申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Cloud Scale Billing – 請求と収益の管理(BRM)に関するクラウド・ネイティブ・システム

請求、請求書支払、およびサブスクリプション、回収、売掛金、決済の管理のための柔軟で幅広い機能を備えた、仲介、請求、収益の管理に関するクラウドネイティブなシステムを使用して、あらゆる規模であらゆるものに対して請求できます。

オラクル、請求を1,000万件のエンタープライズ・アカウントに拡大。

クラウドスケール請求の特徴とメリット

通信サービスプロバイダ(CSP)やインターネット・コンテンツ・プロバイダ(ICP)がOracle Cloud Scale Billingを使用している理由を解説します。

柔軟な請求モデル

サブスクリプション請求、ホワイトラベル請求、および代理請求モデルなど、新たなサービスやビジネスモデルをサポートします。オラクルのソリューションは、複雑な収益認識を処理できるよう柔軟な契約管理を実現します。

包括的な請求処理

正確な請求処理エクスペリエンスを提供し、顧客満足度を確保できます。オラクルのBRMシステムには、支払、回収、請求、売掛/未収金、課税、一般会計の統合、およびレポートの包括的な管理が含まれます。

複雑な階層構造をサポート

B2C、B2B、およびB2B2Xモデル用のこの一元的な統合ソリューションにより、CSPは柔軟なグループ・アカウント・プラン、請求時割引、調整、定型料金、使用料金、購入料金などのオファーを簡単に開始できます。

パートナー収益決済

収益ライフサイクルの各段階で正確な説明責任を確保しながら、任意の収益ストリームを収益化します。オラクルのソリューションは、B2B2Xのパートナー決済やパートナー主導の新しいビジネスモデルをサポートしています。

ODAに適合したローコード・プラットフォーム

Cloud Scale Billingは、IT、ネットワーク、および事業部門の緊密な連携を実現するOpen Digital Architecture(ODA)に適合したプラットフォームとして製品化されています。技術的な知識のない業務専門家が、ローコード構成ツールおよび価格設定ツールを使用して、迅速にイノベーションを実現できます。

Open APIに適合

Open APIのアプローチにより、最新のデジタル・エクスペリエンスおよび複雑さを増すバリューチェーンとの統合が簡単になり、ベンダーロックインのリスクを相殺できます。

TM Forum SID認定の価格設計

TM Forum認定の価格設計により、ビジネスユーザーは、直感的なWebベースのナビゲーション・ワークフローを使用して、新しいオファーを迅速に構成できます。製品化された機能が、新しい収益化サービスを迅速に実験できるよう、さらにサポートします。

既存の製品カタログとの統合

状態変更通知を受け入れ、データモデルを変換できる統合フレームワークにより、業務を簡素化し、既存のTMF 620製品カタログへの投資を保護できます。

クラウドネイティブ

コンテナ化およびオーケストレートされた環境にデプロイして、クラウド・インフラストラクチャおよびDevOps CI/CDツールを活用できます。イノベーションを加速させ、業務を効率化し、ビジネスニーズの高まりに合わせて拡張できます。

業界標準の可観測性の活用

クラウドスケール請求を使用すると、業務を簡素化し、リアルタイムの運用ビューを実現できます。ソリューション全体で、Kafka通知フレームワーク、メトリック収集用のPrometheus、システム全体のデータダッシュボード用のGrafana、およびロギング用のElasticsearch、Fluentd、Kibanaスタックを使用します。

柔軟な導入モデル

包括的なマルチサイト・デプロイメント・オプションは、ディザスタ・リカバリおよびビジネス継続性のニーズを満たすように設計されています。ファイアウォールの背後にあるプライベートクラウドまたはパブリック・クラウド・インフラストラクチャにデプロイします。

Oracle Communicationsに関するお客様事例をご確認ください

他のお客様事例も見る
Grupo Globo、Oracle Communications Billing and Revenue Managementにより新しいコンテンツ製品とサービスを収益化
INAP社、オラクルによる収益化を活用してクラウドビジネスを拡大
Dell社、ビジネスモデルを「サービスとしての収益化」にシフト
SiriusXMがOracle Monetization Cloudを活用して業務を拡大
ORS社、オラクルによる収益化を活用しながらメディアをデジタルに変換

