該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

公益事業者が顧客データとクラウドを結び付ける1つの理由

 

Global

 

現在ではクラウドは公益事業者の真のスーパーヒーローです(最新クラウドを視覚的に深くフィクションで調べた事実(漫画雑誌) )が、確信を持てないためにクラウドの世界に飛び込むのをためらう人が多くいます。(実際、私たちは俗に言うように「念には念を入れて」確かめたいのです。)

案内人を必要とし、専門家の評価や見解を求めています。そして統計、数値、データ、バックアップ・サポートを求めています。これは両方とも、この業界でのカルチャーであり特性でもあります。

Oracle UtilitiesのOpenWorldのインダストリー・トラックで、当社のパートナのTMG Consultingは、中西部のある地方自治体がメーターとカスタマ・ケアを結び付けるプログラムを使用してクラウドを採用した実例を紹介しました。ここでは、その実例を紹介し、体系化されていないデータ詳細に対して、専門家の評価ノウハウが詰まったサポートを構築する一助にしたいと思います。

それでは、なぜ、この顧客はすべてを一度にクラウドに移行できたのでしょうか?

請求の正確さの向上: エラーが少なくなるため、リアルタイムの接続、および詳細なデータ統計に集中することが可能になり、経費の裏側にある数値がよりタイムリかつ正確に浮き彫りになります。 

顧客サービスの向上: この公益事業者は、インターバル・データとリモート接続のオプションが、クラウドを選択する際の利点リストの最上位にあったと認めています(この公益事業者は大学都市にあり、高負荷シフトや切替を伴うため、この利点項目は2番目となりました)。15年前に最新のCISシステムを実装したとき、システムは最先端でしたが、何年もの間、システムへの投資が不足していたため、システムは時代遅れになり、この公益事業者が再び増大する顧客の期待に対応するニーズはそのまま残っていました。

顧客の強化: 1970年代、毎週土曜日の朝に放送されたSchoolhouse Rockという番組で「知識は力なり」と私たちは教えられましたが、現在ではこれは顧客の信念にもなっています。そして、顧客のニーズが複雑(かつデジタル化)になるにつれて、その詳細の裏側にある数値は、毎月の請求のみならず、日々の詳細(分配時のTOU率、顧客の最終損益に対する機器使用の影響など)でも重要になります。

供給中止管理の向上: この公益事業者の本拠地に関係なく、天候に起因する供給中止はよくあることです。この更新では、良質な供給中止データが運用側に迅速(かつ頻繁)に転送され、同時に、顧客データもより迅速に保存されます。つまり、デジタルやコールから詳細が送られ、全体像にシームレスに組み込まれます。

信頼性の向上 : クラウド対応システム・データを使用する長期的な目標は、公益事業者に応じたより堅牢で安定したネットワーク全体の構築です。定期的に更新される同一のデータ・セットを全員が使用して作業を行うと、計画からプロジェクト、単純なアップグレードまで簡単に効率化できます(15年のギャップはもはやありません)。

この公益事業者は、これらの利点項目に注目し、システムやプロセスを最新にするより大きな計画の中でクラウドへ移行することが、理にかなっていることに気付きました。最初に、メーターの移行から着手しました(ライブ・データをテストし、変換を容易にするため)。

結論: 顧客が(および公益事業者も)意思決定する際には、良質なデータが役立ちます。これが、現在この公益事業者がクラウドを導入している最大の理由です。

Oracle OpenWorld から次の関連ブログもお読みください。

クラウドに関する関連ブログ

詳細については、Oracle Utilities をクリックしてください

戻る特集サイト

記事をシェアする