Oracle News Release Summary

アジア太平洋地域の銀行は、規制変更対応で世界に遅れをとっていることが明らかに

『Asia Risk』誌とオラクルの共同調査により、金融近代化への道とアジア太平洋地域の現行業務に残存するリスクが判明

「Oracle OpenWorld Singapore」—2019/03/28


【本資料は2019年3月27日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です】
 
オラクルは本日、『Asia Risk』誌とオラクルの最新の共同調査から、アジア太平洋(APAC)全域では、規制変更への対応が十分に行われていると回答した銀行は、北米や欧州の46パーセントに対して、いまだ3分の1弱にとどまっていることが明らかになったと発表しました。この結果から、アジア太平洋地域の銀行は、金融とリスク業務プロセス、さらにデータ利用の近代化において、世界の他の地域の銀行に現時点で後れを取っていることが明らかになりました。
 
 “ビジネス分析の高度化に向けたデータ活用とイノベーション” と題された本調査では、150を超える銀行の最高財務責任者(CFO)、最高リスク管理責任者(CRO)およびデータ管理で重要な役割を担う他の役員に対し、金融統合および銀行でのビジネス分析におけるデータ活用の実態、また急速に変化する規制環境への対応状況について調査が行われました。
 
また、本調査では、将来を見据えるアジア太平洋地域の銀行にとって、データ活用が金融とリスク業務に対して付加価値を向上し、競争優位性に寄与する重要なドライバーとなり得ることも示されています。
 
オラクル・ファイナンシャル・サービスのシニア・バイスプレジデント 兼 ゼネラル・マネージャー、ソニー・シン(Sonny Singh)は次のように述べています。「銀行にとって、業務パフォーマンスと規制対応状況を把握してバランスを取ることは、現在の業務の上でも将来の意思決定や対応の上でも極めて重要です。私たちの調査では、アジア太平洋地域の銀行におけるコスト、リスクおよび金融、規制、データ管理の複雑性に関する課題への取り組みが強調されています」
 
モダン・ファイナンスと今日のリスク状況
  • -  運用上のサイロ化、金融とリスク業務部門間のコミュニケーション不足や銀行内の部門間のコミュニケーション不足により、業績が悪化し、収益向上のためのデータ活用も妨げられています。
  • -  回答者の51パーセントが、最も高い優先事項は、金融とリスク業務で予測に寄与するデータを一括で表示することと回答しています。
  • -  CFO、CROには、データガバナンスとオーナーシップの側面で、組織的な変革をリードし、推進することが求められています。
  • -  技術革新により、規制変更対応を迅速化できるという認識は普及してきています。
 
本調査では、銀行が適切なオペレーションモデルを採用することで、クラウド・コンピューティング、人工知能、機械学習およびロボット・プロセス自動化(RPA)などのテクノロジーにより、効率向上に向け段階的な転換を支援可能なことが示されています。テクノロジーは特に、規制要件や経営目標達成のためのデータ分析に関連した分野において、銀行が現在、人手により行っているプロセスに変革をもたらします。
 
オラクル アジャイル・ファイナンスアンドリスクのバンキング・イノベーション・アドバイザー、スチュアート・ヒューストン(Stuart Houston)は次のように述べています。「銀行がリスク、金融、会計関連で単一データソースを持つことで、現在と将来のシナリオに基づいた適時の分析と報告が可能になります。これにより、現行の報告業務は大幅に改善されることでしょう。金融機関では、統合された単一ソースから、財務、管理や規制対応レポートのためのリスク算定と財務計算を同時に行なうことができるようになるのです」
 
調査結果ではCFOとCROは、デジタル・トランスフォーメーションへの取り組みと適切に実施されている規制要件対応への管理と制御の緊密な連携を求めることが示されています。複雑な規制要件に対応するためには、銀行は包括的なデータ戦略を策定し、さらに透過的で統制のとれた方法で、データを適切に管理するための先進的なテクノロジーを組み込む必要があります。
 
ICICI銀行 最高技術責任者兼デジタル責任者、マディヴァナン・バラクリシュナン(Madhivanan Balakrishnan)は次のように述べています。「今日、金融およびリスク業務の統合には、多くの人手が必要とされています。革新とデジタル技術の大きな進歩から恩恵を享受するためには前進が必要です」
 
リスクと金融の連携において、アジア太平洋地域と米国・欧州/中東/アフリカ地域では違いが
  • -  回答者の70パーセントが、企業内で緊密な連携を保つことが「重要である」または「非常に重要である」と回答しています。
  • -  アジア太平洋地域の回答者の20パーセントが、サイロ化が存在すると回答しています。米国と欧州の幹部では、わずか2パーセントでした。
  • -  5,000億ドルを越える資産を有する銀行のうち完全に連携できていると回答した割合は、わずか25パーセントでした。より小規模な銀行では、リスクと財務の部門間に十分な連携があると回答した割合は、50パーセントでした。
  • -  アジア太平洋地域の銀行幹部の3分の1(34パーセント)が、分析とデータの可視化に改善の余地があると回答しています。より先進的な市場では半分以上(52パーセント)となっていました。
 
規制対応は大きな負担となる一方で、金融とリスクチームにとっては、より高い価値を生み出す戦略的活動に集中することにより、生産性を改善し、コストセンターを潜在的なプロフィットセンターへと変換させる機会にもなります。
 
アジャイル・リスク&ファイナンスの将来
複雑な規制要件下において、銀行にとっては、複雑な報告義務への対応やデータ連携の改善を適える適切なリスク対応ツールへの投資がこれまでにも増して重要になっています。回答者はいずれも、経験豊富な社員の採用と保持が課題となっていると回答しています。これを改善するために、また規制や制度への対応、さらには、完全な透明性を備えた経営報告に対する高まる需要を満たすために、コグニティブ(認知型)技術を採用することが必要であるとの考えが普及してきています。
 
大手銀行の別の回答者は、規制上必要とされる報告書を容易に自動的に生成できるシステムを持つ銀行はほとんどないと回答しました。こうした課題に取り組むために、銀行では人手による作業への依存を高めています。しかし実際に必要とされているものは、今日施行された規制に対し、「明日からすぐに対応可能なシステム」なのです。
 
銀行幹部への定量調査とフォローアップの聞き取り調査は、2018年11月から2019年1月に行われました。“ビジネス分析の高度化に向けたデータ活用とイノベーション”の詳細な情報については、http://ora.cl/c8FZ4 をご覧ください:。
 
Asia Riskについて
『Asia Risk』誌は、アジア太平洋地域におけるリスク管理およびデリバティブ専門家の情報ニーズに対応することに特化した唯一の出版社です。
 
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com/ をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837