該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

電気自動車(EV)を世界的に普及させるために私たちができること

 

電気自動車(EV)を世界的に普及させるために私たちができること

私たちは、感動を伝えるために「電撃的」という言葉をよく使います。新発売のポテトチップスの味が電撃的だ。新しいプレス・リリースが電撃的だ。  新製品のソックスは? これも電撃的。

会話の中で、何が本当に感動的で何が本当に電撃的なのでしょうか? 文字どおりの意味では電撃的という言葉は適切でしょうか?

DistribuTECH 2019 (#DTECH2019)では、カンファレンス内の「輸送の電化」というセッションで、交通と環境のためのセンター(Center for Transportation and Environment)、米国電力研究所(EPRI)、Con Edisonおよび東京電力からスピーカーを迎えて、この言葉の意味や比喩的表現について突っ込んだ話し合いがなされました。

その中で、現時点での電気自動車(EV)のトレンドについて次のような討論がありました。

現在の概念の見直し: 現在、110万台のEVが路上を走っています。ですから、この分野はすでにニッチ(隙間)マーケットではなくなっています。新しい車種が投入され、電気自動車の販売数が増え、路上をもっと電気自動車が走るようになるのは、そう遠くないことです。

注目すべきはプラグイン・ハイブリッド車のみではない: プラグイン・ハイブリッド車は米国で生まれましたが、現在は、電池式電気自動車、つまり純粋な電気自動車の販売が大きく成長しています。(Tesla Model 3の登場、および走行距離の増加が大きく寄与しています。)

SUV車とクロスオーバー車の未来: これらはEVマーケットに参入してきており、近い将来に、販売や普及の大きなけん引役になることが期待されます。(さらに、クレーン付きトラックを含む大型車も参入してきています。)

共同の充電設備のサポート: 消費者の心理をEVにすばやく惹きつけるには、共同で使用できる高速充電(30分以内)設備が重要です。多数の設備を立ち上げて迅速に稼働させるために、奨励金を検討する必要があります。

道路脇の充電スペースの計画は慎重に: 交通量の多い都市部では、技術的な問題よりも、設置場所をどこにするかが重要になる場合があります。(どこにステーションを設置すると最大限に利用されるか? 通行の障害にならないか?)

オフピーク時の充電を顧客に推奨: ここでも奨励金が有効です。深夜充電、ピーク時の回避、または友人への呼びかけなどに対する奨励金も検討の余地があります。

V2Gの懸念はなし: むしろボーナス要因としてとらえ、電気自動車に関する送電網の問題を公益事業の追加DERオプションに変換できる利点として考えます。

大局的に車両を検討するなら、ニーズを把握: 地理や、計画しているEV車両で何をするかに応じて、様々なストレス要因、メンテナンス、充電の要件があります(充電のタイミングも含めて)。

今週のDistribuTECHでは、電力の新時代に関する情報を入手できます。すべてのカンファレンス活動については、ここから参照できます。

詳細については、Oracle Utilities をクリックしてください

戻る特集サイト

記事をシェアする