Press Release

バンダイ、「Oracle Exadata」とデータベース・セキュリティ製品群によりECサイト「プレミアムバンダイ」のシステム基盤を刷新

会員の個人情報を高度なセキュリティで保護、グローバル展開も見据えた処理性能向上を実現

Tokyo, Japan—2016/07/12


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂、以下 日本オラクル)は本日、株式会社バンダイのECサイト「プレミアムバンダイ」(URL http://p-bandai.jp/)が稼働するIT基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(以下Oracle Exadata)」が導入され、このたび稼働開始したことを発表します。バンダイはさらに、個人情報保護の強化に向け、オラクルのデータベース・セキュリティ製品群を併せて導入しました。これにより、平均処理性能が10倍以上(*)に向上し、今後のさらなる会員数と販売量の増大に耐えるシステム基盤が実現しました。
* バンダイ調べ
 
プレミアムバンダイは、子どもから大人まで楽しめるバンダイの公式ショッピングサイトとして、人気キャラクター商品やアパレル商品など、同サイトでしか手に入らないオリジナル商品を中心に販売しています。2009年のサイトオープン以来、順調な成長を遂げているプレミアムバンダイでは、増大を続けるオンライン・トランザクションを処理する上で、従来のシステム構成を上回る、より高い処理能力が必要となりつつありました。また、今後のグローバル展開も見据え、さらなるトランザクション増大にも対応できるIT基盤を構築するために、データベース処理の高速化と運用の簡素化を実現できる「Oracle Exadata」と、「Oracle Exadata」のバックアップ基盤として統合ストレージ製品「Oracle ZFS Storage ZS3」の導入を決定しました。
 
「Oracle Exadata」の導入により、従来は約4時間かかっていたバッチ処理が約10分で完了(*)するなど大幅な性能向上が実現しました。1分間あたりに処理可能なリクエスト件数も10倍以上(*)に増え、サイト限定商品の発売などにともなうアクセス集中時のレスポンス低下の課題も解消しました。
* バンダイ調べ
 
バンダイはまた、個人情報漏洩を含むデータベースに対するさまざまな脅威からの保護を目的に、データの暗号化を行う「Oracle Advanced Security」や秘匿性の高いデータに対するシステム管理者によるアクセスを厳密にコントロールする「Oracle Database Vault」、監査・監視を行う「Oracle Audit Vault and Database Firewall」、テスト環境を保護する「Oracle Data Masking and Subsetting Pack」などのデータベース・セキュリティ製品群を導入しました。これにより、個人情報保護法のガイドラインに求められる暗号化やデータベース管理者のアクセス制御、ログの取得・監視が可能となりました。
 
バンダイのネット戦略室 ゼネラルマネージャー 高原秀介氏は、次のように述べています。「Oracle ExadataとOracle Advanced Security や Oracle Database Vaultなどのデータベース・セキュリティ製品群を採用したことで、従来に比べ非常に処理能力の高いECサイトと、高度なセキュリティで守られた会員情報管理基盤を実現しました。アクセス集中にも余裕で対応でき、グローバル展開を推進するための環境が整いました」
 
本プロジェクトでは、プレミアムバンダイの立ち上げ初期より構築と運用を担当してきたテニック株式会社(本社:東京渋谷区笹塚、代表取締役社長:澤田 眞)と、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区霞が関、代表取締役社長:菊地 哲)がシステム構築を担当し、オラクルとの強力なパートナーシップのもと、事前検証から基盤構築、運用にいたるプロジェクト全体を支援しました。
 
日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。
「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクルでは、オラクルのクラウドをより簡単に、分かりやすく、迅速に使えるような仕組みづくりを強化し「POCO(The Power of Cloud by Oracle) - クラウドのチカラ」をキーワードに市場への浸透を図ります。
 
オラクルについて
オラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を完全に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 坂元
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837