分かれている場合は、ロケーション単位となります。
    • 費用に含まれるもの
      • 「WDP向けオラクル製品」で掲げるオラクル製品の使用権許諾
      • オラクル製品使用許諾をした製品に対するテクニカル・サポート費及び製品アップグレード費
  • 日本オラクルの研修教材使用料(必須)
    • インストラクターズ・キット:年額 13,700-19,300円(税込み 14,385-20,265円)/コース/講師
    • スチューデント・キット :年額 13,700-19,300円(税込み 14,385-20,265円)/コース/受講生
      ※インストラクターズ・キット、スチューデント・キットとも、コースにより価格が異なります。
    • 対象となる研修コースについては「WDP向けカリキュラム」をご参照ください。
    • インストラクターズ・キットは、講師1人に1セット、スチューデント・キットは受講生1人に1セット必要です。
    • 年間4-6コースの実施を推奨します。
  • 日本オラクルの研修コース受講料(任意)
    • 通常料金の50%OFFです。
    • WDPに登録された講師および受講生に適用されます。
    • ORACLE MASTER資格の詳細については以下のURLをご参照ください。
      http://www.oracle.com/jp/education/master/

▲ ページトップへ戻る

WDP向けオラクル製品

WDPを通してご提供可能なオラクル製品は以下のものになります。
※このページの製品名は実際に許諾されるライセンス名で表記しています。各製品の通称と異なる場合がありますのでご注意ください。

  • データベース製品
    • Oracle Database Personal Edition
    • Oracle Database Enterprise Edition
    • Oracle Tuning Pack
    • Oracle Change Management Pack
    • Oracle Diagnostics Pack
  • アプリケーション・サーバー製品
    • Oracle Internet Application Server Enterprise Edition
    • Oracle Internet Application Server Standard Edition
    • Oracle Internet Application Server Wireless Option
    • Oracle Internet Application Server Personalization
  • 開発ツール製品
    • internet Developer Suite
      (JDeveloper,Forms Developer,Designer,Reports,Discoverer,Warehaouse Builderなどが含まれます)

なお、以下の点にご注意ください。

  • 上記の製品について、WDP参加期間に日本オラクル株式会社より出荷されている製品に限ります。
    ※2008年9月1日現在の対象製品バージョンは以下のとおりです。

    データベース製品: 9i および 10g
    アプリケーション・サーバー製品: 9i
  • 製品についての詳しい情報は、以下のURLをご参照ください。
    http://www.oracle.com/jp/products/

▲ ページトップへ戻る

WDP向けカリキュラム

WDPを通して授業でご使用いただける研修教材、また、講師の方が受講可能な日本オラクルの研修コースは、Internet Platformに分類されているコースのうち、ORACLE MASTER資格試験対応のコースとなります。ご注意ください。WDP向け研修コース一覧はこちらをご参照ください。コース内容の詳細、最新情報については、日本オラクルホームページをご参照ください。
http://www.oracle.com/jp/education/training/

WDP向けの研修コースの一部をご紹介します。

  • データベース関連
    • Oracle9i入門 SQL編
    • Oracle9i入門 データベース編
    • Oracle9i PL/SQL基礎
    • Oracle9i データベース管理 Ⅰ 前編および後編
    • Oracle9i データベース管理 Ⅱ ネットワーク編
    • Oracle9i データベース管理 Ⅱ バックアップ・リカバリ編
    • Oracle9i パフォーマンス・チューニング

▲ ページトップへ戻る

オラクル製品の使用権許諾について

WDPを通したオラクル製品の使用権許諾については、契約書に記載されます。サンプルをご覧いただくことが可能です。
サンプル版のダウンロード(PDF)

▲ ページトップへ戻る

WDP向けオラクル製品とカリキュラムの注文について

WDP向けオラクル製品WDP向けカリキュラムのご注文は、プログラムご契約時またはご契約成立後、随時行っていただくことが可能ですが、手続きに時間がかかる為なるべくプログラムご契約時にご注文ください。注文方法の詳細に関しましては、下記お問合せ先までEメールにてご連絡ください。

▲ ページトップへ戻る

参加方法

WDPへの参加をご希望の場合は、下記お問合せ先までEメールにてご連絡ください。追って、WDP参加申込書を送付致しますので、必要事項をご記入の上お申し込みください。
なお、お申込みいただいてから契約書の送付までは通常約1ヶ月かかります。

ご契約までのフロー

契約までのフロー

お問合せ

WDPに関しては下記窓口までEメールにてお気軽にお問合せください。
WDP事務局 WDP-Office_jp@oracle.com

▲ ページトップへ戻る

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ

    E-mail this page    Printer View Printer View