申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

臨床研究

現在、臨床試験チームと施設はサイロ化されたポイント・ソリューションでの収集に依存しているため、冗長性と非効率性が問題となっています。試験を一度だけ構築し、データを一度だけ入力し、そのすべてを1か所でできるとしたらどうでしょう?

未来の臨床試験を今日から

臨床研究に関するオラクルのカスタマ・エクスペリエンス

他のお客様事例も見る
Health Decisions、Oracle Clinical Oneで臨床試験のタイムラインを短縮
Pfizer、Oracleの接続された臨床環境ですべての情報源から引き出されたデータで治験の全体像を把握
Rho、Oracle CTMSで効率性の向上とデータインサイトの改善を達成
Exelixis、Oracleでユーザーの安定性と施設管理プロセスを改善

臨床試験の未来

分散型臨床試験(DCT)

分散型アプローチへの移行により臨床データの品質と患者の体験の双方にもたらされるプラスの影響を理解することは、臨床試験の未来に向けた第一歩となります。

DCTの詳細

デジタル・トランスフォーメーション

研究の開始の加速、すべてのソースからのデータの調整、およびワークフローの効率化には、変革的なデジタル戦略が必要です。

デジタル・トランスフォーメーション戦略の詳細

Clinical Oneの統合プラットフォーム

人、プロセス、およびデータを真に統合して、現在と未来の臨床試験を簡素化および加速する唯一のプラットフォーム。

Clinical Oneの詳細

臨床試験管理(コロナウイルス後)

2021年に実施された市場調査から、パンデミック中に臨床試験で行われた適応の影響に関する貴重な分析情報を得ることができます。

調査結果の詳細

”コスト、時間効率、そして使いやすさとデザインのシンプルさは私たちにとって本当に重要でした。”

Kristen Striffler

Associate Director Clinical Development, Oyster Point Pharmaceuticals

治験ライフサイクル全体にわたって効率性を向上し、コストを削減

EDCを超えて、データを統一し、時間を節減

1か所であらゆるソースからデータセットを収集して調整し、臨床上の貴重なインサイトを引き出します。

データ収集の詳細

無作為化と治験薬供給管理を合理化

試験の立ち上げと試験中の継続的な変更のコントロールを取り戻し、数週間短縮します。

RTSMの詳細

統合されたワークフローで試験の立ち上げを加速

施設の選定と立ち上げを記録的な速度で実現しつつ、主要なマイルストーンを監視して、予算とタイムラインを維持します。

研究開始の詳細

CTMSで治験操作を向上

すべての試験管理プロセスにわたる治験操作データの自動化とレポートにより、生産性を向上させます。

CTMSの詳細

信頼できる唯一の情報源により、治験の問題を早期に発見

治験データの唯一の情報源により、データを自動的に調整し、完全なトレーサビリティを維持します。

臨床データ管理の詳細

信頼できるポートフォリオ・プランを構築

治験プランニングの時間を80%短縮し、業界標準に基づく性格で達成可能な予測を時間どおりに提供します。

ポートフォリオ・プランニングの詳細

治験でExcelの使用を避けるべき10の理由

Oracle Health Sciences、マーケティング担当、Craig Morgan

分析タスクに本能的にExcelを使用するのは、その普遍性を考えると否定できず、そのためにデフォルトの分析ツールになっています。しかし、Excelは臨床データのプランニングと収集に使用すべき適切なルーツでしょうか?

全文を読む

その他のリソースを探す

Oracle Health Sciences Consulting

すべての組織には、テクノロジーへの投資を促進するさまざまな要件と期待があり、それを満たすことが成功の条件となります。Oracle Health Sciences Consultingは、その取り組みをサポートし、テクノロジーへの投資から最大限の効果を得られるようにするために支援します。

真のデータ調和への道

eClinical、eSource、およびEHRは、治験におけるデータの効率性という聖杯への道を構成します。

パンデミック環境で加速した臨床試験の進化

臨床操作の専門家が分散型治験の機会と懸念について言わなければならなかったことをご確認ください。

ICH E6(R3)の効率性の利点をリリース前に実現する方法

ライフサイエンス組織がまだICH E6(R2)の採用に取り組んでいる最中にICH E6(R3)がやってきます。しかし、企業は、このようなガイドラインが承認されるまで、目的とされている利点の実現を待つべきでしょうか?

Oracle Life Sciencesについて知る


ブログを購読する

臨床の成功を推進するために、最新の分析情報とベスト・プラクティスを入手してください。


技術サポートを受ける

技術サポートのお問い合わせ先とリソースをご覧ください。


ポッドキャストをフォローする

ライフ・サイエンスのトレンドについてソート・リーダーから聞きます。


問い合わせる

臨床研究とファーマコビジランスに関するお問い合わせ。