該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Site Guard

Oracle Site Guard

Oracle Site Guardにより、すべてのOracleスタックで、完全に自動化されたエンド・ツー・エンドのディザスタ・リカバリが提供されるため、包括的なビジネス継続性が実現します。

詳しく見る
 

概要

Oracle Site Guardにより、Web層、アプリケーション層、データベース、仮想インフラストラクチャ、ストレージなど、すべてのOracleスタックで、完全に自動化されたエンド・ツー・エンドのディザスタ・リカバリが提供されるため、包括的なビジネス継続性が実現します。

Site Guardは、特別な設定なしにすぐに使用でき、Oracle Fusion Applications、Oracle Fusion Middleware、Oracle Database、Oracle Virtual Machine、Sun ZFS Storageのディザスタ・リカバリに対応します。

Site Guardは柔軟性があり、Oracle Exadata、Oracle Exalogic、Oracle Private Cloud Appliance(Oracle PCA)をはじめとするさまざまなプラットフォームと容易に統合できます。オラクル以外のアプリケーションやインフラストラクチャを保護するように、Site Guardの機能を拡張することも容易です。

おもな利点

Site Guardを使用すると以下を実現できます。

  • Oracleスタック全体を包括的に保護する
  • ディザスタ・リカバリ処理を簡素化し、リカバリ時間(RTO)を短縮する
  • Oracle Databaseのリカバリで損失ゼロのリカバリ・ポイント目標(RPO)を実現する
  • オンデマンドの、またはスケジューリングされたDRドリルを使用して、ディザスタ・リカバリの準備が整っている状態にする
  • 高度な柔軟性とカスタマイズされたディザスタ・リカバリ計画を確立する
  • ディザスタ・リカバリ処理を完全に自動化して1回のクリックで起動できるようにする
  • DRの準備状態の監視、およびDRワークフローの起動と監視を一元管理する
  • ドメイン専門家とディザスタ・リカバリ専門の管理者の必要性を排除する
Oracle Database 19cをクラウドで試す