該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Platform Virtual Summit ~ オラクルの開発責任者が語る、データマネジメントの未来


オラクル本社責任者が、クラウド製品戦略、データマネジメントの未来について語ります。社会インフラ、エンタープライズ企業のビジネス基幹システムを支援し続けるOracle Database。その製品開発責任者がデータマネジメントのこれからや、トレンド、企業においてのデータ活用についてのヒントをご紹介します。

Watch the replays
過去の動画はこちら

「オラクル本社の開発責任者が語る、アナリティクスの未来」拡張分析でビジネスに変革を (50:03)

データは様々な業務においてデジタルトランスフォーメーションの中心です。データドリブンな業務を行うには、すべてのビジネス ユーザーをはじめ、アナリスト、データ サイエンティスト、データ エンジニアがその生産性を高め、効果的なコラボレーションを実現するアナリティクス プラットフォームが必要です。ここでは、データの可視化と分析に対するニーズを包括的に提供するアナリティクス プラットフォームとERPやHCMなどのOracle SaaSアプリケーションと密接に連携したソリューションをご紹介します。

Oracle Cloud ウェビナー特別編|次世代クラウドデータウェアハウス 〜 誰もがデータ活用できるセルフサービス分析と機械学習 (53:07)

データはあらゆる組織にとって重要な資源です。その価値を最大化できる基盤である、オラクルのクラウドデータウェアハウス(Oracle Autonomous Data Warehouse)は、今回、セルフサービス機能を大幅に拡張しました。データ利用者が、自らデータの取り込み、洞察、機械学習を迅速に実行し生産性向上に役立てることが可能です。本録画では、セルフサービス機能のご紹介、デモンストレーションとともに、国内企業を含む活用事例をお話します。

Oracle Cloud ウェビナー特別編 | ISV Virtual Summit SaaS開発を支える、クラウド基盤の進化と真価 (55:22)

本動画は2021年3月25日に開催された 「Oracle Cloud ウェビナー特別編 | ISV Virtual Summit - Enterprise SaaS開発を支える、クラウド基盤の進化と真価」 の収録動画になります。
本ウェビナーでは、レガシ―資産をクラウドテクノロジーを使ってSaaSサービス開発においての課題解決と設計方法、そして選択方法など、さまざまな角度からご紹介させていただき、SaaSビジネスへの活性化に役立つ内容をご紹介します。

The Modern Data Warehouse (20:13)

〜 次世代データウェアハウス基盤で広がるデータ相乗効果の加速 ~

オラクル・コーポレーション
アンドリュー・メンデルソン
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
データベース・サーバー技術担当

Lowering Costs with Database Consolidation (41:28)

〜 コスト削減へ! データベース集約による統合・合理化 ~

オラクル・コーポレーション
コディー・ウママゲスワラン
シニア・バイス・プレジデント
Exadata開発担当