該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Exadata Cloud@Customer

Oracle Exadata Cloud@Customer X9Mを使用すると、非常に重要なOracle Databaseをとても簡単にクラウドに移行できます。高いパフォーマンスを誇るExadata Cloud Serviceの機能をデータセンターのファイアウォールの内側に導入することで、厳格なデータ主権要件およびセキュリティ要件を満たすのに役立ちます。Exadata Cloud@Customerでは、パブリック・クラウドのリソース管理とオプションのOracle Autonomous Database機能により、Infosysの分析に記載されているように、手動によるデータベース操作を最大80%削減できるため、ITチームはイノベーションの推進に集中することができます。

Exadata Cloud@Customerのビデオを見る(2:07)

ミッション・クリティカル・データベース・テクノロジーのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるJuan Loaizaが、Oracle ExadataX9Mプラットフォームをご紹介します。

Oracle Cloud@Customerによる、データセンターにおけるOracle Autonomous Databaseの利用 (PDF)

IDCは、自律機能を活用してOracle Autonomous Databaseをデータセンターに導入するOracle Cloud@Customerに匹敵するプロバイダーは他にないと結論付けています。

データドリブンな銀行の再考

Omidaは、金融サービス機関にとって、Oracle Cloud@Customerのポートフォリオが、オンプレミスのデータベース・クラウドの導入に関するビジネスおよびテクノロジー面のあらゆる目標を達成するための主要な選択肢であるという事実を強調しています。

Exadata Cloud@Customerの機能

主要な差別化要因

シンプルなデータベース・クラウド

ユーザー、開発者、およびITスタッフは、インフラストラクチャの管理が不要で、セルフサービスで高性能のOracle Database Cloudによって、運用を効率化できます。

データ主権

Oracle Databaseは、お客様のデータ・センターのファイアウォールの内側で保護されるため、データ主権、セキュリティ、およびガバナンスの要件を満たします。

自動的な管理

Oracleエキスパートは機械学習(ML)によって、お客様のデータ・センターにあるExadata Cloud@Customerインフラストラクチャを管理します。このため、お客様は、Autonomous Databaseで独自のデータベースを管理したり、オラクルに管理したりできます。

データベースのパフォーマンス

お客様のデータ・センターのクラウド・データベースは、60以上の独自のOracle Database機能および最大23倍のSQL読み取りIOPS、18倍のSQLスループット、およびAWS OutpostsのAmazon Relational Database Service(RDS)より98%低いSQLレイテンシによって、さらに迅速に高い統合率で実行されます。

費用対効果の高いクラウドの経済的利点

Exadata Cloud@Customerでは、システム管理が不要になり、Exadata Cloud@CustomerでAutonomous Databaseを使用すると、手動のデータベース管理タスクをなくし、真の従量課金経済性のための継続的なオンライン・リソース・スケーリングによって、コストを最小化できるため、管理コストを削減できます。

インテリジェントなストレージ

すべてのExadata X9Mソリューションは、インテリジェント・ストレージ・サーバーを活用して、データベース・サーバーからSQLクエリ、分析および機械学習アルゴリズムをオフロードし、パラレルに実行してパフォーマンスを向上します。

詳細

Exadataのパフォーマンス、スケール、および可用性

フルスタックのOracle Databaseソリューション

最適化されたパフォーマンス、効率、およびスケーリングによるOracle Databaseの実行は、お客様の社内ITチームではなく、Oracle Cloudのエキスパートが管理し、パッチを適用するフルスタックの統合的なソリューションによって、さらに簡単になっています。

高いトランザクション・パフォーマンス

重要なOLTPアプリケーションは、データベース透過的な永続メモリ(PMEM)とRDMA over Converged Ethernet(RoCE)を組み合わせた独自のスケールアウト・アーキテクチャによって、トランザクションの即応性を19マイクロ秒未満のレイテンシとスループットで、ラックあたり最大22.4M IOPSで改善します。

