該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
 

ニュースと意見

資金を動かす:決済テクノロジーによってプロジェクトの成功を促進

12/23/20

建設業界は長年にわたって支払いプロセスの課題に悩まされてきました。Oracle 建設/エンジニアリング部門のクライアントサービス担当副社長であるDavid Kellyが、Modern Contractor Solutionsの記事で、その解決の鍵を握るデジタル化について考察しています。

記事を読む

トップファイブ:プロジェクトの落とし穴

12/19/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank Malangoneが、Construction Globalの記事で、建設業界で見られるコストのかかるミスが不十分なドキュメント管理にどのように起因していて、その答えがなぜ建設業界専用のシステムにあるのかを紐解きます。

記事を読む

BIMは2021年にどのように進化するか

12/16/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品戦略担当シニアディレクターであるFrank Weissが、BIM Todayの記事で、BIMが2021年にどのような変化や進化を遂げるかについて見解を述べました。

記事を読む

より広い視点から見た建設リスク管理

12/14/20

建設プロジェクトを管理する組織は、ビジネスプロセスの中断を最小限に抑えるより堅牢なリスク管理慣行を組み込む方法をますます探し求めています。Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank Malangoneが、Risk Management Magazineの記事で、その現状について考察しています。

記事を読む

支払いと建設:「要求どおりに支払いを受けたことは一度もありません — 今はそれが世の習いです」

12/14/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のヨーロッパ担当副社長であるSteve CooperがConstruction Newsの取材を受け、パンデミックの影響で支払いがどれだけ引き伸ばされているか、そして支払い遅延にどのように取り組むのが最善かについて答えました。

記事を読む

テクノロジーは統合エネルギーへの移行をどのようにサポートするか

12/08/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のグローバル産業戦略担当ディレクターであるGeoff RobertsがOil and Gas Technologyの記事(24ページ)で、テクノロジーは統合エネルギービジネスへの移行をどのようにサポートするかについて見解を語りました。

記事を読む

デジタルツイン、データ品質、デジタルスキル

11/24/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品戦略担当シニアディレクターであるFrank Weissが、BIM Todayの記事で、建設業界がセクターの外部要因および内部要因によるデジタル化の拡大をどのように見ているかについて考察しています。この記事では、この変化の中心には建設-資産プロジェクト全体にわたるデータ使用への関心の高まりがあるという点に注目しています。

記事を読む

Oracle Aconex for DefenseがUSACEからFedRAMPのモデレート認定を取得

11/13/20

Newsbreakで報じられているように、Oracle Construction and Engineeringは、Oracle Aconex for DefenseがFederal Risk and Authorization Management Program(FedRAMP)のモデレート認定を取得したことを発表しました。

記事を読む

5Gがまもなく登場

11/6/20

Oracle Global Business Unitsのエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluへの取材を基に、5Gワイヤレス・ネットワークが建設現場の生産性、安全性、品質にどれだけ大きな影響を及ぼす可能性があるかを考察した記事がConstructorに掲載されました。

記事を読む

コロナウイルスが建設業界にもたらした良い方向への変化

11/6/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の産業戦略およびイノベーション担当ディレクターであるSherief Elabdへの取材を基に、パンデミックがどのようにしてテクノロジーの採用を加速し、建設セクターの効率を向上させたかを詳述する記事がArabian Businessに掲載されました。

記事を読む

明日の建設現場を今日築く

11/6/20

Oracle Global Business Unitsのエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluが、Big Project Middle Eastの記事で、建設業界がここ数か月に直面した混乱に対してどのような革新的な方法で対応しているかを考察しています。

記事を読む

プロップテックが不動産に勢いをつける

11/1/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の産業戦略およびイノベーション担当ディレクターであるSherief Elabdへの取材を基に、不動産技術(プロップテック)が、設計、建設、運用を強化するうえでどのような重要な役割を果たし、不動産セクターが「新たな日常」に適応して力強く再興するのをどのように後押しするかを詳述した記事がKhaleej Timesに掲載されました。

記事を読む

テクノロジー、それは秘密のソースであり、建設業界の支払いに欠けている成分である

10/20/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のTextura担当グローバル副社長であるMike Antisが、Builders & Contractors Magazineの記事で、サプライチェーンの財務状態はサプライヤーや下請け業者に対する支払いとキャッシュフローに大きく依存しており、これらの業者は従業員の給料やその他の費用の支払いのためにこの資金を頼りにしていると説明しています。

