「ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」 一番乗り発表! | オラクル認定資格制度 | Oracle University

ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」 一番乗り発表!

JCS 2016年6月29日より開始した「ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」に一番乗りで認定された方々です。

ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」は、JCS インスタンスの構成、管理、デプロイや運用および JCS SaaS Extension による SaaS アプリケーションとの連携における技術やノウハウを活用するためのスキルが証明されます。



一番乗りの皆様のご紹介

氏名 所属  
飯泉 卓也 PSソリューションズ株式会社 コメント
多部田 直人 PSソリューションズ株式会社 コメント
濱谷 芳明 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ コメント
福田 隆弘 PSソリューションズ株式会社 コメント
宗 聖二 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

以上の各位が、「ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」の一番乗り認定の方々です。
本情報は、合格者ご本人、及び所属企業様の掲載へのご同意をいただき、掲載させていただいております。
本リストは一番乗りキャンペーン対象受験日の受験月順・同月内五十音順に掲載させていただいております。

ページ先頭へ

合格者の声 - 飯泉 卓也 氏 (PSソリューションズ株式会社)

1. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を取得しようと思ったきっかけ、思いをお教えください。

  • 弊社では、Oracle Cloud を活用したサービスをお客様へ提供する為に早くから Oracle Database Cloud Service と Oracle Java Cloud Service を合わせた検証を行っており、これまでの検証で得たスキルレベルを確認する為、資格取得にチャレンジしました。

2. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください。

  • Oracle Java Cloud Service だけでなく、Oracle Database Cloud Service との連携や Oracle WebLogic Server に関する知識を問われる為、幅広い知識が必要であると感じました。

3. 受験前の勉強方法についてお聞かせください。

4. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service という資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか。社内でのメリット、社外でのメリット(ビジネスにおけるメリットなど)をお教えください。

  • 自社のスキルレベルを図る一つの指標になると共に、弊社のサービスを市場に展開した際には、お客様に安心してご利用頂くことに繋がると考えています。

5. 今後のキャリアプランをお教えください。

  • これまで得たスキルを社内に広めることで人材育成に努め、オンプレミスと合わせて Oracle Cloud を活用したサービスをお客様へ提供していきたいと考えています。

6. 今後、ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 試験を受験する方に向けてアドバイス等がありましたらお聞かせください。

ページ先頭へ

合格者の声 - 多部田 直人 氏 (PSソリューションズ株式会社)

1. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を取得しようと思ったきっかけ、思いをお教えください。

  • Oracle Cloud を活用したサービスを弊社にて検討しており、ORACLE Cloud の技術知識習得のために受験を致しました。

2. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください。

  • Oracle Cloud 特有の知識や Oracle WebLogic Server の知識等、幅広く出題されるので難易度は高いと感じました。

3. 受験前の勉強方法についてお聞かせください。

  • オラクル社から提供されている「Oracle Cloud Learning Subscription」を受講し基礎知識を習得後、マニュアルを読み込むことで知識を高めていくという勉強を行いました。

4. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service という資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか。社内でのメリット、社外でのメリット(ビジネスにおけるメリットなど)をお教えください。

  • オラクル社が Oracle Cloud Service を強く推進していることから、今後、クラウド市場の一角をオラクル社が担っていくと予想します。そのため、この ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を保有することで弊社の技術力を示す一つの指標になるのではないかと考えています。

5. 今後のキャリアプランをお教えください。

  • 技術領域、ビジネス領域のスキルを双方身に付け様々な付加価値を提供できるような人材となれるよう努めていきたいと考えております。

6. 今後、ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 試験を受験する方に向けてアドバイス等がありましたらお聞かせください。

  • ドキュメントを読みこむことはもちろん重要ですが、本試験は Oracle Cloud 特有の知識が問われる為、まずは Oracle Cloud Learning Subscription にて基礎知識を習得することをお勧めします。

ページ先頭へ

合格者の声 - 濱谷 芳明 氏 (株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)

1. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を取得しようと思ったきっかけ、思いをお教えください。

  • Java Cloud Service は Oracle WebLogic Server をベースとしているため、これまで Oracle WebLogic Server で培った経験にクラウド的な知識をプラスできるのではと考え取得を目指しました。

2. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください。

  • Oracle WebLogic Server に親しんでいる方であれば、Java Cloud Service 特有の部分を学ぶことで合格を狙うことが出来ると感じました。

3. 受験前の勉強方法についてお聞かせください。

4. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service という資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか。社内でのメリット、社外でのメリット(ビジネスにおけるメリットなど)をお教えください。

  • Oracle Cloud はこれから浸透をはかる時期かと思いますが、そういった時期だからこそ、社内的にも社外的にも Oracle Cloud が分かる人がいるということがプラスに働くと考えています。

5. 今後のキャリアプランをお教えください。

  • これまでオンプレ環境の Fusion Middleware、特に SOA Suite などを中心に取り組んできました。Oracle Cloud においても、SOA Cloud Service や Integration Cloud Service など Java Cloud Service 以外の各種サービスについても積極的に取り組んでいきたいと考えています。

6. 今後、ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 試験を受験する方に向けてアドバイス等がありましたらお聞かせください。

  • まずは Oracle WebLogic Server について一通り理解するのがいいと思います。その上で、Java Cloud Service 固有の機能などを Oracle Cloud Learning Subscription で学習することをお勧めします。

ページ先頭へ

合格者の声 - 福田 隆弘 氏 (PSソリューションズ株式会社)

1. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を取得しようと思ったきっかけ、思いをお教えください。

  • 6月中旬に ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service 資格を取得し、今回、ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 資格を取得しました。Oracle Cloud の特性上、お客様に Oracle Cloud を利用したサービスを提案させていただく上で、Java Cloud Service の機能は必須であると考えております。Database Cloud Service と Java Cloud Service の両方の資格を取得することで、お客様に安心して弊社サービスをご利用いただけると思い資格に挑戦しました。

2. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service の試験を受けた感想(内容、難易度、その他)をお教えください。

  • Java Cloud Service や SaaS Extension に関する知識以外にも、Oracle WebLogic Server や ADF に関する知識が必要な試験であったという印象を受けております。JCS だけでなく、関連する DBCS や Storage Cloud Service や Compete Cloud Service などの前提知識も必要であると感じました。

3. 受験前の勉強方法についてお聞かせください。

  • 実環境での動作確認とマニュアル確認で勉強を進めました。
    マニュアルは日本語版と英語版の両方を確認しましたが、英語版に記載されている最新の情報はあまり問われなかった印象を受けております。チェックリストから WebLogic Server の知識が不十分と感じたため、WebLogic Server のマニュアルも確認しました。

4. ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service という資格取得のメリットを、どのようにお考えでしょうか。社内でのメリット、社外でのメリット(ビジネスにおけるメリットなど)をお教えください。

  • 社内でのメリットは、実業務に基本となる知識を得られたのではないかと考えております。
    社外でのメリットは、Oracle Cloud は Database Cloud Service と Java Cloud Service をセットで利用するといった主要な使用方法から、両方の知識を持った技術者ということがアピールできるのではないかと思っております。

5. 今後のキャリアプランをお教えください。

  • Oracle Cloud の知識を深め、Oracle Cloud を利用したサービスをお客様に提供していくエンジニアを目指したいと考えております。

6. 今後、ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service 試験を受験する方に向けてアドバイス等がありましたらお聞かせください。

  • 実環境での動作確認を行うことが有効であると考えております。実際に使用してみることで、マニュアルの理解が容易になります。WebLogic Server の機能についての問題も出題されますので、WebLogic Server のマニュアルも確認が必要であると思います。また、各機能の違いなどについては Oracle Database Cloud ラーニング・サブスクリプションが理解の助けになったと感じております。

ページ先頭へ

別の取得事例を見る | ページ先頭へ