申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。


Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでのアプリケーションの構築、テスト、展開を無償で

JWCCとは?

2021年7月、米国国防省(DoD)は、JWCC(Joint Warfighter Cloud Capability)と呼ばれるエンタープライズ・クラウド・サービスの新しい方向性を発表しました。JWCCは、新しいマルチベンダーIDIQ契約を通じて、DoDにエンタープライズ・クラウド・ソリューションとハイパースケール・クラウド・サービスを提供します。

JWCCが完全に実行されると、国防省のすべてのセキュリティレベルにまたがるマルチベンダー・エンタープライズ・クラウドを実現します。JWCCによって、マルチクラウドをコア戦略として採用している多くの企業組織が享受するマルチクラウドのメリットを、DoDミッションも享受できるようになります。マルチクラウドは、アーキテクチャー内でのミッション適合性を高め、将来のミッションに向けた幅広いイノベーションを提供し、単一ソース障害からの耐障害性を高め、競争力のあるオプションにより経済的利益をもたらします。マルチクラウドの利用が急増したため、業界標準やソリューションによりマルチクラウド環境の移行、ポータビリティ、仮想ネットワーキング、管理、ガバナンスが容易になり、導入を阻む障壁が取り払われています。

Oracle CloudがJWCCに適している理由

Oracle Cloudは、次世代クラウド・アーキテクチャーとして独自に設計されています。クラウド運用に新たなレベルのセキュリティをもたらし、充実したハイパフォーマンスのコンピューティングとストレージを備えた高速ネットワークを実現します。マルチクラウドの運用に対応し、経済性を重視した価格設定となっています。オラクルは、ハイパースケール・クラウドの大手プロバイダーとして、世界各地に拠点を持ち、DoDのミッションに特化した運用リージョンを持っています。オラクルは、DoDが予測するJWCCのスケジュールに合わせて利用可能な、DoDのさまざまな戦力ミッションに対応する専用のクラウド・サービスを提供することで、JWCCをサポートします。Oracle Cloudは、JWCCの下でのエンタープライズ・クラウドに対するDoDのニーズをサポートしており、例えば以下のようなものがあります。

  • 充実したIaaS、 PaaS-コアからエッジまで: Oracle Cloudは、高性能なコンピューティング、ストレージ、仮想ネットワーキングに加え、データ管理、分析、人工知能(AI)、統合、およびDevSecOpsのためのプラットフォーム・サービスを幅広く提供します。これらの機能は、ハイパースケールの冗長化されたクラウド・リージョンから、断続的な通信環境で動作可能な戦術的エッジ・クラウド・デバイスに至るまで提供されます。
  • マルチクラウド運用に対応: Oracle Cloudは、オープン・スタンダードAPI、仮想クラウドの相互接続性とゲートウェイ、ポータブル・データ・フォーマット、クラウド間で移動可能なワークロード、クロス・クラウド分析とAI、標準アイデンティティ管理、オープン・ソース自動化、マルチクラウドDevSecOpsパイプラインなど、真のマルチクラウド機能を提供します。
  • 次世代セキュリティ: Oracle Cloudは、第一世代のクラウドとは異なり、サイバーセキュリティを考慮して設計されています。Oracle Cloudは本質的にベアメタル・ベースであり、仮想化されたコンピューティング・オプションを備えています。仮想化されたネットワーク全体はコンピューティングとストレージから分離されているため、コントロール・プレーンへアクセスできず、脅威アクターからのセキュリティを向上させます。これにより、新たなレベルでのテナントの分離が可能になり、攻撃ベクトルが大幅に減少してサイバー・セキュリティが強化されると同時に、フラット・ネットワークとベアメタル・アーキテクチャにより、高レベルのパフォーマンスとI/Oを提供します。また、Oracle Cloudには独自のセキュリティ機能があり、「知る必要のある人」のためにテナントを区分けしたり、最大のセキュリティゾーンを設けたりすることで、開発者の人的ミスによってクラウド・テナントがサイバー脆弱性にさらされる可能性が低くなります。
  • 真のオープン・ソース: オラクルは、オープン・ソースサービスを展開する際に、プラットフォーム・ロックインのリスクを軽減するために、オープン・ソース・プロジェクトのコアコードとのAPI互換性を確保し、また、オープン・ソース・コードのセキュリティを確保するために、堅牢なサードパーティ・ソフトウェア・セキュリティ保証プログラムを適用しています。
  • マルチドメイン・オペレーションのサポート: 戦場のドメイン(海上、航空、陸上、宇宙、サイバー空間など)とネットワークセキュリティのドメイン(Unclassified、CUI、Secret、Top Secret)の両方を含むドメイン間でデータを安全かつ容易に移動できます。
  • 完全な柔軟性: DoD企業への統合が容易なOracle Cloudは、アプリケーションとデータの包括的なポータビリティを実現します。その結果、レガシー・システム、VMwareでホストされたワークロード、クラウド・ネイティブ・アプリケーションなど、既存のワークロードに対応するソリューションを提供します。Oracle Cloud VMware Solutionは、パブリック・クラウドやDISA IL5認可のクラウドで利用できる唯一の顧客管理型のネイティブVMwareサービスです。
  • 相互運用性: Microsoft、VMware、Equinixとのマルチクラウド・パートナーシップにより、プライベートからパブリック、AzureからOracleへのネイティブ・クラウドの相互運用性を実現します。
  • 経済性の向上: Oracle Cloudは、予測可能な低コストと低エグレス料金を提供し、その結果、クラウド・ベースの消費とデータ移動戦略をより良い形で実現します。

