申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。


Simphony POSとの統合

業界をリードするクラウドベースPOSシステムのSimphonyは業務をシンプルに一元化し、どんな規模のレストランでも卓越したカスタマ・エクスペリエンスの提供に集中できます。Simphony POSは堅牢なオープンなAPIで動作し、統合パートナが単一の拡張性が高いトランザクション・プラットフォームからコネクテッド・エクスペリエンスを生み出せるよう構築されています。

Simphonyの統合ソリューションを開発すれば、お客様に意義深い体験を提供してレストランの価値を高めることができます。オラクルの統合プログラムは、独自の取り組みに対応しているのに加えて、当社と連携してプログラムのメリットを活用したいとお考えの統合パートナ向けにも設計されています。


ステップ1:

SimphonyのオープンAPIアーキテクチャを確認する

Simphonyは、複数の統合ポイントを提供し、オンライン注文、メニュー管理、価格設定管理、キッチン・ディスプレイ、労務、スケジューリング、在庫管理、顧客ロイヤルティ、全体的な業績分析など、レストラン業務のあらゆる側面を強化できます。すべてが単一のクラウド・プラットフォームから可能です。

最初のステップとして、フロント業務APIとバック・オフィス業務APIの詳細をご確認ください。次に、Oracle PartnerNetworkとSimphony統合プログラムに登録して、パートナー・コミュニティに参加します。詳しくは以下をご覧ください。

SimphonyのオープンAPIアーキテクチャを確認する
接客業務

Simphony Transaction Services Gen2(STSG2)

STSG2は、拡張性と応答性に優れたRESTful APIトランザクション・インタフェースです。フル・コンボ・ミール機能(Simphony 19.2以上とR&A 20.1以上が必要)など、複数のユース・ケースをサポートするデジタル注文アプリケーションを強化します。

バックオフィス

ビジネス・インテリジェンス(BI)API

クラウドに置かれたSimphonyのトランザクション・データ、運用データ、厨房データへのリアルタイムのアクセスを可能にする拡張性の高いセキュアなRESTful APIです(Simphony 19.2以上とR&A 20.1以上が必要)。

接客業務

Simphony Transaction Services Gen1(STSG1)

デジタル注文アプリケーションとローカルのSimphony POSとの直接接続を可能にします(Simphony全バージョンでサポート)。

接客業務

拡張性

ISVパートナー・アプリケーションによるSimphony POSクライアント機能のカスタマイズと強化を可能にします。

接客業務

ロイヤルティ/ストアド・バリュー・コマンド・モジュール

モジュールとドライバのペアで構成されます。このモジュールはビジネス・ロジックを含み、ドライバはポートやWebサービスなどの通信メカニズムを介してサードパーティ・プロバイダと通信を行います。

接客業務

輸出/輸入

このWebサービスを活用して、POS構成データのインポートやエクスポートをプログラムできます。

バックオフィス

レポートおよび分析標準エクスポート

Simphony POS売上および運用データ・ポイントの終業時(EOD)エクスポートをサポートしています。

バックオフィス

従業員管理

ワークフォース・アプリケーションからの労務情報の取得と変更、スケジュールの管理、タイムカード記録へのアクセスが可能になります。

ステップ2:

Oracle PartnerNetworkに参加してオラクルとつながる

Simphonyは、複数の統合ポイントを提供して、オンライン注文、メニューおよび価格設定管理、キッチン・ディスプレイ、労務管理とスケジューリング、在庫管理、顧客ロイヤルティ、全体的なパフォーマンス分析など、レストラン業務のあらゆる側面を強化します。すべてが単一のクラウド・プラットフォームから可能です。

まず・・・

Oracle Partner Network(OPN)にご登録ください。Cloud Buildトラックへの登録はオプションです。質疑応答PartnerHelpポータルにアクセスし、パートナ・サポート・チケットを提出してください。

次に・・・

貴社のOPN登録が承認されたら、Simphony統合プログラム確認フォームを提出して、ISVパートナ・チームとつながってください。

Oracle PartnerNetworkに参加してオラクルとつながる
ステップ3:

審査を受けて出店する

オラクルの統合チームで承認審査を完了したら、Oracle Cloud Marketplaceの掲載リストに最終的な編集を行ってください。Simphony Cloud Marketplaceにリストを公開すると、統合が審査済ソリューションとして公的に認知されます。

オラクルのCloud Marketplaceでは、既存のお客様や見込み客、および当社のダイレクト・セールスやリセラーのコミュニティに対して、自社の一般的な市場ソリューションを販売促進できるという他にはない機会が得られます。以下に、掲載内容の説得力を高めるためのヒントと、おすすめのリソースへのリンクをご紹介します。

最適化のヒント

  • 利用可能な外部向けURL(デモの起動、マイペースで学習できるトレーニング、「アプリケーションの取得」ボタンなど)をすべて組み込む。
  • 利用可能なソーシャル・メディア・ボタン(Facebook、Twitter、LinkedInなど)をすべて活用する。
  • リスティングのバナーや企業ロゴ、製品ロゴには高解像度の画像を使う。
  • 製品デモのファイル、ユーザー・フローのスクリーンショット、適切な販売販促資料をアップロードする。
  • 市場固有の用語、類義語、その他キーワードのタグを追加する。
  • 目立つ販促オファーを入れる。

参考リソース

審査を受けて出店する