参考資料

2017年4月 日本オラクル株式会社 新卒入社式

取締役 代表執行役社長 兼 CEO 杉原 博茂 祝辞の要約

Tokyo, Japan—2017/04/03


於:オラクル青山センター
新入社員 21名
 
 
新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。本日ここに、21名の新しい仲間を迎えることができました。新たな人生の門出をお祝いすると共に、日本オラクルを代表して心から歓迎します。
 
日本オラクルは、今年で設立32年目を迎えます。これまで約6万社のお客様、2,000社を超えるパートナー様に支えられ、IT基盤の根幹技術であるデータベースでは、圧倒的なシェアを獲得し、業界をリードする地位を確固たるものにしました。そこにはいつも、オラクルの強みである「Passion & Technology」(情熱とテクノロジー)があり、今のオラクルを築いています。この「Passion & Technology」を念頭に置き、社員一丸となってデータベースの会社からクラウドカンパニーへの変革を推進しています。
 
我々は、今まさに第二創業期として、「VISION 2020」へと大きく舵をきり、ゴールに向かって邁進しています。「VISION 2020」の目指すものは、2020年までに「クラウドでNo.1になること」、そしてもう一つは、「The Most Admired Company」であり、「もっとも敬愛され、賞賛される会社になること」です。
 
振り返ると歴史は、例を見ないスピードで動いています。1989年の東西冷戦終結後、日本を含めた世界情勢の安定、東西の融和、欧州連合設立、グローバリゼーション加速などの変化の中で、さまざまな技術革新による便利で平和な社会の繁栄を誰もが期待していました。2017年現在、この世界、そして日本はさまざまな課題に直面しています。先進国では「少子高齢化」が深刻な問題です。テロ、感染症の大流行、大規模自然災害、地球温暖化や自然環境の大きな変化、先行き不透明な政治・経済など、枚挙にいとまがない情勢への不安を払拭するのは容易ではありません。私達は、この先行き不透明な状況を「VUCA」の時代と呼んでいます。
* VUCA: Volatility(不安定)Uncertainty(不確実)Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)の略
 
そのような状況の中で、オラクルの「使命」は、我々が開発し、製造し、提供する「ITによるデジタル技術」が平和で、生産性の高い、安心・安全な社会づくりに貢献することです。大切な家族やコミュニティ、お客様やパートナー様から「頼りになる、ありがとう、助かった」と言われることです。
 
26期生の皆さんも、「Passion & Technology」(情熱とテクノロジー)というキーワードを心にとめておいて下さい。創業者のラリー・エリソンを筆頭に、他社にはない、情熱と技術力がオラクルの強みです。とどまることなく進化する技術力を追求するだけではなく、重要なのは、情熱を持ち続けることです。
 
10年、20年先の未来を見据え、皆さんが第二創業期の中心メンバーとして活躍されることを期待します。皆さんは、社会人人生がスタートしたばかりですが、自分を若いと思わないでください。時代が変われば、歴史上の人物は、皆さんと同じぐらいの年代で情熱を持ち続け、偉業を成し遂げています。
 
日本オラクルでは、イノベーションを創出する社員の行動指針として、「Do Big Different」を奨励しています。人と大きく違うこと、過去にないことにチャレンジすることを望んでいます。ますます不安定で予測しにくい社会情勢である今こそ、国境や、人種、年齢、性別、役職、部署や部門、すべての垣根を越え、指示を待つのではなく、常に「なぜ」と問いかける気持ちを持ち、探求し続け、自ら考え、行動し、成すべきことを成してください。そして、仲間を大切にしてください。そうすれば百戦殆からずではないかと考えます。
 
皆さんが、歴史上に名を残した人たちと同じ情熱を持ち、10年、20年先の日本・社会の未来に貢献できる人材に成長することを期待します。これから私達に待ち受けるさまざまな出来事に対し、愛と勇気をもって、一緒にがんばりましょう。 
 
日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。
「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
Facebook           www.facebook.com/OracleJP
Twitter              twitter.com/Oracle_Japan
 
オラクルについて
オラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を最大限に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.comをご覧ください。
 
【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石川・斉藤
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 石川・斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837