該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Service Connector Hubに関するよくある質問

すべて開く すべて閉じる
  • Oracle Service Connector Hubとは何ですか?

    Oracle Service Connector Hubは、オラクルのすべてのサービス間のデータの移動(Oracle Cloud Infrastructure内、およびOracle Cloud Infrastructureからサードパーティツールへの移動)を定義、実行、監視するための単一のペインを提供する、無料のサービスです。すぐに使用できる統合を提供することで、このサービスは、オラクルのLoggingObject StorageStreamingMonitoringなどのシンクサービスにデータを移動するのに役立ちます。また、軽量データ処理にはFunctionsをトリガーし、インフラストラクチャへの変更に関するNotificationsを送信することもできます。

  • Service Connector Hubで何ができますか?

    一般的な用途は次のとおりです。

    • 安価で長期的なデータアーカイブ:Service Connector HubはObject Storageと統合して、安価で長期的なアーカイブのためにデータを移動します。
    • サードパーティツールとの統合:Service Connector Hubは、オラクルのKafka互換のStreamingサービスへのデータの移動をサポートしているため、Kafka Connectorsを使用して一般的なサードパーティツールからアクセスできます。
    • 高度なログ分析の実行:Service Connector Hubは、ログをLogging Analyticsに移動して、Loggingサービスのすべてのログデータの監視、集約、インデックス作成、分析をサポートします。
    • データからのメトリックの生成とそれらに基づくアラームの設定:Service Connector Hubは、ログからメトリックを生成し、Monitoringに取り込み、そこからアラームを設定できます。
    • Functionsを使用した軽量データ処理:Service Connector Hubは、軽量データ処理に対するOracle Functionsのトリガーと、イベント駆動型アプリケーションの構築をサポートするため、データエンジニアと開発者は、インフラストラクチャの管理に手間を取られることなく、実行すべき作業に専念できます。
    • クラウドリソースへの変更に関する通知の受け取り:Service Connector HubはNotificationsと統合され、クラウドリソースの変更に応じて通知を送信します。
    • データの移動の完全な可視性:Service Connector Hubは、管理者がすべてのサービス間のデータの移動を管理および監視できる一元的な場所を提供します。そのため、複数のサービス間のポイントツーポイント統合を追跡する必要がなくなり、エラーが発生しやすいこの種の作業を回避できます。
  • Loggingサービスとは何ですか?

    Loggingサービスは、ログの収集、管理、調査を簡素化する、フルマネージドの拡張性の高いログ管理および検索プラットフォームです。このサービスは、Oracle Cloud Infrastructureとアプリケーションのログを1つのビューにまとめます。リソースとアプリケーションによって生成されたログをシームレスに取り込んで管理できます。強力なログ検索エンジンを活用して、ログを調査できます。オラクルの新しい直感的なルールエンジンは、ほぼリアルタイムで各ログラインを実用的な情報に変えます。Loggingサービスの詳細については、こちらを参照してください。

  • Object Storageとは何ですか?

    Oracle Cloud Infrastructure Object Storageでは、お客様はあらゆるタイプのデータをネイティブ形式で保存できます。分析、バックアップ、アーカイブ向けに複数のデータソースの統合に使用できるため、拡張性と柔軟性を必要とする最新アプリケーションの構築に最適です。Object Storageの詳細については、こちらを参照してください。

  • Streamingサービスとは何ですか?

    Oracle Cloud Infrastructure Streamingは、アプリケーションが複数のソースから大量の連続データを取り込み、そのデータをすぐに処理できるようにするフルマネージド・ソリューションです。Streamingの詳細については、こちらを参照してください。

  • Logging Analyticsとは何ですか?

    Oracle Cloud Infrastructure Logging Analyticsは、オンプレミスおよびマルチクラウド環境からすべてのログデータを監視、集計、インデックス作成、分析できる機械学習ベースのクラウドサービスです。このサービスのユーザーはこれらのデータを検索、調査、関連付けることができるため、より迅速な問題の解決、インサイトの取得、より的確な意思決定を行うことができます。

  • Monitoringサービスとは何ですか?

    Oracle Cloud Infrastructure Monitoringは、スタック全体を監視するための詳細なメトリックと通知を企業に提供します。Oracle Cloud Infrastructureリソース向けにすぐに使用できるパフォーマンスおよび正常性メトリックが提供されています。さらに、業界標準の統計、トリガー演算子、および時間間隔を使用して、これらのメトリックにアラームを作成できます。Alarmsは、Notificationsを介して、クラウドインフラストラクチャとサービス全体の重要な変更をリアルタイムで警告します。また、独自のカスタムメトリックについてアラームを発行、視覚化、作成して、すべてのメトリックを1か所で監視することもできます。Monitoringには、クラス最高のメトリック・エンジンが搭載されており、複数のメトリック・ストリームおよび次元にまたがる強力な集計とスライス・アンド・ダイス・クエリをリアルタイムで実行できます。Monitoringの詳細については、こちらを参照してください。

  • Oracle Functionsとは何ですか?

