該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

 

Oracle Autonomous Transaction Processingが専用クラウド・インフラで使用可能に

 
 

少ないコーディング量で自律型を活用

APEXをOracle Autonomous Databaseで使用できます。

 

オラクル、この分野のリーダーとして、データ・セキュリティ基準および戦略のカテゴリで最高ランクの評価を受ける

The Forrester Wave™:Database-As-A-Service、2019年第2四半期

 

Oracle Databaseに関するアナリストの評価

Oracle Databaseに関する業界のトップ・アナリストの評価をご確認ください。

自律型データベース:ゆっくりくつろいで、運転はオラクルにお任せください。
自律型データベース:ゆっくりくつろいで、運転はオラクルにお任せください。
最新情報を確認する

オラクルのデータベース

自律型データベース

機械学習を使用したデータ管理の自動化により、コストを削減し、イノベーションを加速

オラクルの革新的なクラウド・データベースは、自己稼働、自己保護、自己修復が可能で、エラーが発生しやすい手動でのデータ管理を排除するように設計されています。既存のOLTPとデータ・ウェアハウスのクラウドへの移行や新規作成が容易です。クラウド上にあり、安全でインテリジェントな高可用性データベースを使用することで、データからより多くの価値を得て、ビジネスの成長につなげることができます。

トランザクションの処理およびワークロードが混在する処理の最適化

ミッション・クリティカルなトランザクションの処理が容易に

Autonomous Transaction Processingでは、データベースとインフラの管理を自動化するために機械学習が組み込まれており、トランザクションの処理およびワークロードが混在する処理を最適化できます。

データ・ウェアハウスの作業が容易に

データを管理し、収益化するためのよりスマートな方法

クラウド上のデータ・ウェアハウスにより、分析の迅速化、即座に対応できる弾力性、より適切なデータの取得が実現します。Autonomous Data Warehouseは、自己稼働データベース上に構築されていて、エラーが発生しやすい手動でのデータ管理プロセスを排除できるため、ビジネスの成長に注力できます。

Oracle Database 19c

データベースの未来

業界をリードするオラクルのデータベースは、機械学習などの最先端イノベーションを継続的に提供しており、自己稼働データ管理を実現できます。数多くの企業で実績がある、このデータベース・クラウド・サービスは、オンプレミスまたはクラウドなど任意の導入戦略における、ワークロードが混在する処理をサポートするように設計されています。他には見られない性能、使いやすさ、柔軟性を備えた次世代データベースのパワーを体験してください。

クラウドへの移行

自動化されたオラクルのツールを使用すると、オンプレミス・データベースを、ほぼダウンタイムなくシームレスにOracle Cloudに移行できます。オラクルは、データベースのワークロードをクラウドに簡単に移行するための、非常に効率的で柔軟性があり、コスト効果に優れ、可用性が高く、拡張性がある方法を提供します。

イノベーション

変化するデータベース管理者(DBA)の役割

DBAとしてのキャリアをクラウドで高めましょう。自律型データベースは、DBAのための次世代のデータ管理です。ありふれた機械的な管理タスクを排除することで、DBAは解放され、データからより多くの価値を取り出す作業に注力できます。

数限りない選択肢

ビジネス戦略に最適な、柔軟なデータベース導入オプション

クラウドからスタート

Oracle Cloudは、市場に初めて登場した自律型データベースを含む、従来のアプリケーションにも最新のアプリケーションにも対応する包括的なデータ管理プラットフォームです。Oracle Cloudは、高性能データベースのワークロードや膨大なデータおよびストリーミングのワークロードを処理するために特別に設計され、最適化されています。

クラウドへの移行

自動化されたオラクルのツールを使用すると、オンプレミス・データベースを、ほぼダウンタイムなくシームレスにOracle Cloudに移行できます。Oracle Database Cloud Serviceでは、現在オンプレミスで使用しているのと同じ標準、製品、およびスキルを使用するため、データベースのワークロードをパブリック・クラウドに簡単に移行できます。オンプレミス環境とクラウド環境から統合された管理を使用して、コントロールを確保でき、より優れた効率性が得られます。

Cloud at Customer

データまたはアプリケーションをパブリック・クラウドに移行できない場合は、Oracle Cloud at Customerによって、ファイアウォールの内側にパブリック・クラウドを提供します。お客様は、データとそれらのデータが存在する場所を引き続き管理できます。オラクルは、お客様が希望する運用方法に基づいてサービスを提供および管理します。お客様は、必要なインフラ、プラットフォーム、およびソフトウェアのサービスのみをサブスクライブするだけです。

オンプレミス

Oracle Database 18cは、世界で最も人気のデータベースの最新世代です。これは、Autonomous Databaseの主要コンポーネントであり、Oracle Database Cloudおよびオンプレミスで使用できます。

顧客事例

データベースに関する顧客事例

データベースに関する注目のブログ

データベースの最新情報