該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

ユニバーサル・クレジット・サービス

製品 Pay As You Go 月次フレックス 型番 メトリック
Oracle Autonomous Transaction Processing B90453 1時間あたりのOCPU
Oracle Autonomous Database – Exadata Storage (ATPサーバーレス導入) B90455 1か月あたりのストレージ容量(テラバイト単位)
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Quarter Rack - X7 (ATP専用導入) 該当なし B89999 1時間あたりのホステッド環境

*ATP専用導入の場合:

  • Database Exadata Infrastructureの最短サブスクリプション期間は1か月です
  • OCPUの最小購入単位はデータベース・ノードあたり1OCPUで、ラックあたりの最大OCPU数が上限となります。

Bring Your Own License(BYOL)

製品 Pay As You Go 月次フレックス 型番 メトリック
Oracle Autonomous Transaction Processing B90454 1時間あたりのOCPU
  • Oracle Database Enterprise Editionと下記の必須オプションを使用する場合、BYOLの要件は下記のようになります。
    • 1~16 OCPUのOracle Autonomous Transaction Processingの場合:
      • Oracle Database Enterprise Edition plus Options:Multitenantのサポート済Processorライセンスごとに、最大2 OCPUのBYOL Cloud Serviceをアクティブ化できます。
      • Oracle Database Enterprise Edition plus Options:Multitenantのサポート済Named User Plusライセンス25件ごとに、1 OCPUのBYOL Cloud Serviceをアクティブ化できます。
    • 17 OCPU以上のOracle Autonomous Transaction Processingの場合:
      • Oracle Database Enterprise Edition plus Options:Multitenant and Real Application Clustersのサポート済Processorライセンスごとに、最大2 OCPUのBYOL Cloud Serviceをアクティブ化できます。
      • Oracle Database Enterprise Edition plus Options:Multitenant and Real Application Clustersのサポート済Named User Plusライセンス25件ごとに、1 OCPUのBYOL Cloud Serviceをアクティブ化できます。