    Oracle FunctionsはOracle Cloud Infrastructure上のFunctions as a Serviceです。これはフルマネージド、マルチテナントの安全なクラウドサービスであり、開発者がインフラストラクチャの管理ではなくコードの記述に専念できるようにすることで、クラウドネイティブなアプリケーションの構築を容易にします。Oracle Functionsの詳細については、こちらを参照してください。

  • Notificationsサービスとは何ですか?

    Oracle Cloud Infrastructure Notificationsは、大規模な多数のサブスクリプション・エンドポイントにメッセージをプッシュするフルマネージド出版-購読型サービスです。Notificationsは、メール配信、Slack、PagerDuty、カスタムHTTPS Webhookを介した通知の配信をサポートしています。Notificationsの詳細については、こちらを参照してください。

  • Service Connector Hubの価格はいくらですか?

    Service Connector Hubは無料です。Service Connector Hubがデータを移動するソースサービスとターゲットサービス(Logging、Object Storage、Monitoring、Streaming、Functions、Notificationsなど)に対してのみ料金をお支払いいただきます。

  • Service Connector Hubを開始するにはどうすればよいですか?

    コンソール(Service Connector HubはデータとAIの下)、REST API、コマンドライン・インターフェイス(CLI)、またはTerraformを使用してService Connector Hubにアクセスできます。Service Connector Hubの技術資料はこちらから入手できます。

  • サービスコネクタとは何ですか?

    サービスコネクタは、ソースサービスとターゲットサービスとの間のデータの流れを定義します。

  • ソースとは何ですか?

    ソースとは、別のサービスで使用できるデータを含むサービスです。ソースサービスの例として、LoggingとStreamingがあります。

  • ターゲットとは何ですか?

    ターゲットは、ソースからのデータを消費するシンク、またはフローの最後に呼び出されるオペレーターのいずれかになる、宛先サービスです。ターゲットの例として、Object Storage、Streaming、Functionsがあります。

  • 現在サポートされているソースサービスとターゲットサービスは何ですか?

    現在、Service Connector Hubは、LoggingおよびStreamingをソースサービスとして、Storage、Streaming、Logging Analytics、Monitoring、Functions、およびNotificationsをターゲットサービスとしてサポートしています。

  • タスクとは何ですか?

    タスクは、ターゲットサービスに配信される前にソースデータに対して実行される、強く型付けされた処理単位です。例:

    • Loggingサービスからのデータをフィルタリングするロギングクエリ。
    • ターゲットに書き込まれる前に、移動中のデータを処理するように構成された関数。
  • ログタスクの構文は何ですか?

    ログタスクは、Loggingクエリ言語仕様で表されます。詳細については、Loggingクエリ言語仕様に関する資料を参照してください。

  • ログの形式は何ですか?

    ロギング形式の概要に関する資料を参照してください。

  • Service Connector Hubで使用可能なAPI操作は何ですか?また、資料はどこにありますか?

    Service Connector Hub APIに関する資料を参照してください。

  • サービスコネクタはどのくらいの頻度でデータを移動しますか?

    作成されると、サービスコネクタは継続的に動作して、ソースからターゲットサービスにデータを移動します。

  • Service Connector Hubを監視するために使用できるメトリックは何ですか?

    Service Connector Hubのメトリックに関する資料を参照してください。

  • 1つのサービスコネクタでデータを移動できるターゲットサービスはいくつですか?

    各サービスコネクタは1つのソースから1つのターゲットにデータを移動できます。

  • Service Connector Hubのサービス制限は何ですか?

    Service Connector Hubは、リージョンごとに最大5つのサービスコネクタをサポートしています(こちらの資料を参照)。サービスコネクタを追加する場合は、上限の引き上げについてこちらまでお問い合わせください。

  • 誰がサービスコネクタを作成できますか?

    承認済みのユーザーのみがサービスコネクタを管理できます。ソースからデータを移動するには、ターゲットサービス内の指定されたターゲットリソースに書き込むために必要な承認をサービスコネクタに与える必要があります。コンソールを使用してサービスコネクタのターゲットサービスを定義するときに提供されるデフォルトのポリシーを受け入れるか、グループベースのポリシーで適切な承認があることを確認できます。サービスコネクタの承認の詳細については、ターゲットサービスへの書き込みアクセスを参照してください。

  • Service Connector Hubの問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

    Service Connector Hubの使用時に発生する可能性のある最も一般的な問題については、サービスコネクタのトラブルシューティングに関する資料を参照してください。