記事を読む

予測できない世界での資本計画

10/19/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるDave Bullardへの取材を基に、危機的状況においてコスト削減は直感的な反応のように見えるかもしれないが、その扱いには注意を要するという記事がConstruction Globalに掲載されました。このような環境では、適切な戦略的計画とポートフォリオ管理が最も重要です。意思決定はコストだけに基づくのではなく、計画チームからは見えない追加の要因も考慮に入れる必要があります。

記事を読む

オラクルの統合プラットフォーム、チームの包括的な把握

10/19/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のグローバル産業戦略担当ディレクターであるGeoff Robertsへの取材を基に、ニッチテクノロジー・ソリューション(セットアップが簡単で迅速に確立できる場合が多い)が特定の課題に直面したビジネスユニットや部門にとってどれだけ魅力的であるかを考察する記事がEnergy Digitalに掲載されました。しかし、戦略レベルでデジタル化が進んでいる昨今、ニッチな製品の蔓延は、組織内部での全体的思考の確立を揺るがすだけです。それは、より広範なデジタル進化の発展(現在では、この発展は今まで以上に急速に進める必要があります)、さらに最終的にはプロジェクトの成果を妨げる可能性があります。

記事を読む

人間味の向上による真のデジタル化の実現

10/14/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の顧客戦略ディレクターであるRogier Roelvinkが、Facilities Management(英国)の記事で、施設管理においてテクノロジーの存在とその影響は今後間違いなく増加すると指摘し、その成功の鍵は人々にあると述べています。テクノロジーが採用されるにつれて、プロセスと手順は強化されます。また、日常的な反復タスクを自動化することで、施設管理担当者はサービス提供のよりやりがいのある人間的側面に集中できます。

記事を読む

デジタル・ソリューション:明日の建設現場を築く

10/13/20

Oracle Global Business Unitsのエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluが、Construction & Civil Engineeringの記事で、建設業界がこの前例のない新たな混乱の時代にどのように対応しようとしているかを考察しています。健康や安全に関するCOVID-19関連の課題は建設現場にさらなる遅延をもたらしましたが、これは業界がすでに認識していること、すなわち建設業界は最もデジタル化が遅れている業界のひとつであるということを明らかにしたにすぎません。

記事を読む

Global 50:建物とインフラストラクチャのデジタル変革を促進する、世界規模のオープン・イノベーション

10/01/20

Oracle Construction and Engineeringは、 BuiltWorldsが選出する2020年度の「The Global 50 Innovators」リストに名を連ねました。Global 50は、建設業界に変化をもたらし、本国だけでなく本社所在地から遠く離れた場所でもイノベーションを推進している企業を称えるリストです。

記事を読む

3Qテクニカルレポート:前例のない時代を生き抜く新しいアイデア

09/30/20

Oracle Global Business Unitsのエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluが ENR Magazineから同社のQ3テクニカルレポートについて取材を受け、それを基に、COVID-19パンデミックによってもたらされた技術ソリューションの出現に焦点を当てた記事が掲載されました。この記事でKaplanogluは、業界が過去数か月にわたってテクノロジーの採用とデジタル化をどのように加速させてきたかを説明し、いくつかのツールが新しい環境で「あれば便利なもの」から「なくてはならないもの」へと進化していると述べています。

記事を読む

5G - 建設現場の大きなモダナイゼーション推進要因

09/28/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の産業戦略およびイノベーション担当ディレクターであるSherief Elabdへの取材を基に、5Gが今後どのようにしてスピードを飛躍的に向上させ、新世代の建設技術への道を切り開くかを詳述した記事がMODUSマガジンに掲載されました。この高速化により、生産性、コスト、品質が向上し、プロジェクトの意思決定が迅速化して問題に速やかに対処できるようになります。

記事を読む

人間とロボット:ともに未来を築く

09/23/20

オラクルのVirtual Road TripOracle Industriesイノベーションラボに立ち寄り、そこでインフルエンサーのBill KleymanはOracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluから施設の建設現場を案内されました。そこでは、彼の助手であるSpot(イヌ型ロボット)が、COVID-19中の建設作業をより安全に進めるために働いています。

