該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

 

Retail POSとは?

小売のサービス時点情報管理(POS)システムは、小売スタッフが記憶に残るサービスを提供し、オムニチャネルの世界で顧客ロイヤルティを築けるようにサポートします。

最新のRetail POS:優れたカスタマー・エクスペリエンスを促進

激しさを増すグローバルな環境で現代のイノベーターと競い合い、生き残るために、小売業者は「販売時点情報管理」を「サービス時点情報管理」に発展させる必要があります。決めるのは消費者。消費者が望むものを十分に提供し、予測できる企業が、競争に勝つのです。顧客を引き付けて離さない方法がいくつも明らかになっているため、消費者の行動を駆り立てるものは何か、そして消費者の傾向を予測する方法を理解することが、これまで以上に重要になっています。

現代の買い物客とつながり、関係を深め、魅了するためには、セグメンテーション、エンゲージメント、信頼の確立についての新しい考え方が必要です。小売業者は最も価値のある顧客を理解すべきです。そして顧客を引き付け、顧客とブランド間に有意義な関係を確立する運営を設計する必要があるのです。製造の段階から戸口配達に至るまで、ブランドの約束を実現することは、ブランドと運営について透明度が高いことを意味します。販売時点情報管理(POS)システムに大胆で多額の投資を行うことは、顧客、在庫、注文の一元管理を確立することを意味します。これで小売業者は顧客が期待するエンドツーエンドの体験を提供できるのです。

顧客と在庫についてあらゆる角度から一元的に把握することは、もはや競争の優位性ではなく、成功するための基本的な要件なのです。先にこの要件を満たした小売業者は、顧客とのより強い関係を築き、革新プロジェクトに向けた機会を作り出し、成長を最大限にするさらに戦略的な決定を行えるのです。

少し前までは、店内の体験は取引に関するやり取りでした。消費者が店に入り、欲しいものを購入する。店頭に在庫がない場合、距離や好み、利便性により選択肢は限られていました。今日では、ショッピング体験に対する消費者の見方はより複雑になり、かつてないほど市場競争が激しくなっています。店内での体験は魅力的であるべきで、高まる消費者の期待に応えるためには、小売業者はチャネル全体の在庫を把握する必要があります。

5つの主要地域で15,500人の消費者を対象に実施した調査の結果、幅広い多様な体験を実現するには、すべてのチャネルで互いに補充し合う必要があることがわかりました。

  • 消費者の56%が、ショッピング体験にはパーソナライズされたオファーが重要であると感じています
  • 消費者の74%が、ブランド体験には知識のある店内スタッフが重要だと考えています
  • 消費者の58%は、再来店の理由を小売業者が常に理解していることを期待しています

最新の販売時点情報管理(POS)システム

最新のPOSシステムは、デジタル世界と実世界の境界線を曖昧にします。従業員がテクノロジーを活用してリアルタイムの在庫、購入履歴、オンライン・ブラウジング、カゴ落ちを可視化できれば、エンドレス・アイル(無限の通路)機能で売上を確保するだけでなく、購入者の購入金額と同一店舗売上高を増やすこともできます。最終的に小売業者は、チャネル全体の運営コストを削減して、グローバルなビジネスを推進するために、効率的な精算プロセスを作成し、待ち時間を最小限に短縮して、生産性を高める必要があります。最新の小売業では、POSはオムニチャネルのカスタマー・ジャーニーにおける要です。

成功している小売業のPOS体験の要素は、よりスマートで最新のアプローチに支えられています。現在の販売時点情報管理(POS)システムには、次の機能が必須です。

  • 顧客の希望する多様な支払い方法を受け付ける
  • オンライン注文の店舗ピックアップ(BOPIS)商品をすばやく見つけ出して顧客に引き渡す
  • あらゆる商品に関する買い物客の質問に正確に答える
  • 購入履歴に基づいて顧客におすすめを提案する
  • 店舗スタッフをレジ業務から切り離し、玄関先から試着室までより高いレベルの顧客サービスを提供してもらう
  • タブレットまたはモバイル決済端末(mPOS)で取引を完了できる
  • EMVおよびPCI要件に準拠している

