申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

2021年秋のOracle Cloud ERPアップデート

90日ごとに、業界最先端のテクノロジーをお客様のアプリケーションに提供し、プロセスのモダナイゼーション、手作業の自動化、スピードアップ、イノベーションを実現します。最新情報は以下をご覧ください。

Oracle Liveからの動画ハイライト

イノベーションが不可欠である理由

Oracle SVPのRondy NgとMatt BradleyはSaaSテクノロジーでデジタル財務の変革について議論し、オラクルの四半期ごとのアップデートを適切なタイミングで活用して、企業がどのように急速に拡大し、システムを最適化し、イノベーションしているかを明らかにします。
リプレイを見る(20:01)

イノベーションによる高速化

Lyft、MTN、Squareなど、Oracle Cloud ERPのお客様は、オラクルの最先端のテクノロジーを活用して、イノベーションを推進しており、市場でさらに競争力を向上しています。
お客様の声(2:02)

2021年秋のERP最新情報

調達費用の分類

新しい機械学習(ML)機能によって、調達チームは未分類のビジネス・トランザクションを自動分類して、支出パターンに関するさらに優れたインサイトを提供できます。デフォルトのレポートは、機械学習の精度も把握できるため、チームは明細項目の分類パフォーマンスを継続的に向上できます。調達のプロフェッショナルは、データを収集して清掃するだけでなく、戦略的な購入決定を行う時間が増えています。お客様は、自動的で正確な支出分類によって、サプライヤをさらに戦略的に管理し、交渉のパフォーマンスを向上し、コストを削減できます。


Oracle Intelligent Document Recognition(IDR)

新しい適応型学習によって、請求書スキャンの精度が向上し、タッチレス処理が改善されます。ユーザーが対話型のIDRビューアで修正を行うと、各請求書編集によってマシン・アルゴリズムがトレーニングされ、今後の認識が改善されます。テレメトリ・レポートを使用すると、Payablesユーザーは、継続的なクローズド・ループ学習によるサプライヤ請求書認識率の大幅な増加を確認できます。お客様はIDRのオンボーディングと価値の実現を迅速化し、同時に手作業の財務業務を削減できます。


Oracle Intelligent Performance Management(IPM)Insights

IPM Insightsでは、データ・サイエンスによって、異常、傾向、およびバイアスを検出して、予測の精度を向上し、ビジネス・パフォーマンスの実用的な分析を提供します。大量の財務データと運用データを分析してパターンを識別し、ハイライトします。パターンの多くは、人間には即座に見られない可能性があります。たとえば、期間ごとに予測される重要な指標の傾向があります。このため、財務のプロフェッショナルは、データの追跡と分析に費やす時間を短縮し、貴重な分析と機会に基づいて行動する時間を増やすことができます。


Oracle Fusion ERP Analytics

Oracle Fusion ERP Analyticsは、機械学習を活用して、基礎となる収益性の要因を特定し、運転資本の使用を改善してビジネス・コストを管理できるよう、部門全体のプロフェッショナルを支援するデフォルトのソリューションです。従業員は、HCMとERPのデータを使用して給与および減少の傾向を分析したり、サプライ・チェーンと財務データを使用して調達から支払いまでのサイクルをモニターできます。最新の更新では、Oracle Fusion ERP Analyticsによって新しい支出と調達分析がデフォルトのライブラリに追加されるため、調達と財務のプロフェッショナルは支出業務を管理および改善できます。


Oracle Enterprise Performance Management(EPM)Enterprise Journals

財務チームは、この新機能によって、仕訳入力の作成、管理、および転記を効率化できます。Enterprise Journalsは、Oracle Cloud EPMからOracle Cloud ERP(または既存のERPシステム)に仕訳を直接自動化および転記し、仕訳を管理および追跡する単一の場所を提供します。デフォルトのテンプレートとワークフローでは、仕訳入力プロセスを効率化し、エラーの可能性を減少できます。


Risk Management and ComplianceのAPI

現在、ベスト・プラクティスのセキュリティ・ルールは、ERPアクセスを付与する前に、分析できます。このため、不適切なアクセスだけでなく、プライバシーまたはセグリゲーション(SOD)違反も防止できます。潜在的な問題は、自己学習リスク・グラフ・エンジンによって、アイデンティティ管理ワークフローで検出されます。このエンジンでは、これまでチーム全体でレビューする必要があった複雑なセキュリティ設定を分析できます。このため、従業員が増える期間中、追加のリソースを必要とせずにビジネスのリスクを軽減できます。


新機能を取得するために、大規模なシステム・アップグレードの承認を得る必要はありません。
四半期ごとに提供され、必要に応じて有効にできます。

チポトレ、バイスプレジデント兼コントローラー
Jaime McConnell氏

関連コンテンツ

エンタープライズ・リソース・プランニング

新しいビジネス・モデルに適応し、イノベーションを推進

エンタープライズ・パフォーマンス管理

すべての市場条件で業績を向上

サプライ・チェーン・マネジメント

コネクテッド・サプライ・チェーンで変化を上回る

SCMの最新情報

最新のサプライ・チェーン・イノベーションをチェック

Oracle Cloud ERPを使い始める


デモのリクエスト

当社のエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


お問い合わせ

Oracle Cloud ERPについて当社チームの担当者がご案内します。