分析と機械学習の迅速化

お客様は、最大540GB/秒のスキャン・スループットと最大576個のCPUコアのインテリジェント・ストレージ・サーバーによって、低レベルのSQLクエリ、分析、および機械学習アルゴリズムを処理して、分析とデータベース内機械学習アプリケーションを迅速化します。

データベース統合の簡素化

お客様は、Oracle Databaseのコンバージド機能によって、同じインフラストラクチャ上のさまざまなタイプのデータベースを統合して、ITの複雑性を軽減します。お客様は、Exadata Cloud@Customer X9Mの優れたスケーラビリティによって、AWS OutpostsでAWS RDSより最大9倍大きいデータベース・インスタンスと24倍大きいデータ・ウェアハウスを作成します。

データ損失とダウンタイムの排除

お客様は、組み込みのフォールト・トレランス、およびローカルおよびリモートのディザスタ・リカバリのオプションによって、非常に重要性の高いOracle Databaseの可用性を向上できます。

詳細

自律型データベース

自動的なスケーリング

お客様のリアルタイム・ワークロードの要件に基づいて、データベース運用を中断せずに、リソース消費を自動的に増減させます。

自動的なチューニング

お客様のOracle Databaseの実行が継続的に分析およびチューニングされ、アプリケーション開発、本番トランザクション処理、および時間とともに変化するデータ・ウェアハウス・ワークロードに応じてデータベースのパフォーマンスが最適化されます。

自動的なプロビジョニング

セルフサービス・データベース・クラウドによって、新しいデータ・ウェアハウスと開発用データベースを数秒でプロビジョニングできるため、開発チームの生産性が向上します。

自動的な障害管理とパッチ適用

障害、メンテナンス、ユーザー・エラー、サイバー攻撃によるダウンタイムからお客様の重要なデータベースを保護するため、最新のソフトウェア・アップデートとセキュリティ・パッチが自動的に適用されます。

従量制料金の経済的利点

Autonomous Databaseは、実際のvCPU消費のみを請求して、お客様のデータベースのコストを削減します。

詳細

Oracle Database Cloud

コンバージド・データベース

お客様は、複数の単一目的のデータベースで発生する管理とセキュリティの断片化なしで、Oracle Databaseで複数のデータ型とデータベース・モデルを使用して、革新的なアプリケーションを作成します。

データベース管理の統合

ITチームは、個々のシステムおよびデータベース・インスタンスを管理する代わりに、Oracle Multitenantを使用して一度に最大4,096のデータベースを管理できるため、運用を効率化できます。

データベース・バージョンを網羅

企業は、1つのシステムで複数のOracle Databaseバージョンを使用し、Autonomous Databaseを実行して、デジタル・トランスフォーメーションを簡素化します。

データベースの迅速なプロビジョニング

開発者は、全スケールのデータベースを迅速にプロビジョニングし、待たなくても済むように、高パフォーマンスのセルフサービス・データベース・クラウドを使用して効率性を高めます。

Oracle Machine Learning

お客様は、機械学習(ML)機能をデータベース・アプリケーションに簡単に追加して、データ抽出、再フォーマット、および移動をなくして、MLモデルをさらに迅速に構築できます。

詳細

セキュリティとデータ主権

多層防御

Oracle Cloudでは、MLベースの複数レベルのセキュリティを使用して重要なOracle Databaseを保護し、リアルタイムで脅威を特定して対処できます。

オペレータ・アクセス制御

Oracle CloudオペレータがアクセスできるExadata Cloud@Customerリソース、およびリモート管理セッション中に実行できるアクションを完全に制御できるようにして、セキュリティを強化します。オペレータ・アクセス制御は、他のベンダーが提供していないセッション・ロギングおよびアクセス終了機能も提供します。

エンドツーエンドの暗号化

Oracle Database内のプライベート・データは、保存データと移動中のデータの常時暗号化で保護され、お客様が所有する暗号化キーでバックアップされます。

データ・レジデンシーとセキュリティ

Exadata Cloud@Customerは、すべてのデータベース情報をデータ・センターに保持して、データ・レジデンシ、主権およびセキュリティ要件を満たすのに役立ちます。

