300年以上続く箱根温泉旅館の老舗の一の湯、インバウンド需要に向けたカスタマー・サービス強化のため、オラクルのクラウド・サービスを利用開始

増加する訪日外国人に対応するため、英語によるカスタマー・サービス拡充を「Oracle Service Cloud」により実現

Tokyo, Japan—2017/03/09


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂)は本日、300年以上続く老舗の箱根温泉旅館を運営する株式会社一の湯(本社:神奈川県足柄下郡箱根町、代表取締役社長:小川 晴也、以下 一の湯)が、カスタマー・サービスを支援するクラウド「Oracle Service Cloud」のWebセルフサービス機能を活用し、英語で対応可能なお問合せサイトを拡充したことを発表します。
 
一の湯は、箱根塔ノ沢の温泉旅館一の湯をはじめ、箱根町を中心に複数の温泉旅館の経営を行っています。一の湯では、サービス産業生産性協議会主催の「ハイ・サービス日本300選」を受賞するなど、カスタマー・サービスの向上に継続的に取り組んできました。昨今では、海外からの宿泊客が増加しており、2016年には、約40%が海外からの利用客でした。
 
一の湯では、国内外からの利用客は、オンライン宿泊予約サイト経由の申込者が約30パーセント、自社Webサイト経由の申込者が約40パーセントと全体で約70パーセントがWebサイトから情報を得て予約を行っています。自社サイト経由の申込数の増加に向けて、Webサイトの拡充を検討していました。また、繁忙期には、限られた人数のオペレーターではお客様からの電話に対応しきれないケースもあり、カスタマー・サービスの改善も課題でした。その中で、入電数を抑え、Webサイトから得られる情報で自己解決を促進し、日本語・英語で対応できるカスタマー・サービスの仕組みが求められていました。
 
このたび、問合せ頻度の高い質問への回答を優先的に表示する「Oracle Service Cloud」の人工知能機能により、WEBサイトでの自己解決を支援します。また、各温泉旅館のオペレーターが応対する質問や回答の中で、共通する情報を内部で共有できるため、均一な回答を迅速に提供することも可能になり、オペレーターの生産性向上にも貢献します。今後は、自社Webサイトを訪問した利用者に向けて、事前の情報収集・予約から帰国後までの顧客体験を一元的に管理し、継続的なカスタマー・サービスの向上を目指していきます。
 
日本オラクルでは、「Digital AID (デジタル・エイド)by POCO(The Power of Cloud by Oracle)」をキーワードに社会に貢献するクラウドカンパニーとして、オラクルのクラウドのメリットを最大限に活用いただけるよう推進しています。「Oracle Service Cloud」は、カスマーサービスを支援するクラウド・アプリケーションとして、簡単かつ迅速に導入することができ、カスタマー・サービス部門のユーザーにも直観的で分かりやすく効果的に活用していただけるよう取り組んでいきます。
 
参考リンク
株式会社一の湯
Oracle Service Cloud 製品概要
 
日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。
「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
Facebook           www.facebook.com/OracleJP
Twitter              twitter.com/Oracle_Japan
 
オラクルについて
オラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を最大限に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 斉藤
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837