該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Exadata Cloud@Customer

Oracle Exadata Cloud@Customer X8Mは、非常に重要なOracle Databaseをクラウドに移動する最も簡単な方法です。データ・センターのファイアウォールの背後で高性能のExadata Cloud Service機能を提供することで、厳格なデータ主権とセキュリティに関する要件を満たすよう支援します。また、パブリック・クラウドのリソース管理機能とオプションのOracle Autonomous Database機能を使用してITワークロードを削減し、これにより手動のデータベース操作が最大80%排除されるため、ITチームはイノベーションの推進に集中できます。

Larry Ellisonがデータ・センター向けの新しいオラクル自律型サービスを紹介します。

Exadata Cloud@Customerの機能

主な差別化要因

Database Cloudのシンプルさ

インフラストラクチャ管理のないセルフサービスの高性能Oracle Database Cloudにより、ユーザー、開発者、ITスタッフの運用効率が向上します。

データ主権

データベースは、データの主権、セキュリティ、ガバナンスの要件を満たすために、データ・センターのファイアウォールの背後で保護されています。

自動管理

オラクルのエキスパートは機械学習を使用してデータ・センター内でExadata Cloud@Customerを管理し、お使いの独自データベースを管理するか、オラクルがAutonomous Databaseを使用してそれらのデータベースを管理するかをお客様に選択していただきます。

データベースのパフォーマンス

データベース・クラウドは、60を超える独自のOracle Database機能、またAWS OutpostsのAmazon Relational Database Service(RDS)と比較して最大12倍のSQL読み取りIOPS、10倍のSQLスループット、および98%低いSQLレイテンシを使用した、より高速の実行および高い統合率を実現しています。

費用対効果の高いクラウドの経済性

リソースをリアルタイムでスケール・アップおよびスケール・ダウンすることでExadata Cloud@Customerはシステム管理コストを削減、Autonomous Databaseは消費コストを最適化し、真の従量制のサブスクリプション価格設定を実現します。

詳細を見る

Exadataのパフォーマンス、規模、可用性

フルスタックのOracle Databaseソリューション

Oracle Cloudのエキスパートが管理およびパッチを適用するフルスタックの統合ソリューションを使用すると、Oracle Databaseを最適化されたパフォーマンス、効率、および規模で実行することがより簡単になります。

高性能

SQLクエリとOracle Machine Learning分析は、持続的なメモリIOアクセラレーションを備えた最大12のインテリジェント・ストレージ・サーバーにオフロードされるため、非常に重要なOLTPアプリケーションと分析アプリケーションの実行速度が向上します。

簡素化されたデータベース統合

Oracle MultitenantとAWS OutpostのRDSと比較して7倍大きなデータベースを使用してより多くのデータベースを統合し、統合されたOracle Database機能を使用して異なるタイプのデータベースを組み合わせることにより、オンプレミスでのITの複雑さを軽減します。

データ損失とダウンタイムなし

組み込みのフォルト・トレランスとローカルおよびリモートの災害復旧オプションにより、非常に重要なOracle Databaseの可用性を高めることができます。

詳細を見る

Autonomous Database

自動スケーリング

アプリケーションのリアルタイムのワークロード要件に基づき、データベース操作を中断することなく、リソース消費を自動的にスケール・アップおよびスケール・ダウンします。

自動調整

Oracle Databaseの実行は継続的に分析および調整され、時間とともに変化するアプリケーション開発、本番トランザクション処理、およびデータ・ウェアハウス・ワークロードのデータベース・パフォーマンスを最適化します。

自動プロビジョニング

新しいデータ・ウェアハウスと開発データベースを数秒でプロビジョニングするセルフサービスのデータベース・クラウドにより、開発チームの生産性が向上します。

自動的な障害管理とパッチ適用

最新のソフトウェア・アップデートとセキュリティ・パッチの自動適用により、障害、メンテナンス、ユーザー・エラー、サイバー攻撃によるダウンタイムからデータベースを保護します。

