The Next Domino: 自動化、AI、タッチレス安全性症例処理

安全性を効果的かつ効率的に管理することは、企業が受理する症例数が膨大に増加するとで、ますます困難になります。そのため、マルチビジランスを自動化することが求められています。

CSL Behring、ファーマコビジランスにオラクルArgusを採用
主な特徴

安全性症例管理

  • グローバルな規制と基準へのコンプライアンス
  • SaaS展開によるコストと複雑性の軽減
  • 自動化と使いやすさによる効率的な症例処理
  • 強力で拡張可能、かつユーザーフレンドリーな分析およびレポート
  • 日本の症例とユーザー・インターフェースを含む単一のグローバル・データベース
  • カスタマイズを回避し、総所有コストを削減できる設定容易性

安全性症例管理(動画)

CSL Behring、Oracle Argusを安全ケース管理に利用

4C Pharma、Oracle Argusを安全性のゴールド・スタンダードと見なす

Perficient、オラクルを利用して医薬品の市場投入の迅速化を支援

オラクルとの長年のパートナーシップによりPharmasolの成功に貢献

詳細

Oracle Health Sciences Safety OneにおけるArgus

図解

Oracle Health Sciences Safety One(PDF)

統合されたマルチビジランスにより、リスクの早期発見、コストの削減、コンプライアンスの向上が可能になります。

動画

Oracle Health Sciences Safety Cloud(2:06)

セキュアでスケーラブルなクラウド・プラットフォームで、エンドツーエンドの統合マルチビジランスを実現。

動画

CSL Behring、安全性症例管理のためにOracle Argusを選択(1:39)

Richard L. Wolf氏(CSL Behring、グローバル臨床安全性・ファーマコビジランス担当シニア・ディレクター)が、臨床試験における医薬品の安全性管理についてOracle Argusを最先端かつクラス最高のソリューションだと考えている理由をご紹介します。

動画

4C Pharma、Oracle Argusを安全性のゴールドスタンダードと見なす(2:34)

4C PharmaのCOOであるMuhammad Ahmad氏は、Oracle Health Sciencesとの強力なパートナーシップに関し、Oracle Argusを使用して顧客をサポートする方法と、他のあらゆる安全性製品よりもArgusを選択した理由について説明しています。

動画

Perficient、オラクルを利用して医薬品の市場投入の迅速化を支援(2:16)

PerficientのEMEA ライフサイエンス事業部担当ディレクターRudolf Coetzee氏は、Oracle Health Sciencesとの提携のメリットに関し、オラクルの支援により同社のサービス・オファリングが医薬品の迅速な市場投入にどのように貢献しているかを詳しく解説しています。

動画

オラクルとの長年のパートナーシップによりPharmasolの成功に貢献(2:00)

Pharmasolの最高販売責任者Tim Billington氏は、Oracle Health Sciencesとの長年のパートナーシップと連携が、顧客の抱える問題を理解し、そのニーズに合ったソリューションを開発する上で、どのように役立っているかを説明しています。

注目のファーマコビジランスのブログ

ファーマコビジランスの最新情報