Back to Hospitality: ポストCOVIDの世界でより賢く、より利益を得るために

ゲストは再び旅を始めようとしています。最高のゲスト・エクスペリエンスを提供するテクノロジーで彼らを歓迎しましょう。Skiftとオラクルによる2021年の「Back to Hospitality」レポートで、ホスピタリティの新しい世界を探りましょう。

ホスピタリティにおけるイノベーション、レジリエンス、成長を加速させる4つのカギ

客室以外の収益

ホテル経営者は、後退したビジネスを回復するために、客室以外の収益に重点を置き、既存の商品やサービスをより効率的に収益化し、アップセルの機会を活用する方法を探っています。

短期レンタルとの競争

短期レンタルとの競争が激化する中、ホテル経営者は、自社の特性を活かしたマーケティングや、ゲストが「地元の人のように暮らす」ためのアメニティやサービスの提供など、新しい取り組みで対抗しています。

ホテル運営の見直し

ホテル経営者は、パンデミック以前のビジネス運営方法をそのまま続けられると考えてはいけません。業界のリーダーたちは、収益性を向上させ、ゲストのロイヤルティを獲得するために、流通、マーケティング、スタッフトレーニングなどのオペレーションを再考しています。

テクノロジーのアップグレード

2020年の課題として、24時間365日データにアクセスでき、コラボレーションを促進し、変化するビジネスニーズに迅速に対応できるホスピタリティITの必要性が浮き彫りになりました。そのため、ホテル経営者の間では、より少ない労力でより多くのことを実現するクラウドソリューションへの関心が高まっています。

ホスピタリティ回復のためのSkift地域別事例

アジア太平洋地域の事例

ホスピタリティ回復のための戦略

欧州の事例

ホスピタリティ回復のための戦略

ラテンアメリカの事例

ホスピタリティ回復のための戦略
Skiftのロゴ

調査方法

本レポートは、参加者(500名以上のホスピタリティ企業の経営者と5,000名弱の消費者)の専門知識と経験から得られたインサイトをもとに、ホテル経営者が適切な機会と課題をより良く理解できるよう作成されています。また、本レポートは、この極めて重要な回復期にあるホテル業界に情報を提供し、その指針とすることを目的としています。

ホテルが計画している客室外収入の獲得方法

多くのホテルが新しいサービスの提供を試みた1年が経った今、本調査では、どの新商品やサービスが最も可能性を秘めているのかを探っています。また、ホテルがこれらのエクスペリエンスをより効率的に収益化および商品化する方法についても検討しています。

客室以外の収益機会

「2020年以降、ホスピタリティ事業では、売れ残った客室からのビジネスを補完するために、客室外収益を拡大する新たな機会を探っています。」

客室以外: エグゼクティブの解見

顧客が購入するかどうか

多くのホテルが、宿泊客や非宿泊客に対して、客室以外の様々な商品やサービスを販売するようになりました。それらが自分のニーズに合っていると仮定した場合、あなたはこれらのアイテムをホテルから購入することにどの程度興味がありますか?

客室以外: 消費者の解見

短期レンタルに対抗するための戦略

2020年は、短期レンタル物件に対する旅行者の需要が大幅に増加しました。今年の調査では、短期レンタルの最も魅力的な特徴やアメニティ、そしてホテルが今後より競争力を高めるためにどのようなアメニティ、機能、マーケティング戦略を採用すべきかを検討しました。

短期レンタルの競合他社

あなたの企業では、短期レンタルとの競争力を高めるために、以下のような物件や客室の変更を検討されていますか?

短期レンタル: エグゼクティブの解見

レンタルの決定要因

ホテルではなく短期レンタルに滞在することを決定する上で、次のどの特徴が最も重要ですか?

短期レンタル: 消費者の解見

スタッフの配置からマーケティングまで、進化するオペレーション

パンデミックにより、多くのホテルがスタッフの配置、オペレーション戦略、リモートワーク計画、ゲスト・エクスペリエンスの変更など、厳しい決断を迫られました。今年の調査では、ビジネス運営を改善するために2020年にホテルが学んだこと、また、旅行が再開し始めたときに、パンデミック期に変更したオペレーションを継続する予定なのかを調査しています。

成功のためのトレーニング

「新たな客室外収入の機会を創出する計画を推進するために、スタッフに追加のトレーニングや教育を提供する予定です。」

オペレーションを再考する

販売戦略

新たな客室外収入商品・サービスを販売するために、あなたの企業の流通戦略をどのように調整しますか?

オペレーションを再考する

クラウドとテクノロジーのアップグレードでコラボレーションとアジリティを促進

多くのホテルでは、テクノロジーへの投資は通常、長期的なスケジュールで行われます。しかし、2020年には、ホスピタリティのIT部門が実施するさまざまな変更が加速されました。この調査では、クラウドベースのソフトウェア、コラボレーションを促進するデジタルツール、ゲスト・エクスペリエンスの改善などのテクノロジー・ソリューションの導入について調査しました。

ホスピタリティ・テクノロジーの導入

「Covid-19の大流行が、私たちのホスピタリティ・ビジネスにおける新しいテクノロジーの導入を加速させました。」

テクノロジー・アップグレード: エグゼクティブの解見

顧客の期待

あなたが再び旅行したいと思うようになった時、次のうちどのようなホテル体験の変化をホテルに期待しますか?

テクノロジー・アップグレード: 消費者の見解
Skift

Skiftは、旅行業界最大のインテリジェント・プラットフォームとして、主要な業界セクターにメディア、インサイト、マーケティングを提供しています。日々のニュース、リサーチ、ポッドキャスト、Skift Global Forumカンファレンスを通じて、業界を形成するマーケティング担当者、戦略家、技術者にとって最も重要なトレンドを読み解き、定義しています。

SkiftX

SkiftXは、Skiftの社内コンテンツ・マーケティング・スタジオで、Oracle Hospitalityと協力してカスタム・プロジェクトに取り組み、世界最大の旅行意思決定者やインフルエンサーを取り込んでいます。

Oracle Hospitalityソリューションの詳細


ツアーを見る

クラウド・ベースのホテルPMSを実現する

OPERA Cloud Property Managementの機能と特長を詳細に説明する製品ツアーでは、ホスピタリティ・ビジネスのさまざまな可能性を紹介しています。


お問い合わせ

製品エキスパートに問い合わせる

ビジネスを変革するオラクルの一連のホスピタリティ製品とサービスについてご紹介しています。