Press Release

富士通とオラクル、世界最速サーバ「SPARC M12」を全世界で提供開始

オンプレミス・クラウド両環境におけるインフラ基盤最適化を実現

Tokyo, Japan, and Redwood City, Calif., U.S.—2017/04/04


富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)とオラクル(本社:米国カリフォルニア州、レッドウッドショアズ)は、UNIXサーバの新ラインナップとして「SPARC(スパーク) M12」を4月4日から全世界で提供開始します。
 
「SPARC M12」は、新プロセッサ「SPARC64 XII(スパークロクヨン トゥエルブ)」の搭載により、CPUコアあたりの演算処理において、性能ベンチマークで世界最高(注1)を実現し、オンプレミス環境における基幹業務からクラウド上のビッグデータまであらゆるデータベース処理性能が飛躍的に向上します。
 
「SPARC M12」は、処理能力に合わせ、2CPUモデルの「SPARC M12-2」と、最大で32CPUまで段階的に拡張可能な「SPARC M12-2S」の2モデルを提供します。OSは、セキュリティや拡張性に優れたOracle Solarisをサポート、また、仮想化機能として集約効率に優れたOracle VM Server for SPARCをサポートします。
 
本製品により、お客様のICTインフラにおける投資最適化や最先端のデジタル・テクノロジーを取り入れた新たな価値創出を支援します。
現行のUNIXサーバ「SPARC M10」は、ICTインフラの中核として多くのお客様に採用され、企業ビジネスの根幹を支える基幹データベースの安定処理を実現し、企業マーケティングに活用される情報系データベースの検索時間を1/300に短縮するなど、お客様のICT投資最適化に貢献してきました。
 
一方、近年では、企業や社会におけるIoTやビッグデータ、AIの活用が進み、処理を行うデータ量はますます増加を続け、データ管理に関する性能向上の要求や、運用・管理コスト削減などが新たな課題となっています。
 
「SPARC M12」の特長
1. 高速処理の実現によるお客様のデジタル革新を支援
データ処理の効率化に重要となるCPUコアあたりの性能を、従来製品「SPARC M10」の最大2.5倍に強化しました。世界最高のコア性能を実現したプロセッサ「SPARC64 XII」の搭載により、システムの複雑性を増すことなく最小限のリソースで基幹業務やデータベースの処理能力を最大化することができ、お客様のICT投資最適化に貢献します。
 
「SPARC M10」から継承したソフトウェア・オン・チップ(注2)は、クラウド上にある大量のデータ処理にインメモリデータベースの活用が有効であることに着目し、データ処理をメモリ内で行う「Oracle Database In-Memory」使用時における検索同時実行数を従来製品「SPARC M10」の2倍に拡張するなど、データベース処理の高速化を実現しました。あらゆるデータ処理を飛躍的に高速化できる「SPARC M12」は、基幹業務の効率化に加え、ビッグデータを活用した意思決定のスピードアップや多角的な情報分析による顧客サービスの向上など、お客様のデジタル革新を支援します。
 
2. 業界初の新冷却技術による安心・安全運用の実現
プロセッサの飛躍的な性能向上にあわせて増加する発熱量への対応として、富士通がこれまで培ってきた先端グリーンICTの開発技術力をもとに、気化熱を利用した業界初となる冷却技術のVapor and Liquid Loop Cooling(VLLC)を開発(注3)しました。従来の冷却方式と比べて約2倍に冷却効率を向上(注4)し、サーバ内を確実に冷却することができるため、データセンター内に多数の「SPARC M12」を設置してプライベートクラウド環境を構築する場合も、安心・安全に運用することが可能です。
 
3. ビジネスの成長にあわせた運用・管理コストの最適化
最小2コアから1コア単位でCPU性能を増減できるCPUコア アクティベーション機能を提供し、クラウドのサービス提供形態のように業務量にあわせて柔軟に「SPARC M12」の構成を変更させることが可能です。
 
上位モデルの「SPARC M12-2S」では、筐体を連結して1台のサーバとして利用可能なビルディングブロック方式を採用しています。最大16筐体の連結により、1システム内に3,000以上の論理CPUを動作させることが可能な優れた拡張性を実現しています。「SPARC M12」を基盤としたプライベートクラウド環境を構築することで、導入時はスモールスタートで初期投資リスクを最小化し、お客様のビジネス拡大やICTインフラの統合にあわせて、段階的に細やかな拡張が可能なため、お客様のシステム全体の投資最適化に大きく貢献します。
 
4. システムの安定稼働でお客様ビジネスの継続を支える
プロセッサ上の全回路に装備されたエラー検出機構やプロセッサ自身でエラー修復を行うリカバリー機構など「SPARC M10」で実績のあるRAS機能(注5)を全て継承し、お客様ビジネスを安定稼働で支えます。
 
