申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
 

Anything as a Service(XaaS)

デジタル・サービスと収益化

ほぼすべての業界は、サブスクリプションベースのモデルを含むサービス指向のビジネス・モデルに移行しています。組織は、サービス変革のジャーニーにおいて、業務上の課題に直面しています。新しいサービスの運用モデルに成功するには、多角的なアプローチが必要です。オラクルのAnything as a Serviceでは、特定の機能によって、サービス運用モデルに対して、すべての業務プロセスを総合的に実行します。

主要な利点

 

契約とサブスクリプション

サブスクリプションを含む新しいサービス指向のビジネス・モデルを実現し、収益を増加させましょう。複雑化しやすいバンドルに対して、お客様ごとにいつでも最適で柔軟な価格と条件の提供を実現します。

 

顧客エンゲージメント

優れたエクスペリエンスでお客様を魅了し、使用量・消費量を向上させます。顧客との親密な関係構築、シンプルな関係性、解約防止、維持率と更新率の増加を実現します。

 

サービス

企画・物流から実行まで、サービス業務の最適化・効率化を図りましょう。サービスのコストを最適化し、利益率を維持・向上を実現します。予知保全、品質コストの削減、フィールド・サービスの生産性向上によって、資産の稼働率向上を実現します。

 

ERPと財務

使用量や消費量に応じた経常的な収入源となる請求書発行プロセスを自動化し、運用コストを削減します。財務および業務のKPIをリアルタイムで表示し、ビジネス・モデルの収益性を常に確認できます。

注目の製品

Anything as a Service

IoT Asset Monitoring

IoT Asset Monitoring Cloud

資産の監視とアラート通知の自動化によって収益性を高めます。資産の状態や稼働率をリアルタイムに把握し、将来のイベントを予測できます。

Service Cloud

Service Cloudによる顧客満足の向上

Web、ソーシャル、およびコンタクトセンターの統合的なエクスペリエンスによって、持続的で収益性の高い関係を構築し、ブランドの差別化を実現します。

Subscription Management Cloud

所有権という概念の終焉

リカーリングの関係で、お客様との距離を縮めましょう。Product as a Serviceなどの新しいビジネス・モデルを提供します。商品・サービスから新しい収益源を生み出します。

Order Management Cloud

注文から入金・支払までの課題に対応する、将来を見据えたオムニチャネル・ソリューション

マルチチャネル環境での注文を一元的な注文ハブで処理します。見積もりから入金プロセス全体におけるオーダーの取得、価格設定、構成およびフルフィルメントを直接オーダー入力で実行します。

Oracle Configure, Price, Quote

受注精度の向上と販売サイクルの短縮の実現

Oracle Configure, Price, Quote(CPQ)では、正しい構成および詳細な購買オーダーを入力するステップバイステップのプロセスによって、お客様をガイドします。

Oracle Enterprise Performance Management

アジリティと分析情報を獲得し、高いパフォーマンスの実現

Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)では、財務、HR、サプライ・チェーンおよび販売にわたるモデル化と計画、決算プロセスの効率化およびより優れた意思決定の促進に役立ちます。

Anything as a Serviceのリソース

経済は下流へ準備はできていますか。

As a Serviceエコノミーは川下に行こう準備はできていますか。

さまざまな企業がas-a-serviceモデルを採用して、ビジネスモデルは拡張され、時には根底から覆されます。目標: より予測可能な収益源、およびより深く継続的な顧客との関係を築くことです。

Anything-as-a-Serviceが製造部門全体に広がっている

Anything-as-a-Serviceが製造部門全体に広がっている

企業だけでなく、多くの消費者も、もはや製品を所有し、それに伴う継続的なコストや責任を負おうとは考えていません。その代わり、その製品の機能を必要に応じて購入したいと考えています。

企業がXaaSを進める理由

なぜ企業はXaaS(Everything-as-a-Service)ビジネス・モデルを推進し、ビジネス成長を実現するのか

2000年代に入ると、もはや一時的な流行というだけでは済まされない、新しい興味深い動向が生まれました。それは、人々において所有ではなく、借りるとう傾向が強まっていることです。これは単純な態度変容に聞こえるかもしれませんが、実際はビジネスそのもののあり方を根本から変え始めている、画期的な変化なのです。