オラクルによるフルスタックのパッチ適用

オラクルはフルスタック・パッチ・セットを作成し、ビジネスを中断せずに、脅威とリスクを軽減するために、エンタープライズのITチームと迅速に導入します。Oracle Cloudコンソールから1回のクリックでパッチを適用して、データベース管理を簡素化し、お客様のデータベースの継続的な可用性を確保できます。

詳細

高可用性

Oracle Maximum Availability Architecture

実績のあるOracle Maximum Availability Architectureのベスト・プラクティスによって、非常に重要なOracle Databaseのデータの可用性と保護を最大限に高めます。

単一障害点なし

Exadataのサーバー、ストレージ、およびネットワークは包括的に冗長化されており、障害が発生しても、お客様の重要なOracle Databaseが24時間365日稼働します。

予防的な障害管理

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customerは、AIを使用してユーザーより先に潜在的な問題を検出して修正するため、お客様のOracle Databaseの可用性を向上するのに役立ちます。

Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)

Oracle Exadata Cloud@Customerは、Oracle RACによって、お客様の重要なデータベースのローカル・パフォーマンスのスケーリングと高可用性を実現します。

Oracle Active Data Guard

ビジネス継続性とディザスタ・リカバリを実現するために、Active Data Guardは、同期されているスタンバイとレプリカの両方のOracle Databaseをお客様のデータ・センターまたはクラウドに保持します。

詳細

低コスト

データベースvCPUあたりのコスト削減

Oracle Database vCPUsは、他のローカル・クラウド・データベース・サービスよりOracle Exadata Cloud@Customerで高速に実行されます。これは、処理コアのインテリジェント・ストレージ・サーバーを使用して操作をオフロードし、ネットワークのオーバーヘッドを低減するためです。Wikibonの分析で説明されているとおり、データベースを高速に実行すると、Oracle Databaseの実行コストが最大40%削減されます。

柔軟なサブスクリプション価格設定

お客様は、包括的ライセンスの価格設定またはライセンス持ち込みの価格設定を選択でき、データベースの運用を中断せずに、リソース消費を増減できるため、イノベーションとコストを最適化できます。

ストレージの弾力的な拡張

Exadata Cloud@Customer X9Mストレージ・サーバーは、同じ価格で28%の容量を提供します。すべての構成に最大12台のストレージ・サーバーを含める機能と組み合わせると、X8M構成と比較して最大45%、数百TBの容量を持つソリューションの導入コストを削減できます。

オンサイト管理の軽減

お客様は、データベース・インフラストラクチャの管理コストをExadata Cloud@Customer(IDCの分析で説明)で最大69%、Exadata Cloud@Customer上のAutonomous Database(Infosysレポートで説明)で80%以上削減します。

詳細

ソフトウェア機能

クラウド・コントロール・プレーン

ユーザーは、暗号化されたWebブラウザ、コマンド・ライン・インターフェイス、またはREST APIでOracle Cloud Infrastructureコントロール・プレーンに接続して、データベースをセキュアにプロビジョニングおよび管理できます。

スマート・スキャン

大量のデータにアクセスするSQLクエリと分析がデータベース・サーバーからインテリジェント・ストレージ・サーバーにオフロードされるため、お客様の重要なアプリケーションは高速に実行されます。データベース・サーバー・リソースが解放され、データ転送が最小限になります。

永続メモリの最適化

データベース・サーバーは、OSまたはネットワークのオーバーヘッドなしで、ステージングされたストレージ・サーバーで最大18TBの永続メモリに直接アクセスするため、お客様の重要なトランザクション・アプリケーションを高速に実行できるため、読み取りレイテンシを最大90%削減できます。

自動的なリソース管理

お客様の統合的なデータベースは、組み込みのIOリソース管理、およびAutonomous DatabaseのMLベースの自動的なインデックス作成およびチューニングによって、常に高速に実行されます。

Hybrid Columnar Compression

お客様のデータ・ウェアハウスとデータベース・アーカイブを保存するために必要なストレージの量を最大90%削減します。

統合されたデータ保護

オラクルのZero Data Loss Recovery ApplianceおよびDatabase Backup Cloud Serviceとのクラウド・コントロール・プレーンの統合によって、お客様の重要なデータベースを保護します。