記事を読む

特集:オラクルが語る「人間味の向上によるデジタル化の実現」

09/15/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の顧客戦略ディレクターであるRogier Roelvinkが、Logistics Middle Eastの記事で、施設管理においてテクノロジーの存在とその影響は今後間違いなく増加すると指摘し、その成功の鍵は人々にあると述べています。テクノロジーが採用されるにつれて、プロセスと手順は強化されます。また、日常的な反復タスクを自動化することで、施設管理担当者はサービス提供のよりやりがいのある人間的側面に集中できます。

記事を読む

イノベーションラボが建設業界の技術の未来を指し示す

09/10/20

Oracle Global Business Unitsのエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluへの取材を基に、Oracle Industriesイノベーションラボで行われている取り組みが、効率と作業員の安全性を向上させるデジタル対応の建設現場への道をどのように先導するかを詳述した記事がOracle Connectに掲載されました。

記事を読む

建設セクターにおけるIoTの有望性と利点

09/07/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の顧客戦略ディレクターであるRogier Roelvinkが、Planning, BIM & Construction Todayの記事で、モノのインターネット(IoT)がヘルスケア空間の建設、施設、資産管理にとって何を意味するのかを考察しています。接続されたデバイスには大きな利点があると宣伝されていますが、「早期警告」、「リモートモニタリング」、「継続的なデータ収集」といったよく言われる利点は、技術の切り替えや投資の根拠となる程度まで定量化できるのでしょうか。

記事を読む

明日の建設現場を今日築く

08/21/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluが、UK Construction Onlineに掲載された「明日の建設現場を今日築く」という記事で、建設業界がイノベーションを通じて業界の混乱にどのように対応しているかを考察しています。現場は予測不可能であるため、プロジェクト・マネージャーはこの新たな現実の中でプロジェクトを成功させるために、革新的でありながら信頼できるソリューションを検討する必要があります。

記事を読む

統合されたプロジェクト遂行システムによって建設プロジェクトのサイロを排除する

08/20/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank Malangoneが、Construction Executiveに掲載された「統合されたプロジェクト遂行システムによって建設プロジェクトのサイロを排除する」という記事で、建設会社が最新のプロジェクト遂行技術を全面的に導入する必要性について考察しています。最新のプロジェクト遂行技術を使用すれば、プロジェクトチームやその他の関係者が共通のツールを利用してプロジェクト活動全体の自動化とプロセスの改善を推進できます。

記事を読む

パンデミックがもたらした業界クロスオーバーの風潮

08/07/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluへの取材を基に、「パンデミックがもたらした業界クロスオーバーの風潮」という記事が eWeekに掲載されました。この記事では、今回のパンデミックのおかげで企業は他の業界のやり方を参考にし、互いにアイデアを借用して事業の存続や新しいビジネススタイルへの適応を模索することを余儀なくされていると指摘し、このパンデミックはやがてこのような変化の契機となった出来事として語られるようになると述べています。Kaplanogluは、「私たちは業界の進む方向や生活様式を変えることができます。私たちはこれまで世界史上の出来事に常に適応してきました。今回も全力で取り組めばなんとか乗り切ることができるでしょう」と語っています。

記事を読む

機械学習:すべてはデータ次第

08/06/20

Construction and Engineeringへの取材を基に、「機械学習:すべてはデータ次第」という記事がInternational Constructionに掲載されました。Venkatasubramanian氏は次のように述べています。「データは、AIや機械学習の戦略が機能するための生命線です。多くの建設会社は、気付かないうちにすでに有効なデータを持っています。この既存のデータリポジトリを使用してモデルのトレーニングを行い、妥当性確認テストと比較して、完成したモデルを実際の予測シナリオに使用できます。」

記事を読む

建設におけるデータ分析によって持続可能性はどのように向上するか

08/05/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank Malangoneが、Green Building & Design Magazineに掲載された「建設におけるデータ分析によって持続可能性はどのように向上するか」という記事で、次のように述べています。「人々が環境への影響を軽減する方法を模索するにつれて、持続可能な建設への需要がますます高まっています。政府や顧客も同様により持続可能性の高い建築方法を求めているため、多くの建設会社が持続可能性を自社の慣行や社会的責任イニシアチブに取り入れることに重点を置いています。」

記事を読む

オラクル:建設を接続する

08/01/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者あるBurcin Kaplanogluへの取材を基に、「オラクル:建設を接続する」という記事Construction Globalの36〜47ページに掲載されました。Kaplanogluはこの記事で、建設業界を変革するデジタルテクノロジーの実現においてコネクティビティが主導権を握っている理由を説明しています。「必要はイノベーションの母です。企業がソリューションの拡張にどれだけすばやく目を向けるかという点で、状況は変化しました」。Kaplanogluはこのように語っています。「顧客、パートナー、業界団体とのコラボレーションは、特にこのような時期にとっては、より良い未来を築くために非常に重要です。」

