申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

ブランドセーフティ

独自のニーズを満たす社会的責任のある方法でブランドセーフで適切な環境でキャンペーンを実施します。コンテキスト・インテリジェンスおよびOracle Moat Measurementソリューションに裏付けられた入札前後のブロックと測定の組み合わせによって、すべての段階でサポートを受けることができます。

ブランドセーフティ戦略: レピュテーションを構築および保護する方法

ブランド価値を高め、イメージを保護し、顧客とつながる積極的なブランドセーフティ戦略を構築する方法を学びます。

Forresterのブランドセーフティ・スポットライトを読む

Forrester社は、ブランドセーフティを監視および改善するこために、Oracle Moat AnalyticsとContextual Intelligenceを使用することのメリットを明らかにしています。

ForresterによるOracle Moat AnalyticsのTEIレポートを読む

企業が、Oracle Moatを使用して、予算編成の効率化、収益の向上、コスト回避/削減など、達成できる利点をご覧ください。

Forrester Total Economic Impact of Oracle Contextual Intelligence

Oracle Advertisingを使用して、ブランドの安全性と全体的なパフォーマンスを監視および改善するメリットをご覧ください。

カスタマイズ可能なエンドツーエンド・ソリューション

キャンペーンによって、ブランドセーフティの許容度は異なります。業界標準に厳格に準拠する必要があるものもあれば、柔軟性をさらに実現するものもあります。ブランドセーフティ・アプローチをカスタマイズして、キャンペーン・インプレッションの配信目標を達成し、ブランド適合性の高い高品質のインベントリにアクセスします。

ブランドセーフティ - 業界と連携する保護

オラクルの基本的なブランドセーフティ・ソリューションによって、典型的なブランドセーフティ・リスクを回避し、無駄な支出を削減し、業界標準にさらに準拠できます。広告が安全な環境で配信されることを確信し、不快なコンテンツを回避し、高品質のインベントリにアクセスしていることがわかります。

オラクルのブランドセーフティ・ソリューションは入札前、入札後、および測定にわたっています。

入札前

標準的なセグメント、IVT、およびビューアビリティによって、安全な環境で広告を配信できます。

入札後

標準的なブロックと階層的なブランドセーフティによって、キャンペーンをインフライトで保護します。

測定

標準的なセグメント測定と階層的なブランドセーフティによって、問題を特定し、キャンペーンを最適化します。

ブランド適合性 - ブランドと連携するカスタマイズ

さらにカスタマイズされたアプローチでブランドセーフティをさらに管理できます。ブランドはそれぞれ異なるため、高リスクのコンテンツを回避しながら、ブランド・ポジティブなコンテンツとさらに適切に一致するように、独自の戦術を組み合わせて使用する必要があります。

独自のニーズと許容度しきい値をサポートするために、カスタム・カテゴリーを作成します。エンドツーエンド・ソリューションの複数の側面を組み合わせると、キャンペーン・リーチを向上できます。

ブランド適合性ソリューションは、カスタマイズ可能なエンドツーエンドの保護、およびキャンペーンを最適化するための重要なインサイトを提供します。入札前後のブロックのために作成するセグメントから測定と検証まで、すべての段階で必要なサポートを受けることができます。

入札前

カスタム・セグメントで保護と有意義な連携を変更します。

入札後

カスタム・ブロックでインフライト保護をカスタマイズします。

測定

カスタマー・コンテキスト測定と安全ではないカスタムの測定でブランドセーフティとブランド適合性を評価します。

責任あるメディア - 社会的責任のある連携

コア・バリューと一致する社会的責任のある方法でメディアに投資します。オラクルの責任あるメディア・ソリューションは、誤報とフェイク・ニュースに資金が誤って提供されないように、広告が信頼性の高い正規のインベントリで配信されるようにすることができます。

ダイバーシティとインクルージョン、環境、社会的な取り組みなど、独自のレスポンシブル・メディアへの取り組みも支援できます。オラクルのツールでは、責任あるメディアを定義し、広告内でブランド価値を増幅する方法をカスタマイズできます。

オラクルの責任あるメディア・ソリューションは入札前、入札後、および測定にわたっています。

入札前

ブランド価値と一致する信頼性の高いインベントリで広告を配信できます。虚偽の可能性がある情報を含む環境を避けて、ブランドで定義される責任あるメディア・セグメントを使用します。

入札後

ブランドで定義される責任あるメディア・セグメント・ブロックによって、目標と一致するインフライト保護を確保します。

測定

虚偽の可能性がある情報を含む環境に広告を掲載しないでください。ブランドで定義される責任あるメディア・セグメント測定によって、インパクトを測定し、測定アプローチを強化します。

責任あるメディアのベストプラクティスを定義および設定

広告を利用して、ブランドの認知度を高める方法を学びましょう。責任を果たすだけでなく、経済的なメリットもあります。

オラクルのブランドセーフティ、ブランド適合性、および責任あるメディア・ソリューションが選ばれる理由

1
標準的なブランドとブランド固有のリスクを回避
2
ブランド適合性の高いコンテンツと一致
3
IAB、Global Alliance for Responsible Media(GARM)など、ブランドセーフティの業界標準に準拠
4
キャンペーン・リーチの向上
5
無駄な支出の削減
Teads、実現

Customer Spotlight

Teads、Oracle Advertisingでブランドセーフな広告効果を実現

「オラクルをパートナーに選んだ主な理由の1つは、オラクルがサードパーティとしてベストプラクティスを示してくれたことです。ブランドセーフティは常に変化する課題です。対象が毎日のように変動します。オラクルは、絶えずアプローチを更新できるように手助けしてくれます。」

Teads、最高エクスペリエンス責任者(CXO)、Meg Runeari氏

ブランドセーフティ・ソリューションの詳細について、オラクルのエキスパートに相談

2022年3月24日

広告戦略を推進するための入札前と入札後のブランドセーフティ対策の事例

オラクル、プロダクト・マネジメント、Jay Pinho

現在の微妙な市場でブランドセーフティを確保するには、プログラマティック広告とダイレクト広告の両方で入札前から入札後の戦略まで広告プロセス全体を考慮する多面的なアプローチが必要です。そこで、疑問が残ります。入札前のターゲティング、入札後のブロック、または両方を使用する方がよいでしょうか?読み進めて、ご確認ください。

特集ブログ

すべて表示する

関連コンテンツ

Oracle Moat Analytics

精度と信頼で広告の品質と注目を測定

Oracle Moat Reach

オーディエンス・レベルと可視性の頻度に関する広告分析

Oracle Moat Outcomes

オンライン広告露出をオフライン購入と照合

Oracle Contextual Intelligence

ブランドセーフティを維持しながら規模を拡大する