Press Release

外為どっとコム、オラクルのクラウドを活用し、FXシステムの安定稼働による高品質サービスを実現

「Oracle Database Cloud Service」と「Oracle Real Application Testing」を活用し、本番環境へのデータベース・アップグレードのテスト工数を67パーセント削減

Tokyo, Japan—2017/02/27


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂、以下 日本オラクル)は本日、株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区東新橋、代表取締役社長:竹内 淳、以下 外為どっとコム)の外国為替保証金取引(FX)サービスの高パフォーマンスかつ安定した稼働を続けるため、データベース・アップグレード時の本番適用前のテスト環境に「Oracle Database Cloud Service」を導入し、「Oracle Real Application Testing」によるテスト工程を効率化したことを発表します。その結果、テスト工数を67パーセント削減*することができ、データベース基盤を迅速に最新化することで、高速化、安定性、拡張性を備えたFXシステムを支えています。
* 外為どっとコム調べ
 
FX取引を主力事業とする外為どっとコムは2002年4月の設立以来、お客様に対する信頼性を確保するため、より品質が高く優位性のあるサービスを提供するためのシステムを構築し、安定稼働を続けるリスク管理態勢を強化してきました。そのため、システムの脆弱性について、データベースなどソフトウェアの最新化やセキュリティ・パッチの適用など対策を適時講じる必要がありました。具体的に、定期的に発生するデータベースのパッチ適用やアップグレード作業の迅速化、パッチ適用やアップグレードを事前検証するための検証用環境の準備、正確かつ効率的なテストの実施などが必要でした。
 
本番環境のデータベースが「Oracle Database」を基盤に構築されているため、同等の機能をクラウドで提供する検証用環境として「Oracle Database Cloud Service」を、パッチ適用前後のSQL非互換や性能テストの正確性向上およびテスト自動化を目的に「Oracle Real Application Testing」を採用しました。
 
「Oracle Database Cloud Service」と「Oracle Real Application Testing」の組み合わせにより、以下の効果をあげています:
 
  • データベース・アップグレード時の本番適用前のテスト環境を迅速に構築:「Oracle Database Cloud Service」を利用することで、アップグレード前後のSQL性能比較を効率的に行うために必要な「Oracle Real Application Testing」のオプション「SQL Performance Analyzer」が使用可能な検証環境を、ライセンス費用を圧縮し迅速に構築
  • SQLの非互換や性能テストにかかる工数を大幅削減:「SQL Performance Analyzer」を利用することで、オンプレミスの現行環境でキャプチャしたSQLを「Oracle Database Cloud Service」上でリプレイすることで、現行環境に影響を与えず、また手動でのテスト作成・実施が不要。これにより従来比、テスト工数を67パーセント削減*
*外為どっとコム調べ
 
本事例に関する外為どっとコム、導入支援パートナーであるフューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二)からの賛同コメントは以下のとおりです:
 
「弊社は外国為替保証金サービスを投資家向けに提供しており、システムの安定化を重視しています。オラクル製品のバージョンアップについても従来とパフォーマンスの変化が無いかという点やバージョンアップ時のトラブルが発生しないかという点を注視していました。クラウドを利用した検証作業を経た結果、予定通りに完了しトラブルが発生していない点を評価しています。」
株式会社外為どっとコム
執行役員
大嶋 一彰
 
「外為どっとコム様の外国為替保証金サービスを支えるシステムはミッション・クリティカルであり、どんな失敗も許されません。オラクル製品のバージョンアップについても同様ですが、効率的な方法を模索し、クラウドを利用した検証環境を選択しました。クラウドを利用した検証作業は非常にスムーズであり、計画通りに完了させることができました。」
フューチャーアーキテクト株式会社
執行役員
掃部 孝行
 
参考リンク
 
日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。
「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクルでは、「Digital AID (デジタル・エイド)by POCO(The Power of Cloud by Oracle)」をキーワードに社会に貢献するクラウドカンパニーとして、オラクルのクラウドのメリットを最大限に活用いただけるよう推進しています。
 
オラクルについて
オラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を最大限に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com
About Oracle

Oracle offers a comprehensive and fully integrated stack of cloud applications and platform services. For more information about Oracle (NYSE:ORCL), visit www.oracle.com.

Trademarks

Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners.

Safe Harbor

The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, and timing of any features or functionality described for Oracle's products remains at the sole discretion of Oracle Corporation. 


広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837