従量制の経済性

Autonomous Databaseは、実際のOCPU消費量のみに対して請求を行うことで、データベースのコストを最大90%削減します。

詳細を見る

Oracle Database Cloud

統合データベース

Oracle Databaseの複数のデータベース・モデルを使用して革新的なアプリケーションを作成でき、管理や多数の単一目的データベースが原因となるセキュリティの断片化が発生することはありません。

統合データベース管理

ITチームは個々のシステムやデータベース・インスタンスを管理する代わりに、Oracle Multitenantを使用して一度に最大4,096のデータベースを管理できるため、運用効率が向上します。

すべてのデータベース・バージョン

単一システムで複数のOracle Databaseバージョンを使用するか、Autonomous Databaseを実行してデータベースを統合することにより、デジタル・トランスフォーメーションを簡素化します。

データベースの迅速なプロビジョニング

開発者は、高性能なセルフサービスのデータベース・クラウドにアクセスし、フルスケールのデータベースは迅速にプロビジョニングされるため、待機する必要はありません。

Oracle Machine Learning

開発者はデータを移動することなく、データベース・アプリケーションに機械学習(ML)機能を簡単に追加し、MLモデルを最大10倍迅速に構築することができます。

詳細を見る

強力なセキュリティ

多層防御

Oracle Cloudは、重要なOracle Databaseを複数レベルのMLベースのセキュリティで保護し、脅威をリアルタイムで識別して対応します。

エンドツーエンドの暗号化

Oracle Database内のプライベート・データは、保管中や移動中のデータが常時オンの暗号化により保護され、顧客が所有する暗号化キーでバックアップされます。

データ・レジデンシーとセキュリティ

Exadata Cloud@Customerは、すべてのデータベース情報をデータ・センターに保持することで、データ・レジデンシーとセキュリティの要件を満たすのを支援します。

オラクルによるフルスタックのパッチ適用

オラクルはフルスタックのパッチ・セットを作成し、ITチームとその迅速な導入を調整することで、ビジネスを中断することなく脅威とリスクを軽減します。

詳細を見る

高可用性

Oracle Maximum Availability Architecture

Oracle Maximum Availability Architectureの実績あるベスト・プラクティスを使用し、Oracle Databaseデータの可用性と保護を最大化します。

単一障害点はなし

Exadataのフル・サーバー、ストレージ、ネットワークの冗長性により、重要なOracle Databaseに障害が発生しても24時間365日の運用を実現します。

積極的な障害管理

Exadata Cloud@CustomerのAutonomous Databaseは、AIを使用してユーザーが気付く前に潜在的な問題を検出して修正することで、Oracle Databaseの可用性を高めるのを支援します。

Oracle Real Application Clusters(RAC)

Oracle Exadata Cloud@Customerは、Oracle RACによりOracle Databaseのローカル・パフォーマンス・スケーリングと高可用性を実現します。

Oracle Active Data Guard

事業継続性と災害復旧のため、Active Data Guardは同期済みのスタンバイとレプリカのOracle Databaseをデータ・センターまたはオフサイトに維持します。

詳細を見る

低コスト

OCPUあたりのパフォーマンスが向上

Oracle Exadata Cloud@CustomerのOCPUは、他のサービスの仮想コアではなく物理CPUコアによって有効化され、データベース・ライセンスあたり最大2倍の力を実現します。

必要なOCPU数が減少

Oracle Databaseの実行コストは、他のオンプレミスのクラウド・データベース・サービスより最大26%減少します。SQLクエリなどの操作をストレージ・サーバーにオフロードすることで、必要な課金対象のリソース量が減少するためです。

柔軟なサブスクリプション価格設定

包括的またはライセンス持ち込みの価格設定の選択肢や、データベース操作を中断することなく消費をスケール・アップまたはスケール・ダウンする機能により、革新とコストを最適化します。

