申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

患者が適切なプロバイダを見つけ、ケアを管理できるよう支援

患者が必要なケアをすばやく簡単に見つけることができます。Oracleは、ストレスのないデジタル患者サービス体験を実現し、ケアへのアクセスの向上、エージェントの効率の向上、統一された患者プロファイルの作成、さらなる患者サポートを実現します。

Oracle CX for Healthcareのケア管理のメリット

01セルフサービス・スケジューリングおよびフォローアップの自動化

患者がオンラインで来院をリクエストし、予約を管理できます。アポイントメントのリマインダ、スケジュール確認およびフォローアップ・コミュニケーションを自動化します。

02セルフサービス・プロバイダ検索の有効化

オラクルのセルフサービス・ポータルを使用すると、患者は医師、専門医、リテール・クリニック、外科センター、専門外来または代替治療センターなど、医療提供者および施設を簡単に見つけることができます。

03患者が必要とするときにいつでもサービスを提供

AI対応のデジタル・アシスタントで、24時間365日のカスタマー・サービスとガイダンスを提供します。医療情報にアクセスして介護者とつながるセルフサービス・ポータルを患者に提供します。

04選択したチャネルで患者のパーソナライズされたサポートを提供

デジタル上でも対面でも、患者の希望のチャネルを通じて必要なサポートを提供し、セルフサービス・チャネルを通じて回答への即時アクセス、パーソナライズされたアドバイス、カスタマイズされたコンテンツを提供します。

Western Sussex病院ロゴ

Western Sussex Hospital Assistプログラムにより、医療従事者の生産性が向上

Western Sussex Hospitals Family Assistプログラムは、サービスモデルを変革してデジタルでのやりとりを増やし、家族が医療従事者と連携しやすくすることで、医療従事者の生産性を向上させました。

Oracle CX for Healthcareのケア管理機能


エージェントが利用できるように、インタラクションを単一ビューにします。

患者のサービス・インタラクションをエージェントに対する単一のビューに導入することで、最も効果的なサポートを提供できます。医療のニーズの変化に役立てるため、患者との関係を拡大できます。


患者の信頼性と満足度を向上

一貫性のある正確なナレッジ管理ソリューションを使用して、患者の質問に適切な回答を提供することで、信頼を築きます。患者の問題をより迅速に解決し、満足度を向上させます。


患者が希望するチャネルでのエンゲージ

デジタルか対面かにかかわらず、選択したチャネルで各患者にコネクテッドのオムニチャネルの患者向けサービスを提供します。


プロセスを自動化し、より多くの患者を支援

インテリジェント・アドバイザを使用して、意思決定ロジックを設定します。ルールを構成し、チャネル全体の応答の一貫性と透明性を確保します。


フロントオフィスとバックオフィス間でデータを連動させる

HIPAA準拠のソリューションを活用して、フロントオフィスとバックオフィスのデータを統合し、サービス・エージェントを強化して患者の期待を理解し、それを上回ります。


高度な予測とスケジュール設定でサービスを最適化

将来の需要を予測し、インテリジェントな人材配置を決定します。利用可能な臨床医とそれぞれのスキルに基づいて、毎日何ができるかを正確に計算します。

「Oracleは、ECC市場のプロアクティブで予測的なサービスに重点を置いて、イノベーションの継続的なデリバリを実証しています。そのチャネルの拡散とコンバージェンス、ビジュアル・エクスペリエンスの接続性、およびデジタル・カスタマ・サービスへのコミットメントは最先端です。」

ソート・リーダーシップ

ストレスのないカスタマ・エクスペリエンスの自動化されたサービスと人的やり取りをブレンドする方法

Oracle Advertising and CX、シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャ、Carrie West

最近は、顧客の選択のためにデジタル・エクスペリエンスを導入するだけでは不十分です。統合する必要があります。そして、すべてのお客様の満足とロイヤルティを維持するために、スマートなブランドは、デジタル・サービスの自動化と人間との対話を融合させたスムーズなカスタマー・サービスを提供することになるでしょう。問題はそれをどのような方法で実現するかです。

デジタル・アシスタントの導入、カスタマ・ジャーニーの円滑化、およびAI主導型の意思決定は、企業がそのような融合されたサービスをサポートできる方法のほんの一部にすぎず、顧客からの問い合わせを解決してシームレスなカスタマ・エクスペリエンスを提供することです。

全文を読む

その他のニュースとブログ

すべて表示する