申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Time and Laborデータシート

主要な機能

  • 従業員および臨時従業員のあらゆる種類の時間入力(打刻、期間、例外、ポジティブ)をサポート
  • Time Clock対応、Web Clock(Oracle Cloud HCMによるTime Clockシミュレーション)対応
  • アカウンタビリティを確保するための柔軟な承認
  • ユーザーのニーズに合わせて様々なタイプのタイムカードを作成可能
  • 複数アサイメントのサポート
  • 時間外労働、割増計算、タイムエントリー検証のためのビジネス主導のルールを設定可能
  • Oracle Absence Management and Projectsによる統合的な時間入力
  • コストとロケーションコードに対応する時間を報告
  • タイムカード一括作成、一括時間入力、一括承認
  • あらゆる給与計算ソリューションに時間データを送信

主なメリット

  • 時間に関する社内および外部ポリシーの遵守を支援
  • 給与計算の準備時間を短縮
  • 給与規程の正確な適用により給与ミスや調整を削減
  • 企業全体で信頼できる唯一の情報源(SSOT)を活用

会話に参加しましょう

市場の変化が激しく、不確実性が高まる中、企業は従業員や臨時従業員のさまざまな時間記録へのニーズをリアルタイムでサポートすることが困難になっています。Oracle Time and Laborは、最も貴重なリソースである従業員をより可視化し、管理しやすいように設計された、完全で使いやすいルール・ベースの時間記録および管理ソリューションです。

迅速かつシンプルな時刻入力・送信を実現

タイムカード・コンポーザ: さまざまな従業員のユニークなニーズに合わせて、時間入力のレイアウトを設計できます。いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、時間の追跡と管理ができる、モバイル対応のユーザー・エクスペリエンスを提供します。

Web Clock: 設定可能なWeb Clockにより、位置情報に基づいたアクセスで取得時間の信憑性を確保し、受信した時間イベントにルールを適用することができます。例えば、管理者が勤務予定時間の例外に対処しなければならない場合など、時間登録から給与計算処理まで、ほぼ完全に自動化することができます。Web Clockで取得した時間は、カレンダーやタイムカードと組み合わせて、さまざまな時間管理のビジネスプロセスに役立てることができます。

コンプライアンス・アラートとアテステーション: 従業員がWeb Clockやレスポンシブ・タイムカードを使用して時間を報告する際に、追加情報を共有してもらうことで、従業員が時間に関するポリシーや規制を遵守しているかどうかを判断します。指定したイベントやアクションが発生したときに、アテステーションが表示されるように設定できます。インテリジェンスを活用して、想定される行動を監視し、想定外の事態が発生した場合にはアラートを発信して、違反を最小限に抑えます。

ビジネスニーズに合わせた人材配置

柔軟なシフトスケジュール:柔軟なシフトスケジュールは、管理者が人件費を削減し、従業員の生産性と満足度を向上させるのに役立ちます。シフトスケジュール機能により、管理者は作業者に作業シフトを割り当てながら、作業者の空き状況、祝日、契約時間などの情報を確認できます。管理者またはスケジュール担当者は、シフトを簡単にドラッグ&ドロップして変更を行い、時間を更新し、猶予期間を含む他のシフト詳細を編集できます。また、簡単に作業者のシフトを入れ替えることもできます。組み込みの分析機能により、管理者やスケジュール担当者は、シフト変更によって人員過剰や人員不足の懸念が生じた場合に、それを確認することができます。管理者やスケジュール担当者は、作業者とビジネスニーズが一致するようシフトが割り当てられていることを確認できたら、作業者に変更内容を公開できます。

時間外労働・割増賃金: タイムカード提出前に、残業時間や割増賃金をリアルタイムに計算し、レビュー画面に表示します。また、複雑な組合規則、グローバル規則、独自のポリシーを適用することができます。

柔軟な時間入力の承認機能: Time and Laborは、タイムカードの承認を管理するための標準的なメカニズムを使用しています。複数のアサイメントを管理するラインマネージャー、プロジェクト・マネージャー、コストセンター・マネージャーなど、すべての承認者を指定することが可能です。複雑なルーティングにも対応し、承認プロセスにおいて従業員を指定することも可能です。例外的に承認が必要な場合のみ、ルールを使用することができます。タイムカードの一括承認機能を活用することで、タイムカードのグループを概要レベルで確認し、ワンクリックで承認することができます。

人件費の分析とコントロール

役割に応じたビジネス分析とインテリジェンス: 人材管理のための機能を備えたOracle Transactional Business Intelligenceは、デバイス、環境、および消費チャネル全体にわたって、要件およびユーザーに関するカスタマイズされたインサイトを提供します。

Oracle Cloud HCM

採用から退職までのあらゆる人事プロセスをつなぐ、完全なソリューションです。