該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracle  Database  Quality of Service Management

Oracle Database Quality of Service Management

SLAを遵守するために、パフォーマンスの監視、ボトルネックの検出、リソースの管理を自律的に実行

Oracle Database Quality of Service Management(Oracle QoSM)の新機能

ホワイト・ペーパー:Oracle Database Quality of Service Management

ホワイト・ペーパー:Oracle Database Quality of Service Management

Oracle Database Quality of Service Management

ビデオ:Oracle Autonomous Database(基調講演での見どころ)

詳しく見る

アーキテクチャ

Oracle Database Quality of Service Management(Oracle QoSM)を利用すると、システム管理者はOracle RACデータベースおよびOracle RAC One Nodeデータベース上でホストされたアプリケーションのサービス・レベルを直接測定、監視、および管理できます。Oracle QoS Managementはポリシーベースのアーキテクチャを使用して、正確な実行時パフォーマンスとリソース・メトリックを関連付け、そのエキスパート・システムでこのデータを分析して、ボトルネックの原因でありSLAを脅かしているリソースを特定します。結果はシングル・クロス・クラスタであるEM Cloud Controlダッシュボードに表示され、推奨のリソース再割当てを1つのボタンで適用できます。Oracle QoSMでは、動的な負荷条件の下でパフォーマンス目標を達成および維持できるように、必要に応じて、これらの推奨事項を自動的に実装できます。利用できるリソースが十分にない場合、Oracle QoS Managementは重要性の低い目標を犠牲にして、よりビジネスクリティカルな目標を維持します。

ボトルネックを特定しながらパフォーマンスを測定

Oracle Database QoS Managementは、クラスタ管理対象サービスを介してOracle RACデータベースに接続されるアプリケーションのパフォーマンスを測定します。平均応答時間をリソース使用とリソース待機の2つの部分に分類します。Oracle QoSMは待機時間をCPU、グローバル・キャッシュ、I/O、およびその他のデータベース待機にさらに分類して、ボトルネックを特定します。この測定動作モードにより、DBAは以下の操作を実行できます。

  • 1つのEnterprise Managerのダッシュボードでクラスタのパフォーマンスを表示する
  • 状態とパフォーマンスをリアルタイムで評価する
  • 統合ワークロードの現実的なパフォーマンス目標を簡単に決定する
  • 特定のリソースのボトルネックを的を絞って特定する

SLAを遵守するために、リソースを再割り当てしてパフォーマンスを維持

Oracle Database QoS Managementは、Oracle RACクラスタ内の統合アプリケーションのサービス・レベルを維持するために、グローバルなリソース・ガバナーとして機能します。組込みのエキスパート・システムが、指定されたパフォーマンス目標に照らし合わせて応答時間を常に評価します。目標を上回るよう、Oracle QoSMはボトルネックとなっているリソースを特定して、パフォーマンス・レベルを回復させるために、リソースのトレードオフを推奨し、必要に応じて実装します。この管理動作モードにより、DBAは以下の操作を実行できます。

  • 各ワークロードのパフォーマンス目標と業務上のランクをポリシーによって設定する
  • 需要の増大や可用性の問題に応じてジャストインタイムでリソースをリバランスする
  • 別々のポリシーを作成して有効にし、さまざまなワークロードのサイクルまたはイベントを処理する
  • 実装されたアクションの監査証跡によりパフォーマンスの管理能力を高める

SLAを遵守するために、リソースを再割り当てしてパフォーマンスを維持

Oracle Database QoS Managementは、Oracle RACクラスタ内の統合アプリケーションのサービス・レベルを維持するために、グローバルなリソース・ガバナーとして機能します。組込みのエキスパート・システムが、指定されたパフォーマンス目標に照らし合わせて応答時間を常に評価します。目標を上回るよう、Oracle QoSMはボトルネックとなっているリソースを特定して、パフォーマンス・レベルを回復させるために、リソースのトレードオフを推奨し、必要に応じて実装します。この管理動作モードにより、DBAは以下の操作を実行できます。

  • 各ワークロードのパフォーマンス目標と業務上のランクをポリシーによって設定する
  • 需要の増大や可用性の問題に応じてジャストインタイムでリソースをリバランスする
  • 別々のポリシーを作成して有効にし、さまざまなワークロードのサイクルまたはイベントを処理する
  • 実装されたアクションの監査証跡によりパフォーマンスの管理能力を高める

Oracle Database QoS ManagementはOracle RACおよびRAC One Nodeのデータベース・ライセンスに含まれており、基盤としてEnterprise Manager Cloud ControlによるOracle RACクラスタの管理が必要です。Oracle Database QoS ManagementはOracle Autonomous Health Framework(Oracle AHF)のパフォーマンス・コンポーネントです。Oracle AHFの可用性コンポーネントとパフォーマンス・コンポーネントについて詳しくは、以下を参照してください。

Oracle RACのソリューション・ファミリー

Oracle RACのソリューション・ファミリーとは、Oracle RACまたはOracle RAC One Nodeのライセンスを持つお客様が追加料金なしで使用できる製品と機能の集合を表します。各ソリューションは、可用性とスケーラビリティをいっそう向上することで、または日々のオペレーションを自動化し、簡素化することで、Oracle RACのコア製品を強化または補完しています。これらの価値ある機能強化について詳しくは、以下の図の各ソリューションのリンク先をご覧ください。Oracle Quality of Service Managementについて詳しくは、このページの最後にあるリンク先をご覧ください。

クラウドでOracle Database 19cを試す

Get the Latest on Oracle Database Quality of Service Management