Exadata Cloud@Customer X9Mシェイプ

Exadata X9Mの基本システム

38 TBのNVMeフラッシュ・キャッシュおよび74 TBの使用可能ストレージを備え、0~48個のOCPUを使用でき、最大562,500のSQL IOPSを実現します。

Exadata X9Mクォーター・ラック

4.5TBのPMEM、76TBのNVMeフラッシュ・キャッシュ、および192TBの使用可能ストレージで最大560万のSQL IOPSおよび144コアのSQL処理能力をインテリジェント・ストレージ・サーバーで実現します。

Exadata X9Mハーフ・ラック

9TBのPMEM、153TBのPCIe 4.0 NVMeフラッシュ・キャッシュ、および384TBの使用可能ストレージを最大1,120万SQL IOPSおよび288コアのSQL処理能力インテリジェント・ストレージ・サーバーで実現します。

Exadata X9Mフル・ラック

18TBのPMEM、307TBのPCIe 4.0 NVMeフラッシュ・キャッシュおよび769TBの使用可能ストレージ、さらに最大2240万SQL IOPSおよび576コアのSQL処理能力インテリジェント・ストレージ・サーバーによって、0から496 OCPUを有効にします。

Exadata X9Mストレージ・サーバー

お客様は、Exadata Cloud@Customer X9Mのストレージの弾力的な拡張によって、コンピューティング・サーバーを追加せずに、ストレージ容量とインテリジェントなストレージ処理機能を強化できます。クォータ・ラックおよびハーフ・ラック・システムを持つお客様は、合計12のストレージ・サーバー、769TBの使用可能ストレージ、および独自のデータベース・ワークロード・ニーズを満たすために576コアのSQL処理能力が拡張できます。

高性能ネットワーク

PCIe 4.0のデュアルポート・アクティブ-アクティブ100Gb/秒のRDMA over Converged Ethernet(RoCE)ネットワークは、ストレージ・サーバーとコンピューティング・サーバーの間でX8Mシステムより80%のスループットを提供し、お客様の統合ワークロードをさらに高速に実行できます。アプリケーション・サーバーおよびマルチクラウド環境との通信は、最大16の25Gb/秒のイーサネット接続にわたって最適化されます。

クラウド・コントロール・プレーン・サーバー

ネットワークが使用できない場合でも、2台のローカル・サーバーによって、リモートのOracleインフラストラクチャ管理とローカルの操作を行うことができます。


Oracle Exadata Cloud@Customerの成功事例

データセンター内のOracle Exadata Cloud@Customerで重要なOracle Databaseを実行している何百社ものお客様が、Oracle Cloud Infrastructureの管理、サブスクリプション価格設定、および多層防御セキュリティのメリットを活用しています。

AT&T customer logo
Entel customer logo
Energy Transfer customer logo
Ford Otosan customer logo
Kingold customer logo
n11.com customer logo
Sejel customer logo
Sentry Data Systems customer logo
Deutsche logo

Deutsche Bank、Exadata Cloud@Customerの導入によりコストを削減

Oracle Exadata Cloud@Customerのユース・ケース

  • データベース・クラウドでのデータ主権の確保

    Oracle Cloudによる管理とAutonomous Databaseを使用して運用を簡素化しながら、パブリック・クラウド・データセンターでは実現できないデータ主権と接続の要件を満たすことができます。

    n11.comの事例を見る(1:25)

  • クラウドへのOracle Databaseの移行

    Oracle Databaseをクラウドに迅速に移行し、データセンターで高速かつ低レイテンシのデータベース接続を使用することにより、デジタル・トランスフォーメーションが加速されます。

    Kingold Groupの事例を見る(2:03)

  • ピーク時のビジネス要件への対処

    データベースへの負荷が大きく時間的制約のあるアプリケーションの実行、新しいビジネス・プログラムの開始、動的なリソース・スケーリングを活用した四半期決算の迅速化など、さまざまな用途で威力を発揮します。

    Sejel Technologyの事例を見る(1:20)

