該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle News Release Summary

ドイツ銀行、オラクルとのパートナーシップにより、最新テクノロジーの導入を加速

ドイツ銀行、Oracle Exadata Cloud @ Customerを採用し、自社データセンター内にある主要なデータベースを統合
 
ドイツ銀行が所有するミッションクリティカルなデータベースのモダナイゼーションと新たな金融商品とサービス実現に向け、イノベーション・パートナーシップにより連携

ドイツ フランクフルト、テキサス州オースティン—2021/07/01


(本資料は米国2021年6月24日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
 
オラクルと世界最大級の金融サービス機関であるドイツ銀行は本日、同行のデータベース技術のモダナイゼーションおよびデジタル・トランスフォーメーションの促進において複数年にわたり連携を行うことを発表しました。
 
この合意のもと、ドイツ銀行は既存のデータベース・システムをアップグレード、「Oracle Database」の大部分を「Oracle Exadata Cloud@Customer」(『Oracle Exadata Cloud Service』のオンプレミスでの導入オプション)に移行し、パブリック・クラウドに移行しないアプリケーションや、将来的に移行する可能性のあるアプリケーションをサポートします。これにより、取引、決済処理、リスクと資本計画、規制当局への報告など、同行の既存のミッションクリティカルなシステムとサービスをサポートし、さらなる拡張に向けた専用プラットフォームが提供されることになります。
 
「Oracle Exadata Cloud@Customer」へのシステム移行により、同行はデータの格納要件への準拠や運用コストの大幅な削減を実現しつつ、既存の重要なアプリケーションを単一のプラットフォーム上に統合できるようになります。オラクルのサービスは、同行の現在のデータセンターだけでなく、将来利用されるクラウドのコロケーション・サイトにおいても実行可能で、レイテンシーを最小限に抑えた形で、アプリケーションのクラウドへの移行をサポートします。これにより同行では、業務の効率化、主要サービスのプロセスと実装の統合的な監視、顧客ニーズに基づくアプリケーションの容易な開発と拡張を目的とした、ビジネス全体でのデータ統合を推進します。
 
また両社は、共同イノベーション・パートナーシップの形成に合意しました。このパートナーシップのもと、オラクルとドイツ銀行のエンジニアリングおよび技術チームは共同で、新たな金融商品やサービスの設計に向けたデータ・セキュリティやブロックチェーン、AIおよびアナリティクス技術の活用を検証していきます。
 
今回の連携は、ドイツ銀行のテクノロジー・データ・イノベーション(TDI)部門が主導する複数年にわたるデジタル・トランスフォーメーションの取組みを支援するものです。そしてこのパートナーシップは、同行のクラウド戦略全体において、論理的なさらなるステップとして位置づけられているものでもあります。これには、2020年12月に確立した戦略的パブリック・クラウド・パートナーシップも含まれています。 
 
ドイツ銀行の最高技術責任者兼データ・アンド・イノベーション責任者であるバーンド・ロイケ(Bernd Leukert)氏は次のように述べています。「データは、業務管理や顧客ニーズの予測、新しい商品やサービスの設計を行う上での基本となります。データベースのモダナイゼーションにおけるオラクルとの連携は、当行のテクノロジー全体の変革において重要な取組みとして位置づけられるものです。当行のアプリケーションは『Oracle Exadata Cloud@Customer』でサポートされています。これにより、重要なサービスの迅速な導入・拡張が可能な柔軟性を備えたプラットフォームはもとより、より優れたデータインサイトを得ることができるようになります。また、この過程のなかで、テクノロジー環境をシンプルで最新のものにし、大幅なコスト削減や、サーバー統合を通じたエネルギー消費量の削減を実現します。」
 
オラクルのミッションクリティカル・データベース・テクノロジーズ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのホアン・ロアイザ(Juan Loaiza)は次のように述べています。「ドイツ銀行のような金融サービス企業は、これまで以上に、新しいテクノロジーの迅速な導入とイノベーションのスピードを維持しなければなりません。それと同時に、刻々と変化する規制環境下において、データ・セキュリティと各国や地域の要件を満たしていくことも求められます。『Oracle Exadata Cloud@Customer』は、ドイツ銀行がこの絶妙なバランスを実現できるようにデザインされたものです。私たちは、次世代の金融サービスとビジネスモデルの形成の支援に向けて、金融セクターで最も先進的なデジタル・イノベーターであるドイツ銀行との連携とその取組みを楽しみにしています。」
 
オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 石山
03-6834-3238
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-3238