調査によると、小売業者の半数以上(57%)は、店舗スタッフがモバイル・テクノロジーを身につけていると答えています。さらに13%は計画中です。販売時点情報管理(POS)システムでは、小売業者が思いどおりに取引とやり取りができるようする必要があります。従来のレジ、ポータブル・ソリューション、タブレット、ハンドヘルドのいずれを使用する場合でも、それがサービス時点情報管理のハードウェアとなります。これらの体験は、たった1つのフォーム・ファクターに固有する要因ではなく、優れた顧客サービスを提供することが、小売業者にとって最高の差別化要因になるのです。必要な時と場所で顧客エンゲージメントを促進するには、小売業者はドッキングかポータブルかを確保するための柔軟性が必要で、ニーズに最適なフォームを選択できます。多くの店内モバイル機能は顧客とのやり取りに関連しており、同調査レポートによると従業員が実行している主な機能は次のとおりです。在庫レベル/製品の入荷時期へのアクセス(67%)、製品情報へのアクセス(64%)、顧客引き継ぎ/販売支援(42%)。

最新のRetail POSシステムの重要なコンポーネント

Retail POSの機能 Retail POSの利点
小売業専用設計 ベースコードの変更要件を排除し、実装時間とコストを削減
直感的なタッチスクリーンUI 関連する起動時間とエラーを削減
複数のフォーム・ファクター(デスクトップ、タブレット、mPOS) 取引を加速し、顧客サービスを改善する
顧客の購入履歴、オンライン・ブラウジング、カゴ落ちデータ アップセル、特別オファー、プロモーションの機会を特定する
リアルタイムの在庫データ エンドレス・アイル(無限の通路)の受注処理で売上を確保し、顧客満足度を向上させる
インテリジェントな注文回送 より高いマージンや顧客の好みのためにサプライ・チェーンの物流を最適化する

販売時点情報管理(POS)ソフトウェアでカスタマー・エクスペリエンスをカスタマイズ

顧客はチャネルではなく、単にショッピング体験の観点から考えています。ショッピング体験が、従来の現金払い&持ち帰りであっても、オンライン注文&店舗受け取り(BOPIS)であっても、オンライン注文&店舗返品・交換(BORIS)であっても、または店頭購入&発送であっても、焦点は関連性、利便性、サービスにあるべきです。統合が大切で、顧客のデジタル・エクスペリエンスと従来のショッピング体験を融合させて、両方の世界で成功するのです。注文管理注文仲介顧客エンゲージメントのソリューションは、オンラインと従来の小売販売時点情報管理(POS)の機能間のギャップを埋め、すべてのタッチポイントで一貫したブランド体験を提供するために不可欠です。

独自のオムニチャネル・スイートを構築する小売業者は、すべてのコンポーネントの選択、統合コスト、人的資源などの課題に直面しています。その結果、時間と人手がかかる高価な統合になってしまうのです。実際、事前統合されたスイートを調達せずに、異種のオムニチャネル・ソリューションを統合する場合、最大10倍のコストがかかります。

事前統合されたオムニチャネル・スイートは、ソリューション・コンポーネントが連携して機能しない問題に対処します。独自のスイートを構築する際に直面する苦労を取り除き、統合の課題を処理し、真のオムニチャネル・エクスペリエンスを提供します。

次の3社がどのようにPOSオムニチャネルの実行をアップグレードして、ビジネスを成長させたかをご覧ください。

カスタマー・エクスペリエンスをカスタマイズ

適切な小売販売時点情報管理(POS)システムで、市場投入への時間を短縮し、ITを簡素化

すべての企業(および基幹業務)のワークロードの内80%が、2025年までにクラウドに移行すると予測されています(トップ10のクラウド予測(PDF))。したがって多くの小売業者は、従業員と顧客のニーズを満たすためにクラウドベースの戦略を模索しています。

クラウド・ソリューションは、ソフトウェアのインストール、監視、パッチ適用、アップグレードの負担を取り除きます。そして、ITリソースがさらに付加価値の高いタスクを実行できるようになり、小売業者はビジネス・プロセスとイノベーションに集中できます。

小売業者が事前統合されたクラウド・アプリケーションを選ぶ主な理由は次のとおりです。

  • 価値へのスピード:迅速な導入により、小売業者はイノベーションを加速させることができ、市場が必要とするタイミングで変更を実装する柔軟性を実現します。
  • 最新で最高の機能:準備ができ次第、アプリケーションの更新、アップグレード、新機能をシームレスに受け取ります。チームはすぐに新しい機能を使用して、より適切で情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことができます。
  • ユーザーとビジネス双方への柔軟性:ユーザーがすばやく起動して実行したり、元の実装に含まれていないモジュールやコンポーネントを有効にしたり、別のアプリケーションを追加したりと、簡単に柔軟性を持たせ、維持することができます。
  • アプリケーション・コストの削減:IT支出に充てる事業単位の予算の割合を大幅に削減できます。最新かつフル機能の堅牢なビジネス・アプリケーションを使用しながら、他の分野に投資できるのです。
  • 企業全体で統合:共に働くための最適化を。情報、インサイト、ユーザー・インターフェイスの一貫性を実現します。