認定申請・ロゴダウンロード

 

  • 注意:申請を含め、資格取得に必要な条件が全てそろった時点の日付が認定日になります。要履修コース修了申請(必要な資格の場合)をおこなっていませんと認定日が遅れることになりますので、ご注意ください。

要履修コース一覧

該当する資格のカテゴリを下記より選択してください。

要履修コース修了申請

対象コースは上記の要履修対象コース一覧をご参照下さい。

申請内容 資格名 申請方法
要履修コース(2class)申請 ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c 申請ページ(オラクル認定システム(CertView))で申請をしてください。
手順は「要履修コース(Platinum -2class)修了申請手順の説明」をご参照ください。
ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g
要履修コース(1class)申請 Database ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c 申請ページ(オラクル認定システム(CertView))で申請をしてください。
手順は「要履修コース(1class)修了申請手順の説明」をご参照ください。
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g
ORACLE MASTER Gold Oracle9i Database
Oracle Database 10g: Real Application Clusters Administrator Certified Expert
Oracle Database 10g: Managing Oracle on Linux Certified Expert
Oracle Database 11g Performance Tuning Certified Expert
Oracle Certified Expert, Oracle Real Application Clusters 11g and Grid Infrastructure Administrator
Java / Middleware ORACLE MASTER Gold Oracle Application Server 10g
Oracle認定JavaディベロッパSE 6
Oracle Certified Master, Java EE 6 Enterprise Architect
Applications Oracle E-Business Suite R12 Financials Certified Expert Consultant, Payables
Oracle E-Business Suite R12 Financials Certified Expert Consultant, Receivables
Oracle E-Business Suite R12 Supply Chain Certified Expert Consultant, Purchasing
Oracle E-Business Suite R12 Supply Chain Certified Expert Consultant, Order Management
Siebel 7.7 認定コンサルタント(Siebel 7.7 Certified Consultant)
Siebel 8 認定コンサルタント(Siebel 8 Consultant Certified Expert)
JD Edwards EnterpriseOne 8 会計コンサルタント(JD Edwards EnterpriseOne 8 Financials Certified Expert)
Server / Storage System Oracle Certified Associate, Oracle Solaris 11 System Administrator
Oracle Certified Professional, Oracle Solaris 11 System Administrator

要履修コース(Platinum -2class)修了申請手順の説明

  1. オラクル認定システム(CertView)にログインし、左側のメニューから「要履修コース修了申請」をクリックします。
    ※ 2020年8月16日以降、CertView にアクセスするには、初回ログイン時の手続きが必要となります( 全ユーザー対象)こちらをご参照の上、お客様の状況に合わせたご対応をお願いいたします。
  2. CertView の初回ログイン時の手続き完了後、「新規申請」リンクをクリックしま す。
  3. 「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g (OCM)」を選択して、右上の「次へ」リンクを選択します。
  4. 続いて、「コースの受講形態」、「対象コー ス」、「受講会場」、「コース の受講日」を選択・入力します。
    (トレーニングオンデマンドの場合には、「コースの受講形態」、「対象コー ス」、「コース出席情報(コース開始日、受注番号*1)」を選択・入力します。)
    *1.現在「お申込み番号」と表示されており、7桁までしか入力できないという不具合がございますため、ご入力頂かなくとも結構です。必要な場合には認定資格事務局よりご連絡差し上げます。
  5. 申請内容確認画面で、入力項目に間違いがないことを確認したら、チェック ボックスにチェックを入れると右上に「提出」リンクが表示されますので、クリックして申請完了になり ます。
  6. 受付が完了すると「Oracle Certification Course Submission Form Received」という件名で確認メールが送信されます。
  7. 2つめのコースについて、 2~6の手順をもう一度行い、申請します。
  8. 認定資格事務局で申請した受講履歴が確認される と「Oracle Certification Course Submission Form Approved」というタイトルの メール(英語)が送信されます。受講確認まで5営業日程度かかりますので少々お待ちくださ い。

要履修コース(1class)修了申請手順の説明

  1. オラクル認定システム(CertView)にログインし、左側のメニューから「要履修コース修了申請」をクリックします。
    ※ 2020年8月16日以降、CertView にアクセスするには、初回ログイン時の手続きが必要となります( 全ユーザー対象)こちらをご参照の上、お客様の状況に合わせたご対応をお願いいたします。
  2. CertView の初回ログイン時の手続き完了後、、「新規申請」リンクをクリックします。
  3. 対象の資格を選択して、右上の「次へ」リンクを選択します。
  4. 続いて、「コースの受講形態」、「対象コース」、「受講会場」、「コースの受講日」を選択・入力します。
    (トレーニングオンデマンドの場合には、「コースの受講形態」、「対象コー ス」、「コース出席情報(コース開始日、受注番号*1)」を選択・入力します。)
    *1.現在「お申込み番号」と表示されており、7桁までしか入力できないという不具合がございますため、ご入力頂かなくとも結構です。必要な場合には認定資格事務局よりご連絡差し上げます。
  5. 申請内容確認画面で、入力項目に間違いがないことを確認したら、チェックボックスにチェックを入れると右上に「提出」リンクが表示されますので、クリックして申請完了になります。
  6. 受付が完了すると「Oracle Certification Course Submission Form Received」という件名で確認メールが送信されます。
  7. 認定資格事務局で申請した受講履歴が確認されると「Oracle Certification Course Submission Form Approved」というタイトルのメール(英語)が送信されます。受講確認まで5営業日程度かかりますので少々お待ちください。
  8. コース受講以外の他の認定条件を含め条件が満たされましたら、自動認定されます。

ページ先頭へ

配送申請

2017年12月31日を持ちまして認定キットの郵送サービスを終了致しました。

※保有資格の証明は、即時ダウンロード可能な「PDF形式の認定証」でもご利用いただけます。

注意事項

2015年9月1日より、資格終了から1年が経過した認定資格(終了資格)につきましては、Recertification(再認定)ポリシーに基づき、CertView よりダウロードされた認定証(PDF形式含む)もご利用いただけなくなります。

2003年制度改正前のORACLE MASTER資格の認定証を配送申請されていない方へ

2003年の制度改正前のORACLE MASTER試験に合格され、その後認定証の配送を申請されていない方で、認定証が必要な方は2012年8月31日までに配送申請をお願いします。それ以降は、保有資格の確認、および、証明のメールをお送りすることはできます(終了資格除く)が、紙の認定証をお送りすることはできません。

 

関連情報

お問合せ先

認定資格事務局:

E-mail: oraclecert_jp@oracle.com

ページ先頭へ