該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

財務管理システムとは

さまざまな財務トランザクションを作成、接続、保存、レポートするために設計された財務管理システムの最終的な核となる目的、それは勘定することです。

非常に簡単なことのように聞こえますが、何らかの会計ソフトウェアがなければ組織は生き残ることができません。最も基本的なレベルで、あらゆる組織がビジネス内外の資金の流れを管理するシステムを必要としています。しかし、真に効果的な財務管理システムには、それ以上に収益の最適化、キャッシュ・フローの測定、納税義務に関する判断、コンプライアンスの確保、企業の長期的な持続可能性の維持といった機能が求められています。

会計ソフトウェアの主な利点

財務管理ソフトウェアには、収入、支出、資産を管理および統制するツールとプロセスが含まれています。あらゆる財務管理ソリューションの包括的な目標は、組織の日常業務を維持するだけでなく、利益を最大化し、財務データを不正や盗難から継続的に保護することです。基本的なレベルで、会計システムには次の利点があります。

エラーのない財務管理 今日の組織には、スプレッドシートを使用したデジタル形式の戦術的な経理以上のものが必要とされています。財務管理ソフトウェアは、トランザクションを記録するだけでなく、財務チームが信用管理を維持し、会計エラーを減らし、請求サイクルを短縮化すること、また、常に変化する税法や規制要件に準拠し、毎日、毎月、毎年のキャッシュ・フローを最適化することに役立てる必要があります。
現在と将来の会計基準の遵守 民間企業と公営企業のルールは、国内および国際的な会計基準によって決まります。一連のルール、定義、プロセスとともに、これらの基準で財務情報が正規化されます。しかし、これらの基準は頻繁に変更されます。この数年の間でも、IFRS第15号やASC 606などの新しい基準が施行されました。財務管理システムは、最新の会計基準に対応し、新しい変更にも柔軟に適応できる必要があります。
正確な財務データ 財務ソフトウェアには、基本的な会計処理以上のことが求められています。また、組織において次の事項をサポートできる必要があります。記録の冗長性低減、より優れた予算、予測、プランニングの提供、徹底的かつ適切に分類された費用管理、銀行システムへのシームレスな統合の提供、より正確な監査の実現、すべての資産と負債に関する詳細な追跡記録の維持。
データとシステムのセキュリティ 会計、財務、監査活動では、財務管理ソリューション全体で統合された、完璧なデータ整合性を備えた包括的なシステム・セキュリティも提供する必要があります。
コネクテッド・エンタープライズ・オペレーション 大企業の場合、財務管理ソフトウェアは、企業間、工場間、または部門間の境界を越えて財務データやその他のデータに接続するエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムに含まれています。財務データの統合により、企業プロセスが連携し、複雑さが軽減されます。
成長に対応する拡張性 企業が成長するにつれて、システムやプロセスもまた増大していきます。財務管理ソフトウェアは、こうした成長に応じて市場、地域、製品全体で迅速かつ容易に拡張できる機能を備えている必要があります。
データとシステムのセキュリティ 資金は企業のあらゆる場所で追跡および管理されているため、財務管理システムによって重要なデータを盗難、不正、その他の犯罪から保護できるようにする必要があります。財務管理ソリューションにリスクとコンプライアンスの管理機能が含まれていれば、企業は監査証跡やエラー・チェックだけでなく、これらの機能を活用して企業全体の責任に対する職務分担や役割のマッピングなども行うことができるようになります。

包括的な会計システムの中核機能

財務管理システムによって、組織全体に正確な財務情報が提供されます。このデータを活用することで、財務管理ソフトウェアは、次の機能分野において組織をさらにサポートできるようになります。

