Oracle Cloudへの移行はシームレスです

オラクルの自動化ツールを使用することで、ダウンタイムをほとんど発生することなく、オンプレミスのデータベースをOracle Cloudへシームレスに移行することができます。お客様が現在オンプレミスで使用している標準、製品、スキルはOracle Database Cloud Serviceでも変わらないので、データベース・ワークロードをパブリック・クラウドへ簡単に移行できます。お客様は、オンプレミスとクラウド環境をカバーした統合型の管理機能を使用して、これまで以上に効率的に環境を制御できます。

Oracle Database Cloudへのデータベース移行

オンプレミスのOracle Databaseを、さまざまな方法やツールを使って、Oracle Database Cloudに移行できます。移行方法は移行シナリオによって異なります。移行方法を選ぶ際に考慮すべき特性や要因としては、次のものが挙げられます: オンプレミスとクラウドで使用するOracle Databaseのバージョン、オンプレミスのホスト・オペレーティングシステムとそのバージョン、データベースのキャラクタ・セット、データの量(インデックスを含む)、使用されるデータ・タイプ、データ・ステージング用のストレージ、許容可能なシステム停止時間、ネットワーク帯域幅。以下の情報を使用して、移行するコンテナ・データベース(CDB)または非コンテナ・データベース(非CDB)のシナリオに合った移行方法を検討してください。

方法 非コンテナ・データベース コンテナ・データベース
アンプラグ/プラグ: 統合して移行 単一のクラウドCDBへ DBaaSインスタンスへ
リモート・クローニング: Oracle Database 12cのオンプレミス・データベースをコピー クラウド上のデータベースへ DBaaSインスタンス用に
Oracle Database Cloudへの移行用に、データポンプ、RMAN、SQL開発者の手法を使用 はい—すべての方法を使用可能 はい—すべての方法を使用可能
移行方法 移行のプランニングとメソドロジー 製品マニュアル