  • 動的スケーリングによる開発とテスト

    組み込みのML機能とフルスケール・データベースを活用してOracle Databaseのアプリケーションを開発およびテストすることにより、イノベーションを促進できます。料金は使用した分にだけ発生します。

    Dialog Semiconductorの事例を見る(1:34)

Exadata Cloud@Customerの価格設定

Gen 2 Exadata Cloud@Customer Infrastructure

製品
 
月額(米ドル)
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure -X9M – ベース・システム
 
$8,000.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure -X9M – クォーター・ラック
 
$10,800.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure -X9M – ハーフ・ラック
 
$21,600.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure -X9M – フル・ラック
 
$43,200.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Base System Storage Server - X9M
 
$1,600.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Full System Storage Server - X9M
 
$2,160.00
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - XM - 基本システム
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - クォーター・ラック
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - ハーフ・ラック
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - フル・ラック
 


  • Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer Infrastructureは、4年間サブスクライブする必要があります。
  • OCPUは別売りです。最小OCPU購入数は、データベース・ノードごとにOCPU 2個で、ラックあたりの最大OCPU数までです。

Database vCPUs

製品
比較価格(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Database Exadata Cloud - Database vCPU


1時間あたりのOCPU
Oracle Database Exadata Cloud - Database vCPU - BYOL


1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Transaction Processing - Database vCPU


1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Transaction Processing - Database vCPU - BYOL


1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Data Warehouse - Database vCPU


1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Data Warehouse - Database vCPU - BYOL


1時間あたりのOCPU

*複数のクラウド・サービス・プロバイダの価格をさらに簡単に比較できるように、オラクルのWebページには、価格がコンピューティングベースの製品向けのvCPU(仮想CPU)とOCPU(Oracle CPU)の両方の価格が表示されます。製品自体、ポータル内のプロビジョニング、請求などでは、OCPU(Oracle CPU)ユニットを引き続き使用します。OCPUは物理CPUコアを表します。ほとんどのCPUアーキテクチャ(x86を含む)は、物理コアごとに2つのスレッドを実行するため、1つのOCPUはx86ベースのコンピューティングの2つのvCPUsと同等です。お客様にはOCPUごとに2つのvCPUのコンピューティング能力が提供されるため、お客様に請求される1時間あたりのOCPU料金は、先行インスタンスなどのサブコア・インスタンスである場合を除き、vCPU料金の2倍です。OCPUとvCPUの違いの詳細については、こちらを参照してください。

オラクルの適格なオンプレミス・ソフトウェア・ライセンスと変換率(つまり、ソフトウェア・ライセンス・メトリックとクラウドの同等メトリックの比率要件)を含む、Bring Your Own License(BYOL)要件については、Oracle PaaSおよびIaaSユニバーサル・クレジット・サービスの説明ドキュメントをご覧ください。

 

2021年9月28日

Exadata Cloud@Customer X9Mのご紹介 - 最高のオンプレミス・クラウドのさらなる進化

Bob Thome, Vice President of Product Management

”世界最高のデータベース・プラットフォームの最新バージョンであるExadata Cloud@Customer X9Mを発表できることを嬉しく思います。Exadata Cloud@Customerは、Oracle Exadataのパワーを提供しますが、お客様のデータセンターで稼働するクラウド・サービスとして利用可能なものです。」

全文を読む

技術資料

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerの導入およびその他のOracle Cloud Infrastructure機能の構成と管理に関する重要な情報を手に入れて、リソースを最大限に活用しましょう。



関連製品

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer X9M

データセンターで使用できる包括的な自律型データベース

Oracle Exadata X9M

Oracle Databaseを実行するための最も高速でスケーラブルなマシン

Exadata Cloud Service

最も高速で柔軟なOracle Databaseパブリック・クラウド

Dedicated Region Cloud@Customer

データセンターで使用できる包括的なOracle Cloud

Exadata Cloud@Customerの使用を始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudではアプリケーションを無料で構築、テスト、導入できます。


お問い合わせ

Exadata Database Cloud@Customerがどのように役立つかをご覧ください。