該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

無効なトラフィックと広告詐欺とは?

無効なトラフィック(IVT)、広告詐欺、および広告費を保護し、広告インプレッションに価値があり、閲覧可能であることを確認する方法について学びます。

 

 

無効なトラフィック(IVT)とは?

無効なトラフィックは、ボットまたは任意の形式の非人的トラフィックによって生成された広告インプレッションの専門用語です。IVTはしばしば広告詐欺と混同されますが、すべての無効なトラフィックに悪意があるわけではありません。それでも、IVTのすべての形式を検出することは、広告費を保護して、インプレッションを有効で閲覧可能にするのに不可欠です。

広告主がIVTをガードする手助けをするために、メディア評価評議会(MRC)は2015年にIVT認定を開始し、デスクトップ、モバイル、Web、動画、およびアプリ内モバイルのIVTにおける測定プロバイダーの有効性を証明するのに役立てています。相互に排他的なカテゴリが2つあります。

一般的な無効なトラフィック(GIVT) 洗練された無効なトラフィック(SIVT)
定義 リストの適用、または他の標準化されたパラメータチェックを使用して実行される通常のフィルタリング手段によって識別されます。 高度な分析、マルチポイントの確証・調整、または分析と識別のための重要な人間の介入を必要とするような検出が困難な状況。
タイプ
  • 既知のデータセンタートラフィック
  • ボット、スパイダー、その他のクローラ
  • 活動ベースのフィルタリング
  • ブラウザ以外のユーザーエージェントヘッダーまたは不明なブラウザ
  • プリフェッチまたはブラウザで表示されるトラフィック(グロスインプレッションとしてカウントされない場合を除く)
  • 正規のユーザーを装ったボットとクローラ
  • ハイジャックされたデバイスとユーザーセッション
  • 無効なプロキシトラフィック
  • アドウェアとマルウェア
  • 測定の奨励された操作
  • 虚偽のサイトと広告
  • クッキースタッフィング
  • 位置データの操作または改ざん

広告詐欺とは?

広告詐欺とは、収益を上げるためにオンライン広告のインプレッション、クリック、コンバージョン、またはデータイベントを不正に表現する行為です。デジタル広告の詐欺は、無効なトラフィックのサブセットです。

過去数年にわたり、Webサイトのなりすましやボットトラフィックの誘導に焦点を当てた、数多くの高度で広範囲にわたる広告詐欺スキームが存在しています。DrainerBot、Hyphbot、および3veなど、そういった操作には広告主とパブリッシャーに実質的なお金がかかります。

ウェブキャスト:ボットと偽物のインプレッション:最新のIVTと保護費

不確実な時期に広告費を保護することは不可欠です。Moat by Oracle Advertising主催のMoatの主要製品マネージャーであるSam Mansour氏が次のことをどう説明するかご確認ください。

  • IVTのさまざまなレベルの高度化とそれを見つける方法
  • 正確かつ完全なIVT検出が重要な理由
  • 最近のボットネットワーク発見のケーススタディ

DrainerBotの公開 - 広告詐欺に関する音声イベント

DrainerBotのモバイル広告詐欺の操作に関するポッドキャストをお聞きください。今日続く広告詐欺の本当の問題、それが消費者にどのように影響するか、そして黒幕のハッカーがいかに逸脱して広範囲に及ぶ可能性があるかについて確認してください。

洗練された無効なトラフィック検出で支出を保護

The Association of National Advertisersは、2019年に58億米ドルの広告支出が世界的な詐欺により失われたと推定しています。Moat by Oracle Advertising主催のMoatにより、メディアの購入者と販売者はデジタル投資を自信を持って保護できます。MoatのMRC認定オファリングがAdweekの2019年のBest Brand Safety/Verification Solutionの「Readers’ Choice: Best of Tech」アワードを受賞。