クラウドスケール請求のパフォーマンス

  • 1,000万件のエンタープライズ・アカウントに対するクラウドネイティブ請求のパフォーマンステスト

    Cloud Scale Billingの請求に関する優れたスループットと効率を実証するために、Oracle Cloud for Telcosを使用して負荷とパフォーマンスについてのテストを実施しました。パフォーマンスの結果では、1時間当たり229万件の請求アカウントと8分間で680,000件の請求書アカウントを処理するスループットが測定されました。このテストにより、CSPが世界最大の企業(240万人の従業員)と同等の規模の請求処理を4時間で完了できることが証明されました。

    Oracle Cloud Scale Billingのパフォーマンステストのレポートを読む

「Equifaxは、DevOpsの原則に沿って業務効率と自動化を向上させる、クラウド・ネイティブ・アーキテクチャを採用する際の重要な変革要件をサポートするために、Oracle Billing and Revenue Managementのクラウド・ネイティブ・デプロイメントを選択しました。これによって、当社は、運用コストを削減しながら、より優れたビジネス上の敏捷性、スピード、イノベーションを実現できるようになりました。」

Gautam Tulsian氏

Equifax社、グローバル財務担当SVP兼CIO

クラウドスケールのコンポーネント

  • Oracle Communications Offline Mediation Controller

    このキャリアクラスのコンバージェント課金仲介ソリューションは、5Gおよびハイブリッド4G/LTE/5Gネットワーク、および非電気通信事業者アプリケーションを含む複数のネットワークタイプ向けに設計されています。ネットワークデータの包括的な収集、集計、関連付けを実現します。

    データシートを読む(PDF)

  • Oracle Communications Billing and Revenue Management

    この機能豊富な製品では、さまざまな業界にまたがるサービスプロバイダが必要とする収益ライフサイクルの各フェーズを分析、評価、最適化する継続的プロセスがサポートされています。サービスプロバイダやパートナーと顧客の収益関係に関する包括的なインサイトとインテリジェンスを提供します。

    データシートを読む(PDF)

ヒースロー空港、Oracle Cloud Scale Billingを導入

Oracle Communications Digital BSS Express

01迅速化

Oracle Cloud Scale Billing上に構築されたDigital BSS Express(DBX)は、Oracle Communications Consultingが提供する事前統合済みで拡張性に優れたビジネス・サポート・システム(BSS)ソリューションであり、固定回線サービスやモバイルサービスをサポートします。

02将来に対応

DBXは、注文、プロビジョニング、評価、課金、請求、顧客のケア、Webベースのケア、および顧客ライフサイクル管理をすべてデフォルトで提供しており、必要に応じて拡張できます。

DBXの動画を見る(1:51)

03俊敏

オラクルのBSSソリューションは、アカウントと請求の複数の関係、卸売と小売のビジネスモデル、および流通業者のデリバリチャネルをサポートします。また、業界標準に基づく、事前構築済で柔軟かつ適応可能なビジネスプロセスも提供します。

04優れたコスト効率

スケーラビリティ、パフォーマンス、および拡張性を備えた、固定運用コストの低い最新のデプロイメントモデルを実現する、オラクルのキャリアグレード製品は、マネージドサービスとして提供でき、Oracle Cloud Infrastructure上にデプロイできます。

ビジネスモデルの再考による、優れたB2Bカスタマー・エクスペリエンスの提供

Lightstorm社CEO、Amajit Gupta氏

カスタマー・エクスペリエンスは重要な差別化要因となっており、顧客との長期的な関係構築に不可欠であるため、B2Bブランドにとって非常に重要です。Lightstorm社が、ソリューション・エコシステムにおいて堅牢な請求および課金機能を提供するためにOracle Communications Billing and Revenue Managementを選択した理由を解説します。

全文を読む

その他のリソースを探す

最新の収益化:クラウドネイティブのメリットを活用

CSPが俊敏性を高め、新しいサービスを収益化するにはどうすればよいでしょうか。

インフォグラフィックを読む(PDF)

Omdiaレポート:5Gのためのエクスペリエンス主導の収益化の実現

将来実装される可能性のある収益化戦略とビジネスモデルをサポートできるコンバージド課金システムに投資してください。

レポートを読む(PDF)

あらゆる規模のビジネスモデルの収益化

さまざまな業界の企業が、どのようにして、単純なトランザクションベースの顧客インタラクションから離れ、より洗練された継続的なインタラクションを開発しているかを解説します。

eBookを読む

Oracle Communicationsの概要


デモをリクエスト

5Gおよびデジタルサービスの収益化ソリューションのライブデモをご覧ください。


お問い合わせ

オラクルのソリューションについてご質問がある場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。