オンサイト管理が減少

データベース・インフラストラクチャの管理コストがExadata Cloud@Customerでは最大69%、Autonomous Databaseでは最大80%以上削減されます。

詳細を見る

ソフトウェア機能

クラウド・コントロール・プレーン

ユーザーは、暗号化されたWebブラウザ、コマンド・ライン・インターフェイス、またはREST APIを使用してOracle Cloud Infrastructureコントロール・プレーンに接続することにより、データベースを安全にプロビジョニングおよび管理します。

スマート・スキャン

データ集約型のSQLクエリと分析は、データベース・サーバーから処理をオフロードしてデータ転送を最小限に抑えるインテリジェント・ストレージ・サーバーにより、より迅速に実行されます。

持続的なメモリ最適化

OSやネットワーク・オーバーヘッドなしで共有ストレージ・サーバーの最大18 TBの持続的なメモリ(PMEM)に直接アクセスすることにより、トランザクション・アプリケーションのSQLレイテンシは最大90%削減されます。

自動リソース管理

組み込みのIOリソース管理に加え、MLベースの自動インデックス作成とAutonomous Databaseの調整により、データベースは一貫して高速で実行されます。

Hybrid Columnar Compression

データ・ウェアハウスとデータベース・アーカイブを保存してロードするために必要なストレージの量を最大12倍、ストレージベースの圧縮との比較では4倍削減します。

統合されたデータ保護

オラクルのZero Data Loss Recovery ApplianceおよびDatabase Backup Cloud Serviceとのクラウド・コントロール・プレーン統合を使用し、データベースを保護します。


Exadata Cloud@Customer X8Mシェイプ

Exadata X8Mの基本システム

38 TBのNVMeフラッシュ・キャッシュ、74 TBの使用可能なストレージ、最大150万のSQL IOPSを備えた0〜48個のOCPUを有効にします。

Exadata X8Mクォーター・ラック

4.5 TBのPMEM、76 TBのNVMeフラッシュ・キャッシュ、149 TBの使用可能なストレージ、最大300万のSQL IOPSを備えた0〜100個のOCPUを有効にします。

Exadata X8Mハーフ・ラック

9 TBのPMEM、153 TBのNVMeフラッシュ・キャッシュ、298 TBの使用可能なストレージ、最大600万のSQL IOPSを備えた0〜200個のOCPUを有効にします。

Exadata X8Mフル・ラック

18 TBのPMEM、307 TBのNVMeフラッシュ・キャッシュ、596 TBの使用可能なストレージ、最大1,200万のSQL IOPSを備えた0〜400個のOCPUを有効にします。

高性能ネットワーキング

100 Gb/秒のRDMA over Converged Ethernet内部ネットワークでデータベース・クエリを高速化し、アプリケーション・サーバーおよびマルチクラウド環境に対する最大16の25 Gb/秒イーサネット接続を利用します。

クラウド・コントロール・プレーン・サーバー

ネットワークが利用できない場合、2つのローカル・サーバーによりリモートでのオラクル・インフラストラクチャ管理とローカル操作が可能になります。


Oracle Exadata Cloud@Customerの成功事例

何百もの顧客が、Oracle Cloud Infrastructureの管理、サブスクリプションの価格設定、および多層防御のセキュリティの利点を活用して、データ・センター内のOracle Exadata Cloud@Customerで重要なOracle Databaseを実行しています。

AT&T社の顧客ロゴ
Dialog Semiconductor社の顧客ロゴ
Energy Transfer社の顧客ロゴ
Ford Otosan社の顧客ロゴ
Kingold社の顧客ロゴ
n11.com社の顧客のロゴ
Sejel社の顧客ロゴ
Sentry Data Systems社の顧客ロゴ
Vale社の顧客ロゴ

