該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
 

Gartner、データベース管理分野のマジック・クワドラントでオラクルをリーダーに選出

オラクルは、Gartnerの2019年度版クリティカル・ケイパビリティ、オペレーショナル・データベース管理システム分野において、4つのユースケースのすべてで最高のスコアを獲得しました。また、Gartnerの2019年版マジック・クアドラント、オペレーショナル・データベース管理システム分野でも、7年連続でリーダーに選出されました。

自律型データベース:ゆっくりくつろいで、運転はオラクルにお任せください。
自律型データベース:ゆっくりくつろいで、運転はオラクルにお任せください。
最新情報を確認する

オラクルのデータベースとデータ管理製品

自律型データベース

機械学習を使用したデータ管理の自動化により、コストを削減し、イノベーションを加速

オラクルの革新的なクラウド・データベースは、自己稼働、自己保護、自己修復が可能で、エラーが発生しやすい手動でのデータ管理を排除するように設計されています。既存のOLTPとデータ・ウェアハウスのクラウドへの移行や新規作成が容易です。クラウド上にあり、安全でインテリジェントな高可用性データベースを使用することで、データからより多くの価値を得て、ビジネスの成長につなげることができます。

トランザクションの処理およびワークロードが混在する処理の最適化

ミッション・クリティカルなトランザクションの処理が容易に

Autonomous Transaction Processingでは、データベースとインフラの管理を自動化するために機械学習が組み込まれており、トランザクションの処理およびワークロードが混在する処理を最適化できます。

データ・ウェアハウスの作業が容易に

データを管理し、収益化するためのよりスマートな方法

クラウド上のデータ・ウェアハウスにより、分析の迅速化、即座に対応できる弾力性、より適切なデータの取得が実現します。Autonomous Data Warehouseは、自己稼働データベース上に構築されていて、エラーが発生しやすい手動でのデータ管理プロセスを排除できるため、ビジネスの成長に注力できます。

Oracle Database 19c

データベースの未来

業界をリードするデータベースは、機械学習などの最先端イノベーションを継続的に提供しており、自己稼働データ管理を実現できます。数多くの企業で実績がある、このデータベース・クラウド・サービスは、オンプレミスまたはクラウドなど任意の導入戦略における、ワークロードが混在する処理をサポートするように設計されています。他には見られない性能、使いやすさ、柔軟性を備えた次世代データベースのパワーを体験してください。

Oracle Exadata Cloud Service

複雑さを最小限に抑えた堅牢なデータ管理

Oracle Exadata Database Machineは、エンタープライズ規模のデータベース実行用に設計された、高パフォーマンスのエンジニアド・システムです。最も要求の厳しいオンライン・トランザクション処理(OLTP)、オンライン分析処理(OLAP)、データ・ウェアハウス・アプリケーションにも対応できるように設計されたOracle Database Exadata Cloud Serviceは、フル機能のきわめて強力なデータベースとプラットフォームをクラウドにもたらします。

Oracle Database Cloud Service

Oracle Databaseの完全な稼働状態のデプロイメントをすばやく簡単に作成

Oracle Database Cloud Serviceでは、Oracle Databaseをクラウドにデプロイして、コンピューティング能力、物理ストレージ、およびデータベースの日常的なメンテナンス業務や管理業務を簡素化するツールを利用できます。このサービスには、自律型とユーザー管理型のデータベース・クラウド・ソリューションが用意されており、トランザクション処理とデータ・ウェアハウスのいずれのワークロードにも適した、フルマネージド型の事前構成済環境を提供します。業界をリードする今日のデータ管理プラットフォームで明日のニーズに応えましょう。

Oracle NoSQL Database Cloud Service

予測可能なミリ秒レベルのレスポンス時間をスケーラビリティとともに実現

Oracle NoSQL Database Cloud Serviceは、オンデマンドのスループットとストレージベースのプロビジョニングを実現します。ドキュメント、カラムナー、キーバリューなどのデータ・モデルをサポートし、あらゆる場面で柔軟にトランザクションを保証します。Oracle NoSQL Database Cloud Serviceは、高可用性、予測可能な高速レスポンス、障害に対する回復性を前提に、しかも大幅なスケーリングにも対応するよう徹底的に設計されています。