このような最先端の技術力だけでなく、オラクルのプラットフォームは、DODにとって実用的なメリットもあります。Oracle Cloudは、政府機関ではよく知られた存在です。現在、Oracle Cloudはすでに複数の連邦政府機関で使用されており、主要な政府契約媒体を通じて利用することができます。オラクルは数十年にわたり連邦政府に貢献してきました。当社の公的機関および国家安全保障に関する広範な専門知識は、オラクルが政府の高いセキュリティ要件に適格であることを示すだけでなく、オラクル・クラウド・テクノロジーがミッションの成果を最適化するために不可欠であることを示しています。

JWCC向けオラクルの革新的なクラウド・ソリューション

専用、未分類のFedRAMPおよびDISA認可リージョンから、SecretおよびTop Secretリージョンや戦術的エッジ・ソリューションまで、Oracle Cloudは革新的なクラウド機能でJWCCをサポートします。

1

セキュリティおよびアイデンティティ&アクセスマネジメント

Oracle Cloudは、既存のほとんどのクラウドソリューションに内在する外部および内部のセキュリティ脅威を排除するように構築されており、機密データを保護しながらリソースを使用可能にします。テナントと仮想化ネットワークの分離、テナント内のコンパートメント化、最大セキュリティゾーンなどのネイティブ・セキュア機能により、Oracle Cloudは一貫したセキュリティ、アイデンティティ、アクセス管理を実現します。Oracle Cloudは、自動化、常時オン、アーキテクトインのセキュリティ(PDF)で設計されています。

2

データの柔軟性

オープン・ソース、オープン・スタンダード、オープン・データ・フォーマットに関するOracle Cloudの取り組みにより、データ移動が迅速化し、アプリケーションの移行や開発の効率化がかつてないほど自由に行えるようになりました。Oracle Cloudは、Graph、Spatial、Relational、In-Memory、JSON、XML、NoSQL/Key Valueなどの標準ベースのデータ形式をすべてサポートしています。また、Oracle Cloudは、データ・サイエンス、データ統合、移行から、SQL Anywhere、サーバーレス機能、Kafka準拠のサービス、データレイクにおけるオブジェクトのSparkストリーム処理などのデータサービスをサポートしています。

3

パフォーマンスとスケーリング

大規模なワークロードを実行しながら重要なデータ資産を管理・保護してきた実績を持つOracle Cloudは、そのデータに関する専門知識を活用して、あらゆる階層のデータの作成、公開、保護、管理をセキュアかつオープンに提供します。集中的な計算と分析ワークロードの要件に対して、Oracle CloudはネイティブRDMA、ベアメタル・コンピューティング、GPUコンピューティング、高I/Oストレージ、低レイテンシ・ネットワークを備えたHPCを提供し、データやプロセスを多用するワークロードに対応するパフォーマンスとスケーリングを提供しますまた、Oracle Cloudでは、Exadata Cloud ServicesとOracle Autonomous Databaseを提供しています。これらは、厳格な稼働率と最高のセキュリティを確保しつつ、数百万のIOPSと高いトランザクション率を必要とする世界中のミッション・クリティカルなデータベースのデータ処理を提供します。