元帳:総勘定元帳(GL)と補助元帳
  • ハードウェアやミドルウェアを追加する必要がなくなります
  • インストールと実装にかかるコストを削減できます
買掛金(AP)と売掛金(AR)
  • 財務ソフトウェアには、基本的な会計処理以上のことが求められています。また、組織において次の事項をサポートできる必要があります。記録の冗長性低減、より優れた予算、予測、プランニングの提供、徹底的かつ適切に分類された費用管理、銀行システムへのシームレスな統合の提供、より正確な監査の実現、すべての資産と負債に関する詳細な追跡記録の維持。
資産管理
  • 完全な財務諸表における在庫管理の要件とは、資産の価値と状態を知ることです。財務管理ソフトウェアでは、評価や減価償却に関する正確な財務諸表を提供するために、資産に関連する記述的な情報を含む資本データと運用データが必要となります。
回収管理
  • サプライヤーと顧客に関係する回収の管理は、財務管理ソフトウェアの重要な機能です。包括的な回収管理により、顧客のランク付け、回収戦略の確立、回収の支払管理、破産した顧客の後期回収の開始が容易になります。
従業員の経費管理
  • 従業員の経費レポートの生成と処理は、財務管理システムの中核的な要件です。主要な機能として、従業員が自らエントリを作成し、それらの経費をプロジェクトや出張経費にマッピングする機能が含まれている必要があります。
レポート作成と分析
  • 財務管理ソリューションでデータを取得、整理、分析すると、企業の運用パフォーマンスや特定時点での財務状況に関する有意義なインサイトが得られます。最も効果的に行うには、財務管理ソフトウェアにネイティブ・レポート作成ソリューションを組み込む必要があります。
  • 財務管理ソリューションがセルフサービスでのレポート作成機能とデータの視覚化機能を備えた多次元レポート・プラットフォームも提供する場合、ユーザーはリアルタイムで情報へアクセスできるため、企業は財務パフォーマンスをさらに向上させることができます。
収益管理
  • 財務管理システムの収益管理アプリケーションによって、ASC 606やIFRS第15号などの基準や規制への準拠が自動化され、監査されます。
危機管理
  • 財務管理ソリューションでは、企業内外における盗難や不正を監視し、それらから保護するために、職務分担(SOD)と支払ルールを管理するための内部統制ツールと監査ツールを提供しています。

ERPシステムから取得される必須レポート

ほとんどの財務管理システムには、企業データを動的に可視化する優れた機能が搭載されています。前世紀のERPソフトウェアは、大量のビジネス・データをキャプチャする点については優れていましたが、レポートを作成するのは困難でした。それが当時の状況でした。

今日の組織は、収益の改善、運用の合理化、意思決定の向上に財務データを活用できる機能を求めています。近年、レポート作成やその他のデータ出力と監視機能が、組織にとって非常に重要になっています。財務管理システムに必要とされるレポート作成機能は、こうしたニーズに対応するため急速に進化しています。

少なくとも、すべての企業が、月末締め、四半期締め、年次締めの報告書と、収入、費用、残高に関する基本的な財務諸表を作成する必要に迫られていることは確かです。これらの報告書は常に入手できましたが、こうした報告書の調整や、他のニーズに伴って派生する追加を行うことは容易ではありませんでした。

テンポの速いビジネス環境において、事前に構築されたレポートを生成し、アドホックな出力を簡単に作成する機能は、あったら便利な機能ではなく、今や財務管理システム・ソフトウェアには不可欠な要件となっているのです。詳細なデータ分析、情報の視覚化、運用の可視化向上、ナラティブ・レポートの要件を追加することで、企業はERPソフトウェア・ソリューションをenterprise performance management(EPM)ソリューションなどの高度なレポート・システムと簡単に連携する必要があることをすぐに発見できます。

パフォーマンスと財務プランニングの向上:財務管理システムには、借方と貸方の通貨メカニズムを管理し、いくつかのレポートを発行する以上の機能が備わっていることが理想的です。適切に設計された財務管理システムは、運用プロセスを合理化し、それらをベスト・プラクティスに合わせることで業績と収益の改善につなげます。また、従業員が会社や機関を変革できるような、戦略的(戦術的ではない)活動に時間と労力を費やすようになるため、彼らの生産性も向上します。

総勘定元帳を越える機能:組織が新しい市場に参入し、新しい地域へと拡大し、特に自らが招いた市場の混乱に対処する場合は、財務管理ソリューションを迅速に拡張し、追加された法的要件やレポート要件、追加資産、短期や長期の新たな負債、商品とサービスに対するより適格なサプライヤー、各国における従業員の給与とポリシーを処理するインフラストラクチャに対応する必要があります。

次世代の人材に関するプランニング:現在の従業員が次々と引退し始め、後を継ぐミレニアル世代が採用されている中、次世代の従業員を引き付けることが優先事項となっています。財務管理システムでも、直感的なユーザー・インターフェイス、使いやすいデザイン、ソーシャル・メディアやミレニアル世代がすでに利用しているようなソーシャル・ツールを組み込むことなどで、デジタル・ワーカーの期待に応える必要があります。

オラクルの財務管理システム向け最新ソフトウェアとソリューション

オラクルでは、組織がデジタル経済で先を行くために役立つ、最新のクラウドベースの財務管理ソリューションを提供します。この包括的なソリューションには、次の機能が含まれます。

革新的なレポート作成 事前に作成されたレポートやアドホック・レポートに対応する堅牢でリアルタイムなレポート作成機能とOracle EPM Cloud アプリケーションへの事前に構築された統合機能を実現します。俊敏性の高い正確なレポート作成機能により、企業はつながりのないスプレッドシートや断片的なレポートから抜け出して、これまで以上に迅速に対応し、企業全体でプランニングを調整できるようになります。
安全でグローバルなインフラストラクチャ

