該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

POSとは

販売時点情報管理(POS)システムは、レジから、販売、カスタマー・エクスペリエンス、プロモーション・オファー、および業務プロセスを管理する最新のハブに進化しました。

POSの進化

かつてPOSはその場限りのもので、通常顧客が商品やサービスの代金を現金で渡す、レジのあるカウンターでした。オンライン、セルフサービス・キオスク、エージェントの携帯用デバイス、従来のレジ、そのいずれであっても、今でもPOSシステムの中核は支払い処理です。しかし、1970年代に昔ながらのレジが初めてコンピューターと一体化して以来、POSは財務、販売、プロモーション、業務の各プロセスの強力なハブへと変貌しました。

販売時点情報管理(POS)システムのホスピタリティのスクリーンショット

技術が発展するにつれてPOSシステムも進化しました。1970年代にバーコードが導入され、1980年代にグラフィカル・インターフェースが導入され、1990年代にはオンライン注文が導入されました。

21世紀になると、変化はさらに加速します。モバイルテクノロジーは、従来のレジから支払いプロセスを切り離し、タブレットやその他のデバイスを介するPOSを使用するようにお店全体を変えました。最近の調査である4次元の小売は、調査対象の消費者の60%が店舗でのモバイル決済オプションを望んでいることを示しています。また、クラウドテクノロジーによって真の最新POSの道が開かれ、重要なシステムを迅速に統合することでカスタマー・エクスペリエンスを最適化し、同時に利益率を高めることが可能になりました。

最新のPOS:販売時点情報管理からサービス販売時点情報管理まで

ますます要求が厳しくなる情報通の今日の消費者に対応するために、この10年間でPOSソリューションは進化しました。提供する選択肢やサービスレベルに満足できなくても、手元のモバイルデバイスで消費者は無限の選択肢に即座にアクセスできます。このような極端な競争圧力の結果として、最新のPOSは支払い/会計システムをはるかに超えて、単なる「販売時点情報管理」ではなく「サービス販売時点情報管理」にまで進化し、いつでもすぐに顧客を満足させる個別性の高いやり取りを可能にしています。

たとえば、POSソリューションを使用すると、小売店の従業員が在庫だけでなく顧客の購入履歴やオンライン閲覧履歴もリアルタイムで確認できるため、売り上げの確保や購入者の購入金額の増大に役立ちます。ホスピタリティ業の従業員は、パーソナライズされた注文をより速く配送できるよう手配したり、ロイヤルティ・プログラムやその他のターゲットを絞ったオファーをシームレスに適用したりして、ゲスト・エクスペリエンスを向上させることができます。

最新POSを適切に使えば、サービスレベルを落とすことなく、コストを削減し利益率を向上させることも可能です。小売業においては、顧客が任意のチャネルで商品を購入、受け取り、返品できる強力なコマース機能によって、店舗での売り上げを確保、さらには増加させることを意味します。ホスピタリティ業では、最新POSを使用することで商品とスタッフの生産性の両方を最大化します。Retail POSシステムおよびRestaurant POSシステムは、より無駄のない業務、より収益性の高いオファー、より効果的なプロモーションを推進する高度な分析を提供します。

統合された完全なPOSソリューションを使用すると、次の機能とメリットを得ることができます。

パーソナライズされたゲスト・エクスペリエンスの提供
  • 顧客を瞬時に満足させる
  • エンドレス・アイル(無限の通路)機能を使用したショッピングとサプライチェーンのどこからでも商品を調達する機能により、小売売上高を確保する
  • レストランのゲスト・エクスペリエンスをパーソナライズすることで、売り上げが増大しロイヤルティを高める
顧客の360度ビューの取得
  • ターゲットを絞ったオファーで売り上げを伸ばす
  • 顧客生涯価値を高める
  • ロイヤルティ・プログラムを通して顧客に報酬を与えることで来店を促進する
フロントエンド・システムとバックエンドシステムの統合
  • マーチャンダイジングからサプライチェーンに至るまで、POSシステムと小売の業務システムを統合することで、売上を確保する
  • 食品・飲料の注文のオーケストレーションを高速化および自動化する
  • 在庫価値を最大化し、無駄を削減する
収益性の高い製品の開発および利益増大のための分析
  • より高い利益率やよりターゲットを絞った顧客の好みのために、サプライチェーンの物流を最適化する
  • データを活用して、食品廃棄物、過剰人員、盗難を防止する
あらゆる種類のデバイスでモバイルPOSをサポート
  • タブレット、モバイルデバイス、セルフサービス・キオスクを介したトランザクションを可能にする
  • トランザクション時間を短縮する
  • サービスレベルを向上させ、売上を確保する
損失の防止
  • 怪しい傾向、トランザクション、その他の異常をすばやく突き止める
  • 自動アラートで即座に対応する
  • 法廷で認められる証拠を収集する
顧客データの保護
  • 確実にPayment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)を遵守する
  • 盗難されたクレジットカードやその他の不正な資格情報をすばやく突き止める
最新のユーザー・エクスペリエンス(UX)によるエージェントの強化
  • 関連する起動時間とエラーを削減する
  • トランザクション時間を短縮する
  • 従業員が望むような非常に直感的なUXで彼らを引き付けて維持する
クラウドの活用
  • 導入と価値転換をすばやく行う
  • 迅速かつコスト効率よく、POSシステムの範囲と価値を拡張する
  • 実装、監視、パッチ適用、アップグレードを大幅に簡素化する

エクスペリエンスをパーソナライズし、顧客を瞬時に満足させる

今日の消費者を満足させるのはこれまで以上に困難です。いつでもどこでも買い物ができますので、店頭でも自宅でも、より早い配送をますます期待するようになっています。同じ原則がホスピタリティ業界にも当てはまります。モバイルデバイスのオプションの幅が広がったことで、すばやく注文できて注文したとおりの質の高い商品がすぐに提供されることを、ゲストは期待しています。それが実現されないと、そのゲストが再び来店することはないかもしれません。