MySQL Database Service

世界No.1のオープン・ソース・データベースをOracle Cloudで

MySQL Database Serviceでは、世界で最も人気のあるオープン・ソース・データベースを使用して、最新のクラウド・ネイティブ・アプリケーションを迅速かつ安全にデプロイできます。これは、MySQLの開発を行っているエンジニアリング・チームが100%構築、管理、サポートしている唯一のフルマネージド型パブリック・クラウド・サービスであるため、最新のアップデートやセキュリティ修正、機能をご利用いただけます。

クラウドへの移行

自動化されたオラクルのツールを使用すると、オンプレミスのリレーショナル・データベースをほぼダウンタイムなくシームレスにOracle Cloudに移行できます。オラクルは、データベースのワークロードをクラウドに簡単に移行するための、非常に効率的で柔軟性があり、コスト効果に優れ、可用性が高く、拡張性がある方法を提供します。

数限りない選択肢

ビジネス戦略に最適な、柔軟なデータベース導入オプション

クラウドからスタート

Oracle Cloudは、市場に初めて登場した自律型データベースを含む、従来のアプリケーションにも最新のアプリケーションにも対応する包括的なデータ管理プラットフォームです。Oracle Cloudは、高性能データベースのワークロードや膨大なデータおよびストリーミングのワークロードを処理するために特別に設計され、最適化されています。

クラウドへの移行

自動化されたオラクルのツールを使用すると、オンプレミス・データベースを、ほぼダウンタイムなくシームレスにOracle Cloudに移行できます。Oracle Database Cloud Serviceでは、現在オンプレミスで使用しているのと同じ標準、製品、およびスキルを使用するため、データベースのワークロードをパブリック・クラウドに簡単に移行できます。オンプレミス環境とクラウド環境から統合された管理を使用して、コントロールを確保でき、より優れた効率性が得られます。

Cloud at Customer

データまたはアプリケーションをパブリック・クラウドに移行できない場合は、Oracle Cloud at Customerによって、ファイアウォールの内側にパブリック・クラウドを提供します。お客様は、データとそれらのデータが存在する場所を引き続き管理できます。オラクルは、お客様が希望する運用方法に基づいてサービスを提供および管理します。お客様は、必要なインフラ、プラットフォーム、およびソフトウェアのサービスのみをサブスクライブするだけです。

オンプレミス

Oracle Database 19cは、世界で最も人気のあるデータベースの最新世代です。これは、Autonomous Databaseの主要コンポーネントであり、Oracle Database Cloudおよびオンプレミスで使用できます。

データベースの顧客事例

Paysafe、オラクル製品で不正行為の検出を迅速化

Paysafeは、オラクルのグラフ分析とデータベース・ソリューションで、不正行為を特定し、リスクを最小限に抑えています。今では、高速の問合せのツールが実現し、カスタマー・エクスペリエンスが向上して、不正なトランザクションでも数日ではなくわずかな分単位で検出できるようになりました。

データベースの顧客事例

Epsilon、オラクル製品で可用性とセキュリティを向上

Epsilonは、透過的データ暗号化を利用して顧客データを保護し、Oracle Active Data Guardを利用してアップタイムを向上させ、Oracle Shardingを利用してデータベースをスケーリングし、Active Directory統合を利用してユーザーのパスワードを削減しています。

データベースの顧客事例

Wargaming、Oracle Databaseでゼロ・ダウンタイムを実現

Wargamingは、Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)を利用することで、本番データベースでダウンタイムを発生させずにデータベースのアップグレードを実行し、パッチを適用しています。同社はさらに、Oracle Advanced Compressionを使用して、パフォーマンスの問題を引き起こすことなく問合せを20倍から30倍に圧縮しています。

データベースの顧客事例

OUTFRONT Media、Oracle Autonomous Databaseで営業を革新

Oracle Autonomous Data Warehouseにより、OUTFRONT Mediaは堅牢なデータベースを何か月もかけずに数分でプロビジョニングして、数テラバイトのサードパーティ・データを統合するとともに、Oracle Analyticsの対話型ダッシュボードを営業スタッフに安全に公開しています。

データベースに関する注目のブログ

データベースの最新情報