申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Payroll Core データシート

政府間組織および非政府組織向け

主要な機能

  • 複数通貨での可処分所得の支払いが可能
  • 従業員や管理職のためのセルフサービスツール
  • 給与計算、HCM、勤怠管理を1つのプラットフォームで一元化
  • 複雑なコーディングやITサポートなしで簡単に設定可能な包括的な計算ツール
  • 国連合同職員年金基金(UNJSPF)などの年金システムとの連携能力
  • 総勘定元帳とプロジェクト財務管理ソリューションの両方にコストを配分する能力
  • 自動化された遡及計算

主なメリット

  • 簡単にアクセス可能で柔軟な給与計算で、従業員エクスペリエンスを向上
  • 複雑さを軽減することで、従業員が有意義な仕事に集中できる時間を確保
  • AI、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、機械学習を活用した業務の自動化
  • 給与計算期間の終了を待たずに、給与計算サイクルを通じて継続的にデータにアクセスし、監査可能
  • 勤務時間、休暇欠勤、給付、報酬などを統合して、情報をシームレスに収集して給与計算を処理できます
  • 監査機能、セキュリティ、レコード管理の向上

会話に参加しましょう

Oracle Payroll Coreは、柔軟性の高い給与管理ソリューションです。政府間機関や非政府機関などの組織は、単一の人材管理(HCM)ソリューションを使用して、複雑な国際給与規則に準拠した給与を簡単に設定できるため、時間とリソースを節約することができます。

給与計算の設計

Oracle Payroll Coreでは、給与の構成要素である事後調整、手当、勤務地、教育クレジット、危険手当、移動手当などを設定することができます。従来の給与計算ソリューションは、特定の国の給与規則に準拠するように設計されていることが多く、国際的な給与規則を管理するための柔軟性に欠けています。Oracle Payroll Coreを使用すれば、多様な国籍の従業員の給与計算に必要な国際的な給与規定に準拠することができます。

給与計算の簡素化

人事と給与計算をリンクさせる完全に統合されたソリューションで従業員の支払いを管理し、手動入力の必要性を減らし、従業員情報へのリアルタイムのアクセスを提供します。Oracle Payroll Coreは、1つの統合されたシステムで給与計算プロセスを自動化および効率化することにより、組織全体の可視性を向上させます。さらに、Oracle Fusion Cloud HCMと統合された組み込みの機能を活用し、給与計算フローの自動化やデータの検証を行い、給与計算の正確性を確保できます。

従業員の能力強化

オラクルは、HCMと統合された柔軟なソリューションによって給与計算の複雑さを軽減し、従業員が有意義な業務に取り組める時間を確保します。複雑なコーディングやITサポートなしに計算ツールを簡単に設定できます。また、カスタマイズではなく、先進的なプラクティスに基づく、組み込みの効率的な給与計算を活用することができます。給与明細や年末調整表の閲覧、銀行情報の更新など、どのデバイスからでもアクセスできるセルフサービス・ツールで従業員の能力を高めます。

従業員のための最新の給与計算

単一の次世代クラウド・プラットフォーム上にネイティブに構築されたセキュアなセルフサービス・ツールを使用して、従業員エクスペリエンスを向上させ、ビジネスのアジリティを高めることができます。

スプレッドシートを使わない: 給与計算システムをカスタマイズして、企業独自の給与計算ルールに順守させます。こうすることで、複雑なスプレッドシートを使って手動で給与を計算する必要がなくなり、時間を節約することができます。

いつでもどこでも支払い:世界中の従業員にいつでもどこでも、複数の通貨で可処分所得の支払いができます。Oracle Anytime Payは、従業員が給料日を待たずに、必要なときに稼いだ給料にアクセスできるようにすることで、経済的な柔軟性を提供します。

プロセスの効率化: 給与計算、HCM、勤怠管理を単一のプラットフォームで統合し、システム間の手動入力の必要性を減らすとともに、従業員情報へのリアルタイムのアクセスを提供することにより、給与管理をより簡単に、よりセキュアに行うことができます。

リスクの最小化: グローバル、ナショナル、ローカルの給与関連法規を網羅する自動更新により、コンプライアンス・リスクを最小化します。