Oracle News Release Summary

オラクル、アナリティクス向けデータ・マネジメント・ソリューションについてのマジック・クアドラントにおいてリーダーに位置づけ

最新のガートナー社アナリティクス向けデータ・マネジメント・ソリューションについてのマジック・クアドラントにて、実行能力およびビジョンの完全性で最も高いポジションに位置づけ

「カリフォルニア州 レッドウッドショアズ」発—2019/04/01


【本資料は米国2019年3月18日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です】
 
オラクルは、ガートナー社の2019年「Magic Quadrant for Data Management Solutions for Analytics」レポート1において、実行能力とビジョンの完全性の両分野でオラクルが最も高いポジションに位置付けられたことを発表しました。
 
データ管理におけるオラクルのリーダーシップは、自己稼働する「Oracle Autonomous Database」をはじめとするデータベース管理ソリューションの豊富なポートフォリオに由来します。同レポートでオラクルは13回連続してリーダーとして位置付けられてきました。オラクルは、これらのイノベーションこそが、それを可能にしたと考えています。
 
オラクルのデータベース・サーバー・テクノロジー担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、アンドリュー・メンデルソン(Andrew Mendelsohn)は、次のように述べています。「ガートナー社の2019年『Magic Quadrant for Data Management Solutions for Analytics』において、実行能力とビジョンの完全性の両分野でオラクルが最上位に位置付けられたことを誇りに思います。自己稼働するオラクルの『Autonomous Data Warehouse』は、データ・ウェアハウスのパワーとビッグデータの柔軟性を組み合わせることで、アナリティクス・データ管理のあらゆるユースケースに対応します」
 
「Oracle Autonomous Database」は、トランザクションの実行と複合ワークロードに最適化された「Oracle Autonomous Transaction Processing」、およびアナリティクス・データベース・ワークロードを実行するための「Oracle Autonomous Data Warehouse」から構成されます。自律型データベースのどちらのオプションも、自己稼動、自己保護、自己修復機能を提供し、データベースの稼働を維持しながら脅威の検出と修復を自動的に行うことができます。「Oracle Autonomous Database」を導入することで、お客様はデータセキュリティの飛躍的な改善、予算制約に対する一層の効率化、競合優位性を生み出すイノベーションの迅速な推進を図ることができます。
 
ガートナー社の2019年「Magic Quadrant for Data Management Solutions for Analytics」の詳細はこちらをご参照ください。
 
[1] Source: Gartner, Magic Quadrant Data Management Solution for Analytics, Adam Ronthal, Roxane Edjlali, Rick Greenwald, 21 January 2019.
 
 
参考リンク
Oracle Autonomous Database
 
Gartnerの免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com/ をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 石山
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837