該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

プロジェクトとポートフォリオに関する洞察の取得

Primavera P6 Enterprise Project Portfolio Management Primavera Unifier のプロジェクトとポートフォリオに関する優れた洞察が得られます。各種傾向の把握、問題の根本原因の究明、コストの予測、プロジェクトレベルでの戦略的な意思決定の向上を実現します。

ビジネス上の主な利点:

ビジネス上の主な利点:

  • すべてのプロジェクトとポートフォリオにわたってパフォーマンスと傾向を把握
  • スケジュールとコストの指標に対する優れた洞察を取得
  • ベスト・プラクティスに基づき、構築済みの分析とダッシュボードにアクセス
  • 個々のビジネスニーズに対応できるようにレポートとポータルをカスタマイズ
  • 資産集約型の事例に基づき、事前構成された業界サンプルを使用
  • 例外をただちに把握し、根本原因を分析
  • モバイルのサポートや地理空間の視覚化をはじめとするOracle Business Intelligenceの機能を活用
  • OracleのPrimavera Data Warehouseへのアクセス

Primavera Analyticsについて

業界のベストプラクティスの分析

Primavera Analyticsは、ビジネス・インテリジェンス・ソリューション・パッケージです。このパッケージを使用すると、 Primavera P6 Enterprise Project Portfolio Management Primavera Unifier でプロジェクトとポートフォリオに関する貴重な洞察が得られます。したがって、さまざまな傾向を把握し、問題が大きくなる前にそれを特定できるので、情報による裏付けがある優れた意思決定を下すうえで大きな効果があります。

  • プロジェクトに対する深い洞察を得て、長期的な履歴と傾向を解明
  • パフォーマンス上の潜在的な問題を迅速に特定
  • プロジェクトとプログラムのスケジュールとコスト・パフォーマンスを明確に把握し、例外を中心とした報告機能で問題領域に注目
  • コスト・シート、キャッシュ・フロー、ビジネス・プロセス・データを分析して、プロジェクトのコスト管理の例外を早期段階で確実に発見
  • インタラクティブなダッシュボード、スコア・カード、レポートにより、業務と並行してプロジェクトの洞察を収集
  • プロジェクトのライフサイクルにわたって問題を修正
  • プロジェクトのポートフォリオに対する優れた意思決定
  • 施設と不動産の管理データを分析
  • 地理空間マップを使用して、プロジェクト、アクティビティ、リソースのデータ指標を、総合的なドリルダウン機能で地理的位置別に視覚化
Primavera Analyticsの詳細

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

製品の主な機能

  • Cloud Serviceまたはオンプレミスでのホスティング
  • プロジェクト、ポートフォリオ、プログラムのパフォーマンスをEnterprise Portalで公開
  • チームメンバーからプロジェクト・マネージャー、経営幹部に至るまで、組織のすべての役職に合わせてダッシュボードをパーソナライズ
  • プロジェクトおよびポートフォリオの問題領域に関する早期段階の警告指標を分析
  • 全社規模でリソースの効率を管理
  • すべてのプロジェクトとポートフォリオにわたってコスト・シート、キャッシュ・フロー、ビジネス・プロセスのデータを把握
  • プロジェクト・パフォーマンスの長期的な傾向を分析して将来の結果を予測
  • あらゆる形式であらゆるレポートを容易にダウンロード
  • 毎日のバーン・ダウンとパフォーマンス・メトリクスを使用してメンテナンス・プロジェクトをオフラインで管理

根本原因の分析

  • ポートフォリオの概要ビューから特定プロジェクトへのドリルダウン
  • プロジェクト・スケジュールやコスト・パフォーマンスの問題の原因を解明
  • Primavera AnalyticsダッシュボードからPrimavera P6 EPPMまたはPrimavera Unifierまで直接掘り下げて、是正措置を実行

例外別管理

  • パフォーマンスに優れたプロジェクトや、ポートフォリオ、予算、キャッシュ・フロー、人員配置に悪影響があるプロジェクトを迅速に特定
  • 問題のある領域に注目し、戦略的目標との不一致、予算超過、期待された成果の未達があるプロジェクトに直接対応
ブレークスルーとベスト・プラクティス

建設/エンジニアリングのトレンドとインサイト