欲求不満を満足に変える別の方法として、ラインバスティング(レジの待ち行列対策)があります。ショップであろうとレストランであろうと、素早いトランザクションは、売り上げを確保し消費者の再来店の頻度を高めることにつながります。最新のPOSはトランザクション時間が短くなっていますし、モバイルPOSの機能には強力なラインバスティング・ツールが追加されています。実際、調査によると、半数以上(52%)の小売業者は店舗スタッフがモバイルテクノロジーを身につけていると回答しており、さらに26%はモバイルテクノロジーを導入予定です。

顧客の360度ビューの取得

最近の調査である4次元での小売によると、調査対象の消費者の65%は、パーソナライズされたオファーやプロモーションがショッピング体験において最も重要であると述べています。顧客を知っていると、よりパーソナライズされた、そして満足のいく体験を提供できます。たとえば、最新のPOSシステムは、精算を顧客引き継ぎの機会に変えることができます。POSが店内の従業員に顧客の購入履歴、オンライン・ブラウジング、カゴ落ちのデータを提供することで、同店舗の売り上げの確保や購入者の購入金額の増大が望めます。顧客の期待を超えることで、同時にロイヤルティも高められます。

ギフトプログラムやロイヤルティ・プログラムも同様で、顧客に報酬を与え、ターゲットを絞ったプロモーションを実行し、好みや行動に関する重要なデータを収集することで、小売業飲食店ホスピタリティ業のどの顧客であっても、支払いをパーソナライズされたゲスト・エクスペリエンスに変えることができます。これがおそらく、米国の消費者の65%が少なくとも1つは食品・飲料のロイヤルティ・プログラムのメンバーになっている理由です。

フロントエンド・システムとバックエンドシステムの統合

POSは、支払いを管理することに注力していたときでさえ、財務データと在庫データの重要な情報源でした。最新のPOSの出現により、その重要度は以前よりはるかに高くなりました。今日では、POSシステムは顧客応対するフロントエンドと運用を行うバックエンドとを統合する重要なハブです。それにより、あらゆる種類の商取引とプロセスを最適化し、消費者が必要なときに必要なものを提供すると同時に、各段階で利益率を高められるようになりました。

ホスピタリティ業では、レジ(モバイルデバイスとキオスクを含む)をスタッフ、施設、在庫と接続して、以下を実現することを意味します。

  • サービスのスピードアップ
  • 食事の質の向上
  • ミスの減少
  • 厨房のパフォーマンスの追跡
  • スタッフの呼び出し、など

小売業の場合は、POSシステムを注文管理注文仲介顧客エンゲージメントシステムとシームレスに接続することを意味します。この方法でのみ、オンラインと従来のPOS機能の間のギャップを埋めて真のオムニチャネル機能を提供することができます。

最新のPOSは、カスタマー・フルフィルメントの域を超え、HCMから財務分析まであらゆる種類のビジネスプロセスを統合して利益率を高めます。

小売業/ホスピタリティPOS

小売業界とホスピタリティ業界には、以下の重要なニーズをサポートする最新のPOSが必要です。

レストラン向けMICROS POS
  • 注文と財務トランザクションの高速化
  • パーソナライズされた顧客とのやり取りのサポート
  • フルフィルメント・システムとのシームレスな統合
  • モバイルPOSとセルフサービス・キオスクに対応している
  • ターゲットを絞ったプロモーションの提供
  • ロイヤルティ・プログラムの提供
  • あらゆる種類の支払い方法が可能である
  • 損失の防止
  • レポートと分析のためのデータ収集
  • 従業員の生産性向上
  • 顧客データの保護

適切なPOSの選択

今日の極端な競争圧力を考えると、小売業界とホスピタリティ業界のどちらにおいても、成功には適切なPOSシステムの選択が重要です。ハードウェア、オペレーティング・システム、アプリケーション・サーバーからデータベース・テクノロジーや業界固有のソフトウェアに至るまで、ビジネスで必要とされる最新のPOSのあらゆる側面をサポートする包括的なクラウド対応ソリューションが必要です。

真に最新のPOSソリューションには、以下のような、クラス最高レベルの多くの要素が統合されていなければなりません。

最新のPOSハードウェア
  • ブランドを拡大するためのクリーンでモダンなPOSデバイスデザイン
  • プラットフォームがプリインストールおよび事前統合されたデバイス
  • 耐久性
  • レガシーI/Oサポート
  • 高解像度ディスプレイ
  • オプションの周辺機器のサポート
包括的な統合POSソフトウェア
  • ベースコードの変更要件を排除しすばやく実装できるような、業界向けの設計
  • 財務トランザクション・システムから在庫の可視性まで、最新で事前統合された完全なPOSプロセス
  • 運用システムおよびERPシステムとの統合が容易
  • モバイル決済オプション、オンライン注文ソリューションなどに接続するためのAPI
クラウド対応
  • 迅速な導入と価値転換
  • 市場の状況に応じて変更を実装する柔軟性
  • 新しいモジュールをすばやく追加できる機能
  • シームレスなパッチ適用、更新、アップグレード
  • 最適化され、事前統合されたソリューション
モバイル対応
  • タブレットからセルフサービス・キオスクまで、さまざまなモバイルPOSデバイスに対応できるように事前設計されている
  • 従業員セルフサービスのモバイル対応
安全
  • Europay、Mastercard、Visa(EMV)およびPCI要件への準拠をサポート
最新のUX
  • 非常に直感的なコンシューマー向けユーザー・インターフェイス(UI)
  • 完全なタッチスクリーン機能