Oracle News Release Summary

オラクル、「Oracle Database」上のアプリケーションのパフォーマンス、可用性、アクセスを一段と高める「Oracle Cloud Platform」の大幅な機能強化を発表

「Oracle Real Application Clusters」、「Oracle FastConnect」、Microsoft Windows Serverを利用可能にしたオラクルの次世代IaaSによってさらに広範な基盤機能を提供

米国カリフォルニア州レッドウッドショアズ発—2017/05/23


(本資料は米国2017年5月9日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

「Oracle Cloud Platform」の進化を続けるオラクルは本日、エンタープライズ・データベースを使用したアプリケーションのクラウド移行を容易にするために、大幅な機能強化を行ったことを発表しました。高パフォーマンスなオラクルの次世代IaaSで「Oracle Real Application Clusters(RAC)」および「Oracle FastConnect」の専用ネットワーク機能が利用できるようになるほか、Microsoft Windows Serverもサポートされます。これによって、これまで「Oracle Database」のアプリケーションの導入やクラウドでのアクセスができなかった企業も、オンプレミスと同等以上のパフォーマンスや可用性が得られるようになり、ベンチマークテストで他社のクラウドと比べて最大20倍の速度で実行できる「Oracle Cloud Platform」が活用できるようになります*。
*オラクル調べ

オラクルはクラウドにおいて完全かつ高可用性を備えたエンタープライズ・アプリケーション環境を提供しています。今回の機能強化によって、オラクルはオンプレミスで同等のシステムを構築するための専門的ノウハウやリソースを社内に持たない中規模から大規模の企業に統合型のインフラ・サービスを提供することになります。企業はオラクルの次世代IaaS(Infrastructure as a Service)を活用してMicrosoft Windowsや「Oracle Linux」あるいはその他のLinuxディストリビューションをベースとするアプリケーションを導入できるようになり、1秒あたり数百万件のオペレーションまで拡張したり、ベアメタルサーバー上で「Oracle RAC」に接続して秒間数十万件のトランザクションをサポートしたり、「Oracle FastConnect」を使って他社に比べてわずか20分の1のコストで、高帯域ユーザーのためにこれらのアプリケーションをオンプレミスのネットワークに接続したりできるようになります*。企業はすべてのサービスを時間決めの従量課金制または定額料金制でサービスを利用することができます。
*オラクル調べ

「Oracle Cloud Platform」の主な新サービス
「Oracle Cloud Platform」は業界で広範な統合サービスを提供して、さまざまな規模の企業に対応し、複数の価格帯でクラウドにおける基幹アプリケーションの開発から検証、安全かつ低コストでの導入を容易に実現します。「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaSに追加された主な機能は以下の通りです。
  • 2ノードの「Oracle RAC」をサポート:ベアメタル・マシン上で2ノードの「Oracle RAC」をサポートし、障害時やソフトウェアのメンテナンス中にも実証済みのデータベース機能の可用性が維持されます。2ノードの「Oracle RAC」は、1TBのRAMと24TBのストレージを備え、オンデマンドで4から72 OCPUまで拡張できます。
  • 「Oracle FastConnect」のサポート:オラクルのお客様はオラクルの次世代IaaS上で「Oracle FastConnect」を利用してオンデマンドの専用ネットワーク接続が行え、臨機応変に帯域幅を選択して(1Gbごと、または10Gbごと)ビジネスニーズに応じて規模の拡大・縮小が自由に行えるほか、設定はコンソールやAPIを介してほんの数分で完了できます。現在、EquinixとMegaportがグローバル・パートナーのプロバイダーになっています。
  • Microsoft Windows Serverのサポート:1、2、4、8、16 OCPUの仮想マシン・コンピュータと36 OCPUのベアメタル・コンピュータ3タイプのシェイプいずれにも対応して、コンピューティング、メモリ、ストレージまでの多彩な機能を提供し、インスタンスタイプに関わらずイメージ・ポータビリティを備え、全てを高パフォーマンスな同一の仮想クラウド・ネットワーク上で使用できます。
  • CentOS、RHEL、Ubuntuをサポート:「Oracle Linux」やMicrosoft Windows Serverのディストリビューションと合わせて、CentOS、RHEL、Ubuntuをサポートすることで、エンタープライズ向けオペレーションシステムのほとんどに対応できるようになります。

オラクルについて
Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。

 
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837
 
 

Integrated Cloud Applications & Platform Services