業界をリードするオラクルのデータベースで構築された最先端のデータセンターを活用し、オラクルが所有、設計、管理するグローバル・インフラストラクチャによる大使館級のセキュリティを実現します。このインフラストラクチャを活用することで、オラクルの財務管理ソリューションは国内のデータ・レジデンシーの要件に完全に対応できます。

卓越したスケーラビリティ オラクルのクラウド・ソリューションは、大容量かつ高速なスケーラビリティを実現します。テストでは、財務トランザクションの複雑なセットの処理が、1時間あたり3億6,000万件を超えるという記録をたたき出しました。
包括的な財務管理

オラクルでは、主な会計と財務用アプリケーション、経費管理、危機管理、コンプライアンス、直接的および間接的調達プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)において活用できる、最も包括的な財務ソリューションを提供しています。

直感的なユーザー・エクスペリエンス

オラクルでは、最新の設計パラダイムとソーシャル・ツールによって保証された、生産性を最大化し、コラボレーションを促進するのに役立つ最新のユーザー・エクスペリエンスを用意しています。

完全なエンドツーエンドのエンタープライズ・ソリューション

次のようなすべての一般的なビジネス機能に対して事前に構築されたネイティブな統合が行われた企業を通じて、データのサイロ化の排除、優れたビジネス・インサイトの取得、一貫したワークフローの構築を実現します。人事(HCM)サプライ・チェーン管理(SCM)製造セールス・フォース・オートメーション(CRM)サービス・サポート

ベスト・プラクティス

180以上ものビジネス・プロセスに対応するOracle Modern Best Practiceで、財務の俊敏性が向上します。オラクルの財務管理ソフトウェアは、これらの革新的なプロセスと連携して、組織の生産性の加速、閑散期の短縮、リアルタイムでのインサイトの検出をサポートします。

最新の財務管理ソリューションにおけるクラウドの考慮事項

上記の設計原則に加えて、財務管理ソフトウェアのオンプレミスからクラウドへの移行を推進する3つの主要な運用コンセプトがあります。3つのコンセプトとは、以下の通りです。

機能するソフトウェア。単に仕事をこなすソフトウェアではない

従来の財務管理システムでは、従業員やコンサルタントによる多くのメンテナンスが必要でした。これらのオンプレミスのERPおよびEPMパッケージでは、最新かつ安全な状態を維持するために、さまざまなプロジェクトに対してバグの修正、パッチ、アップグレードが定期的に必要となり、多くの場合、それらが立て続けに発生していました。クラウドベースの財務管理ソフトウェアを使用すると、追跡、診断、インストール、テストに伴う手間が、顧客からベンダーへと移行します。システムの修正するための継続的な作業は、システムが代わりに行います。

高額な投資の回避

レガシー・システムは、稼働を維持するためだけでも多大な時間、労力、費用が必要です。クラウドベースの財務システムでは、アップグレード、障害復旧、ハードウェアの更新、バックアップ、カスタム・コード管理がすべて、サービスの一部として処理されます。

正確な財務データ

財務ソフトウェアには、基本的な会計処理以上のことが求められています。また、組織において次の事項をサポートできる必要があります。記録の冗長性低減、より優れた予算、予測、プランニングの提供、徹底的かつ適切に分類された費用管理、銀行システムへのシームレスな統合の提供、より正確な監査の実現、すべての資産と負債に関する詳細な追跡記録の維持。

省スペースの実現

将来のユーザーや潜在的なプロジェクトのために追加のライセンスを購入するという古い慣習は、最新の財務管理ソフトウェアによって終わりを告げました。クラウドのSaaSサブスクリプション・モデルにより、企業は必要なライセンスを使用し、成長するにつれてユーザーや製品を追加できます。シェルフウェアへの設備投資は、前世紀のコンピュータ・サイエンス業務として消え去ったもう1つのITの遺物です。

クラウドは次世代の財務管理システムを推進する

財務管理ソリューションがデジタル世界の要求を満たすために進化してきたことは、言うまでもありません。そして、この変革の鍵となっているのがクラウドです。クラウドによって、ERPや財務ソリューションが、基本的なバックオフィスの会計ソフトウェアからイノベーション向けに設計された包括的でミッション・クリティカルな統合ソリューションへと進化していきました。企業が新たな破壊的要因と競争圧力に直面しても、この新しい標準に合わせて設計された最新の財務管理システムがあれば、将来のための財政強化を実現できます。