Oracle Exadata Database Machine X7

 

自律型データベース・プラットフォームを実現する新たなイノベーション

オラクルは、データベースに最適なプラットフォームとなる次世代のExadata Database Machineで画期的なパフォーマンスを提供します。

オラクルは、包括的なデータ管理ポートフォリオの主要コンポーネントとして業界最高のパフォーマンスとコスト効率を誇るデータベース・プラットフォームに新たなイノベーションをもたらします。

Oracle Exadata Database Machine X7

詳細情報

  • 製品概要
  • 技術仕様
完全に統合。きわめて手頃な価格。
  • ソフトウェア、コンピュート、ネットワーキング、ストレージがシームレスに連携するよう
  • Oracle Database Standard EditionとOracle Database Enterprise Editionをサポートしており、キャパシティ・オンデマンドというソフトウェア・ライセンス方式でpay-as-you-grow (システム規模に応じた支払い)のスケーラビリティを実現
  • Oracle Public Cloudへの統合が可能なオンプレミス向けの設計
  • 最大12.8TBのデータベースをサポート
  • 小規模なデータベース、OLTP、サテライト・オフィスに最適
  • 小規模企業や中堅企業の予算に合わせたエントリレベルの導入価格
  • NVMeフラッシュ・ストレージによりパフォーマンスと信頼性が向上
  • ビジネスの拡大に応じた柔軟なライセンス・オプション
  • オプションでメモリを384GB (12×32GB)まで増設可能
  • 10 GBase-Tまたは25 GbE SFP+のパブリック・ネットワーク
  • データ・ストレージとしてスモール・フォームファクタのフロントNVMe SSDを2基搭載
  • 包括的な障害検出と通知
  • データ処理用に1ラック当たり最大912のCPUコアと28.5TBのメモリを搭載
  • ストレージ内のSQL処理専用に1ラック当たり最大360のCPUコアを搭載
  • 1ラック当たり2~19のデータベース・サーバー
  • 10コアのIntel® Xeon®プロセッサ1基
  • 最大384GB (12×32GB)のメインメモリ
  • データ・ストレージとしての最大12.8TBの高帯域幅NVMEフラッシュ
Oracle Exadata Database Machine X7の特長を見る
 

非類のないパフォーマンス

Exadata X7は、旧モデルより20%高速のスループットを提供します。つまり、350GBのデータベースからは1秒未満で、1TBのデータベースからは3秒未満でデータを引き出すことができます。

 

OLTP読取り/書込みパフォーマンス

フルラックのExadata X7は、1秒当たり480万回の読取りと430万回の書込みを実行できます。24コアのIntel Skylakeプロセッサを搭載したExadata X7は、他ベンダーの同等製品をスループットでは16倍、OLTPのIOPSでは3倍上回っています。

 

ストレージ容量の増加

現在の市場において10TBのディスク・ドライブを備えた唯一のシステムであるExadata X7は、旧モデルと比べてフラッシュ・ストレージの容量が100%増加しています。X7では、各Exadata EPストレージ・サーバーが50TBを超えるRAWフラッシュ容量を備え、Exadataラック1台につき少なくとも3つのストレージ・サーバーを搭載しています。

 

50%のメモリ増加

Exadata X7には、工場でのメモリ増設を注文できるオプションが用意されているため、インメモリ・データベースのような大量のワークロードが高速化されます。

 

接続性の強化

25 Gigabit Ethernet (GbE)で接続するクライアント・システムのサポートが可能になりました。

Introducing Oracle Exadata Database Machine X7
Oracle Exadata Database Machine X7の概要

Exadataは1TBのデータを3秒で分析します。

—オラクル・システム・テクノロジー担当シニア・バイス・プレジデント ホアン・ロアイザ

その他の資料

The Business Value of Oracle Exadata
Oracle Exadataのビジネス・バリュー

Oracle Exadataは、もっとも重要なソフトウェアであるOracle Databaseを実行するために専用設計されているハードウェア・システムです。

Paris Lodron University Doubles Server Performance
Paris Lodron University of Salzburg

University of Salzburgは、Oracle Exadata Database Machineの導入により、サーバーのパフォーマンスとセキュリティを2倍に強化しています。

Staatsbetrieb Sächsische Informatik Dienste (SID)
SID、ザクセンの公共サービスのモダナイゼーションをオラクル製品で加速

Oracle Exadataを使用することで、ザクセンの行政ワークフローが改善され、オンライン・トランザクション処理(OLTP)問合せの実行が30%高速化されました。

お問い合わせ