4

低価格で包括的な価値を提供

サードパーティのテクノロジー・パートナーによる強固なマーケットプレイスのエコシステムから、組み込みAIや機械学習まで、Oracle Cloudの多くの機能は、すべて予測可能な低価格と包括的なサービスレベル契約で提供されます。オラクルは、IaaSPaaSのクラウド・サービスを実際に使用した分だけ請求するフレキシブルな請求方法を採用しており、これによりDoDは支出をコントロールして予算を管理できます。

5

統合クラウド・アプリケーション

Oracle Cloudの特徴として、JWCCプログラム向けSaaS(Software-as-a-Service)サービスがあります。Oracle Fusion Cloud Applicationsは、最も完全でコネクテッドなSaaSスイートにより、DoDの任務遂行能力をサポートします。オラクルは、最新のユーザー・エクスペリエンスと継続的なイノベーションを提供することで、財務、人事、サプライ・チェーン、製造、プロジェクト、調達、メンテナンス、サービスなど、ミッション全体にわたって四半期ごとにアップデートを行い、DoDの成功に貢献しています。

6

クラウド・ネイティブ開発

DoDの組織は、新しい相互運用可能なソリューションを、まずはエッジにいる戦闘員に迅速に提供し、その後時間をかけて確実に改善することでミッションのニーズに対応しようとしています。Oracle Cloudのクラウド・ネイティブ開発ツールは、開発者にとってなじみのあるオープン・ソースのツールとプロセスであるこことから、その目的を迅速に達成するのに役立ちます。

7

相互運用性

急速に変化する戦場では、相互運用性が重要です。つまり、マルチクラウド・ネットワーク全体の中で、個々のクラウド・プロバイダーが、マルチクラウドとオープン性に対応可能に構築されていることが理想的です。Oracle Cloudは、マルチクラウドに以下のように対応しています。

  • オブジェクト・ストレージ、SQL、Key Value、OGC Spatial、プロパティ・グラフ、JSONなどのポータブル・データ規格の使用。これらの標準的なフォーマットを維持することで、クラウド間でのデータ移動が容易になり、分析アクセスをサポートします。
  • 相互運用可能な分析により、企業内のどこにデータが存在するかに関わらず、他のクラウドとの間でも分析、機械学習、AIを実行できます。
  • Cloud Native Compute Foundation規格により、ポータブルでコンテナ化されたワークロードをあらゆるマルチクラウド環境で運用できます。
  • インタークラウド接続用の仮想ネットワーキング・ゲートウェイには、Azureとのネイティブ接続が含まれています。
  • クラウド環境でのアイデンティティ・フェデレーションのための、規格に基づいたアイデンティティ管理。
  • オープン・スタンダードAPIと統合自動化により、マルチクラウド・アーキテクチャのモニタリング・管理を簡素化。
8

高度なデータ分析

DODはデータ分析をJWCCの重要な要素としていますが、あらゆるデバイスがデータソースとなり得る世界では、大量のデータから分析情報を得ることを優先するのは理にかなっています。Oracle Cloudは、真のマルチクラウド・プラットフォームである分析サービスを幅広く提供しています。Oracle Cloudは、データ・サイエンス、MLトレーニング、予測モデリング、データの可視化、AIを活用した分析情報、トレンドを提供し、また、オープン・ソースのデータベース、他のクラウド製品、オンプレミスのデータストアなど、あらゆるデータソースに存在するデータに関するレポートを提供します。

9

戦術的エッジの規模に対応

軍の戦術的クラウド構想では、エッジでデータを処理することで、重要な情報を戦場でニア・リアルタイムで得ることができます。オラクルのRoving Edge Infrastructureは、クラウドのワークロードと互換性のあるセキュアで暗号化されたミッション・ワークロードをエッジでサポートします。これにより、戦闘員はクラウドで構築し、エッジに展開することができます。このサービスは、Oracle Cloudとの通信がなくても動作します。通信が可能であれば、エッジとクラウドの間でデータを同期させることができます。また、Oracle Cloudエッジサービスは、過酷な環境下でのデータ管理、エッジ分析、ストリーム処理、ミッション・アプリケーションのために、拡大用スケーリング、ハイパフォーマンス・コンピューティング、GPU処理、プラットフォーム・ソフトウェアを提供します。

連邦政府向けオラクルのマルチクラウド製品およびソリューションについては、www.oracle.com/federalをご覧ください。