Oracle Node.js Developer Center

Oracle Node.js Developer Center

Node.js用のnode-oracledbアドオンによって、Oracle Databaseアプリケーションのパフォーマンスが向上します。Node.jsは、中間層およびネットワーキング・アプリケーションをJavaScriptで記述するためのオープン・ソースのクロスプラットフォーム・ランタイム環境です。node-oracledbドライバがOracle Databaseに接続されることで、アプリケーションが高速かつ機能的になります。これは、Apache License 2.0を使用するオープン・ソース・プロジェクトです。オラクルの管理下で、現在開発中です。

Node.js用のnode-oracledbアドオンはクラウド対応です

node-oracledbアドオンをクラウドに導入、またはクラウド・データベースに接続

Node-oracledbはnpmにあります

Node-oracledbの特長

 

  • 標準のnpmインフラストラクチャでインストール
  • Apache License 2.0に基づくオープン・ソース
  • オラクルが管理
  • GitHubでホスティング
  • Async/Await、Promise、コールバック、ストリーム
  • SQLおよびPL/SQLの実行
  • バッチ文の実行
  • 文のメタデータ
  • REF CURSOR
  • ラージ・オブジェクト:ストリームまたは文字列とバッファとしてのCLOBとBLOB

 

  • Oracle Database 12c JSONデータ型
  • Simple Oracle Document Access(SODA)
  • JavaScriptオブジェクトまたは配列としてのクエリの実行結果
  • JavaScriptタイプとOracleタイプの間で手動オーバーライドによるスマートなマッピングが可能
  • JavaScriptオブジェクトまたは配列を使用したデータ・バインディング
  • トランザクション管理
  • キューイング、エイリアシング、活性チェックを使用する組み込み接続プール
  • データベース常駐接続プーリング(DRCP)
  • 権限による接続

 

  • 外部認証
  • 接続ヘルス・チェック
  • パスワード変更
  • 配列フェッチ
  • 文キャッシュ
  • クライアント側の結果キャッシュ
  • エンドツーエンドの追跡、中間層の認証、および監査
  • Oracle Databaseの高可用性機能
  • 暗号化を含むOracle Netの機能

SNSでつながりましょう