Vale社はExadata Cloud@Customerにより革新、運用の簡素化、コスト削減を実現

Oracle Exadata Cloud@Customerの使用事例

  • データベース・クラウドでデータ主権を維持

    Oracle Cloudの管理とAutonomous Databaseを使用して運用を簡素化しながら、パブリック・クラウド・データ・センターでは不可能なデータ主権と接続要件を満たします。

    n11.com社のストーリーを見る(1:25)

  • データベースを統合

    Oracle CloudのエキスパートとAutonomous Databaseによる最大40:1の混合ワークロード・データベースの統合と管理により、オンプレミスのIT環境の複雑さを軽減します。

    Sentry Data Systems社のストーリーを見る(1:41)

  • Oracle Databaseをクラウドに移動

    Oracle Databaseをクラウドに迅速に移動し、高速かつ低レイテンシのデータベース接続をデータ・センターで実現することで、デジタル・トランスフォーメーションを高速化します。

    Kingold Group社のストーリーを見る(2:03)

  • ピーク時のビジネス要件を満たす

    データベース集約型で時間指定のあるアプリケーションを実行し、新しいビジネス・プログラムを開始するほか、ダイナミックなリソース・スケーリングによって四半期ごとの決算処理を高速化します。

    Sejel Technology社のストーリーを見る(1:20)

  • ダイナミック・スケールで開発およびテスト

    支払いは使用した分だけで、ML機能とフルスケールのデータベースが組み込まれたOracle Databaseアプリケーションを開発およびテストすることにより、イノベーションを促進します。

    Dialog Semiconductor社のストーリーを見る(1:34)

価格

Gen 2 Exadata Cloud@Customer Infrastructure

製品
 
月額(米国ドル)
Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - XM - 基本システム
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - クォーター・ラック
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - ハーフ・ラック
 

Gen 2 Exadata Cloud at Customer Infrastructure - X8M - フル・ラック
 


  • Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer Infrastructureは、4年間サブスクライブする必要があります。
  • OCPUは別売りです。最小OCPU購入数は、 データベース・ノードごとにOCPU 2個で、ラックあたりの最大OCPU数までです。

データベースOCPU

製品
単価
課金単位
Oracle Database Exadata Cloud - データベースOCPU

1時間あたりのOCPU
Oracle Database Exadata Cloud - データベースOCPU - ライセンス持参

1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - 自律型トランザクション処理 - データベースOCPU

1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - 自律型トランザクション処理 - データベースOCPU - BYOL

1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Data Warehouse - データベースOCPU

1時間あたりのOCPU
Exadata Cloud at Customer - Autonomous Data Warehouse - データベースOCPU - BYOL

1時間あたりのOCPU


2020年7月8日

Autonomous DatabaseがCloud@CustomerのAutonomous Databaseよりオンプレミスで新たに使用できるようになりました

オラクル、自律型データベース製品管理担当シニア・ディレクター、Robert Greene

「Exadata Cloud@CustomerのAutonomous Databaseをお使いいただくと、パブリック・クラウドとオンプレミスの両方において、同一のハードウェア、ソフトウェア、価格設定で、セルフサービスで従量課金制のデータベース・クラウドに最もシンプルに変換することができます。」

全文を読む

リソース

Exadataのパフォーマンス

新しいExadata Cloud@Customer機能の紹介

オラクルのEVPであるJuan Loaizaが、Exadataのパフォーマンス向上とOracle Cloudのシンプルさをお使いのデータ・センターにもたらす新機能についてご紹介します。

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerの導入やその他のOracle Cloud Infrastructure機能の構成と管理に関する中核となる情報があれば、リソースを最大限に活用することができます。

関連製品

Exadata Cloud@Customer上のAutonomous Database

データ・センターの完全自律型データベース

Oracle Exadata X8M

Oracle Databaseを実行する最も高速でスケーラブルな場所

Exadata Cloud Service

最も高速で柔軟なOracle Databaseパブリック・クラウド

Dedicated Region Cloud@Customer

データ・センター内の包括的なOracle Cloud

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。


お問い合わせ

Exadata Database Cloud@Customerがどのように役立つかをご覧ください。