記事を読む

Q&A:オラクルのBurcin Kaplanogluに聞く – パンデミックにおけるイノベーション

07/25/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin KaplanogluがBIM+からインタビューを受け、それが「QA:オラクルのBurcin Kaplanogluに聞く – パンデミックにおけるイノベーション」という記事になりました。Kaplanogluは、オラクルがパンデミックの発生を受けて、リモート進捗監視、マテリアル・トラッキング、ソーシャル・ディスタンスの確保に対する新しいアプローチをテストするためにIndustriesイノベーションラボをどのように再構築したかについて説明し、その結果を詳しく紹介しています。「今や世界の様相は一変しました。「必要は発明の母」ということわざが示すように、社会はこうした技術が広く採用される新たな地平へと進んでいます」。Kaplanogluはこのように語っています。

記事を読む

作業計画システムの買収が技術リーダーの関心を捉える

07/01/20

建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank MalangoneがENRマガジンの取材を受け、それが「作業計画システムの買収が技術リーダーの関心を捉える」という記事になりました。この記事では、Construxiv TechnologiesによるGrit Virtualの買収について詳しく論じています。Grit Virtualは、ゼネコンや下請け業者が詳細な活動計画を作成できる建設スケジューリングおよび管理ソフトウェアです。「これまで、私が知っている製品はすべてリレーショナル・データベースを使用していましたが、[Construxiv Technologies]がグラフ[データベース]で行っているのは、あるオブジェクトを別のオブジェクトに接続し、この[無制限の]関係の階層(親、子、孫[など])を構築することです」とMalangoneは語っています。「複雑なスケジュールを提出や調達などと結び付けようとしたとき、グラフは自然なものになります。それは広範に拡張できます。だからこそ、これは業界にとって重要だと思います。これは、前述したような接続を確立する手段となります。」

記事を読む

Just Do IoT(とにかくIoTを始めよう)

07/01/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の顧客戦略ディレクターであるRogier Roelvinkが、「Just Do IoT(とにかくIoTを始めよう)」という記事をHealthcare Facilitiesに寄稿しました。Roelvinkは、今日モノのインターネット(IoT)は至るところに存在し、人々はIoTを取り巻く状況、計画、開発などに関心を寄せていると説明します。「IoTの普及は、ヘルスケア空間/施設の建設や不動産管理にとってどのような意味を持つのでしょうか。それは実際に真の利益と効率をもたらすのでしょうか。それとも、その価値はまだ明らかになっていないのでしょうか」。Roelvinkはこのように語っています。

記事を読む

設計-建設プロジェクト管理を成功させるための3つの不可欠な要素

06/26/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門の製品および産業戦略担当シニアディレクターであるFrank Malangoneが、「設計-建設プロジェクト管理を成功させるための3つの不可欠な要素」という記事をModern Contractor Solutionsに寄稿しました。Malangoneは、オーナーは競合する請負業者の資質を評価し、時間とコストを考慮して最善の決定を下すために、これらのことをより確実に行える方法を求めていると説明します。「最終的に、オーナーは請負業者が設計-建設プロジェクトをうまく遂行するためのツールと経験を持っていると信じる必要があります」とMalangoneは語っています。

記事を読む

5Gがやって来る

06/26/20

Oracle 建設/エンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター兼イノベーション責任者であるBurcin Kaplanogluが、「5Gがやって来る」という記事をModern Contractor Solutionsに寄稿しました。Kaplanogluは、あらゆる業界が5Gによって業務がどのように変わるかに注目していると説明し、建設業界はおそらくこのテクノロジーを最大限に活用できる業界であると指摘しています。「5Gの最大のメリットとなる側面は、「ネットワーク・スライシング」です。これにより、通信サービスプロバイダーは、ユーザー、デバイス、アプリケーション、コンテキストの正確な要件に合わせて接続サービスをカスタマイズできます」とKalanogluは語っています。

記事を読む
お気軽にお問い合わせください。
 

営業担当者と話す

1-800-423-0245(米国)
 

英国

+44-0-870-8-768711
 

テクニカル・サポート

1-800-223-1711