お客様またはパートナー様からのコメント
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 常務執行役員 ITサービスグループ担当役員 粟井 利行 様
 
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称CTC)は、SPARCプラットフォームの新製品発表を歓迎いたします。これまでCTCは、SPARC製品の豊富な導入実績とノウハウを踏まえ、お客様に安心して導入・運用いただくためにPOCから構築・保守・運用までの様々なサービスを提供してまいりました。世界最高性能を誇る新プロセッサ SPARC64 XII を搭載したSPARC製品と弊社ソリューション/サービスの組み合わせが、お客様の最適なIT投資をご支援するものと確信しております。
 
オラクル・コーポレーション チーフコーポレートアーキテクト エドワード スクリーベンのコメント
オラクルと富士通はSPARCシステムの開発の協業を30年以上行っておりミッションクリティカルインフラとしての厳しい要件に対応してきました。卓越したコアパフォーマンスのSPARC64 XIIを搭載したSPARC M12がエキサイティングな選択肢としてSPARCファミリーに新たに加わり、高性能とエンタープライズレベルの信頼性を同時に満足するという、お客様の非常に高度なチャレンジに応えることができると考えます。
 
富士通株式会社 執行役員専務 河部本 章のコメント
富士通が目指すヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティの実現に向けて、「SPARC M12」は革新的なテクノロジーにより人や様々なモノ、ビジネスの間にリアルタイムなつながりを創り出し、お客様の新たな価値創造に貢献します。富士通とオラクルの強固な協業の成果である「SPARC M12」に加え、富士通は今後も先進テクノロジーの開発を行い、お客様ビジネスの拡大をご支援します。
 
商標について
・OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • ・すべてのSPARC商標は、ライセンスを受けて使用されており、SPARC International, Inc. の米国およびその他の国における商標です。SPARC64商標は、SPARC International, Inc. の米国およびその他の国における商標であり、ライセンスを受けて使用しています。
  • ・UNIXは、米国およびその他の国におけるオープン・グループの登録商標です。
  • ・SPECおよびベンチマーク名のSPECintは、米国およびその他の国におけるStandard Performance Evaluation Corporation(SPEC)の商標または登録商標です。
  • ・その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
以上
 
注釈
注1 世界最高性能:
SPECint_rate2006およびSPECfp_rate2006ベンチマークテストでの1コアあたりの登録値との比較【SPECint_rate2006の性能値および測定環境】
SPARC M12-2S
・測定値(Peak):CPUコアあたり 102
・測定環境:SPARC64 XII(4.25GHz)x1コア、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio 
【SPECfp_rate2006の性能値および測定環境】
SPARC M12-2S
・測定値(Peak):CPUコアあたり 102
・測定環境:SPARC64 XII(4.25GHz)x1コア、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio 
※本性能値は2017年4月3日時点で、SPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation)へのsubmitを完了しています。
 
注2 ソフトウェア・オン・チップ:
10進演算、暗号処理、コピーなど従来ソフトウェア上で行われていた処理の一部をハードウェア(プロセッサ)で実行するSPARC M12およびSPARC M10の機構。
 
注3 Vapor and Liquid Loop Cooling(VLLC)を開発:
ポンプで冷媒を循環する減圧気化冷却方式。
日本、米国で特許出願中。
 
注4 従来の冷却方式と比べて約2倍に冷却効率を向上:
同じ発熱量のCPUを冷却した場合、従来製品(SPARC M10-4、SPARC M10-4S)の冷却機構と比べて温度上昇を半分に抑えることができる。
 
注5 RAS機能:
Reliability(信頼性)、Availability(可用性)、Serviceability(保守性)の略。システムが安定して動作するための支援機能。
 
関連リンク
・SPARC M12ご紹介ページ:
 富士通 (www.fujitsu.com/sparc/)
 オラクル (http://www.oracle.com/goto/fujitsu-sparc-servers)
 
・SPARC M12ソーシャルメディアアカウント:
 Facebook (https://www.facebook.com/FujitsuSPARC)
 Twitter (https://twitter.com/Fujitsu_SPARC)
 YouTube (https://www.youtube.com/user/FujitsuSPARC/)
 
・Oracle Hardwareソーシャルメディアアカウント:
 Facebook (https://www.facebook.com/OracleHardware/)
 Twitter (https://twitter.com/oraclehardware)
 

About Oracle

Oracle offers a comprehensive and fully integrated stack of cloud applications and platform services. For more information about Oracle (NYSE:ORCL), visit www.oracle.com.

Trademarks

Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners.

Safe Harbor

The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, and timing of any features or functionality described for Oracle's products remains at the sole discretion of Oracle Corporation. 


 
 

Integrated Cloud Applications & Platform Services