Press Release

電子はかり・POSシステム製造の寺岡精工、販売・生産計画と経費予算を連動させた予算管理の実現に向けてオラクルのクラウドを採用

事業拡大や多通貨対応などにも柔軟に適合でき、中期経営計画との連動を実現できる予算管理の仕組みへ

Tokyo, Japan—2017/07/20


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)は、電子はかり・POSシステムなどの製造を手掛ける株式会社 寺岡精工(本社:東京都大田区久が原、代表取締役社長:片山隆、以下、寺岡精工)が、中期経営計画を含めた予算編成業務の実現に向けて、オラクルのクラウド型予算管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したことを、本日発表します。

寺岡精工は、流通小売、食品製造・加工、製造・物流、飲食・専門店の4つの分野で、POSやスケールなど業界をリードする製品を製造・販売・サポートしています。寺岡精工では、事業の拡大に伴い、表計算ソフトを利用して行う予算策定のデータ収集や各種報告などの作業負荷が増大しており、予算策定プロセスの効率化が課題でした。また、全社最適の観点で、数量ベースの販売計画からそれに対応した計画の策定、中期経営計画と単年度予算の連動が可能な予算管理の仕組みが必要でした。そこで、単年度予算管理から段階的に実装し、将来的な事業の変化にも柔軟に対応できる「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用しました。

寺岡精工では、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」の以下の特長を評価しています。
  • 製造部門での製造・払出の原価計算や投資計画による固定資産の減価償却費の自動計算を実現できる点
  • 「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」の標準機能で広範囲な業務に適応でき、販売・生産・在庫計画、各種経費予算を連動できる統合ソリューションであり、将来的な事業の変化にも柔軟に対応できる拡張性
  • 損益計算書だけでなく、貸借対照表とキャッシュフロー計算書にも対応できる点
  • 海外展開に対応するための多通貨対応や為替リスクのシミュレーションが可能な点

本プロジェクトでは、経営管理システムのコンサルティング事業を手がける株式会社ジール(本社:東京都品川区上大崎、代表取締役社長:岡部 貴弘、以下 ジール)が、製造テンプレートを提供し、業務サポートと全体のプロジェクト管理を支援しています。

参考リンク
株式会社 寺岡精工
株式会社ジール
Oracle Planning and Budgeting Cloud Service 製品概要

日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。
「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援 する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp


オラクルについて
Oracle Cloudは、世界の195を超える国・地域のお客様に数百のSaaSアプリケーションとエンタープライズ・クラスのPaaSおよびIaaSサービスを提供し、1日550億のトランザクションを実行しています。詳細については、オラクル(NYSE:ORCL)のウェブサイト http://oracle.com をご参照ください。


* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837