該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

Oracle HTTP Server

Oracle HTTP ServerはOracle Fusion MiddlewareのWebサーバー・コンポーネントです。Oracle WebLogic Server、静的ページや動的ページのホスティング、Web上のアプリケーションのためのHTTPリスナーです。Oracle HTTP Serverの注目する点は、そのテクノロジ、静的コンテンツだけでなく動的コンテンツも処理できる機能、OracleとOracle以外の製品を統合する機能です。

テクノロジー - Oracle HTTP Serverは、Apacheの実証済オープン・ソース・テクノロジに基づいています。Oracle HTTP Server 11gはApache 2.2 インフラストラクチャに基づいており、すべての基本ApacheモジュールとOracleが開発したモジュールを含みます。

静的コンテンツと動的コンテンツ - Oracle HTTP Serverは直接、またはWebDAV標準などの標準インタフェースを介して静的コンテンツを処理します。動的コンテンツは非常に柔軟であり、コンテンツ生成のためにJava、C/C++、Perl、PHP、PL/SQLなど多数の言語が用意されています。

統合 - Oracle HTTP Serverはスタンドアロンで配置するオプションもありますが、Oracle Fusion MiddlewareやOracle Databaseと統合した高度な配置もできます。Oracle以外のHTTPサーバーとOracle Fusion Middlewareを統合するプラグイン(プロキシ、OSSO)もオラクルから提供されています。

シングル・サインオン、クラスタ・デプロイメント、そして高可用性の機能はOracle HTTP Serverのオペレーションを拡張します。Oracle HTTP Server 11gはOracle Fusion Middleware 11g Web Tier and UtilitiesのDVDで利用できます。

What's New:

Oracle HTTP Server 12.1.2 は、Apache HTTP Serverの設定、プロセス・コントロール、およびライフサイクル管理タスクにWebLogic Management Frameworkを活用しています。この管理エクスペリエンスは、簡単で、Oracle Fusion Middleware 12c の製品と一貫性があるように設計されています。詳細については What's New in Oracle HTTP Server 12cを参照してください。

Oracle HTTP Server (OHS) 12c は、2つの異なるトポロジでプロビジョニングすることができます:

 ›WebLogic DomainでのOHS 12c の管理  -   このシナリオでは、Oracle HTTP Server 12c をダウンロードしてインストールする前に、Fusion Middleware Infrastructure 12cをダウンロードしてインストールすることが必要です。また、OHS 12c はOracle Fusion Middleware 12c Infrastructure のある場所にインストールする必要があります。詳細については、Standard Installation Topology for OHS 12c in WebLogic Domainを参照してください。ここでは、管理者がコマンド・ライン管理と同様、Fusion Middleware Control 12c Console を使用してOHSを管理することができるようになります。

›Standalone DomainでのOHS 12c の管理 - このシナリオでは、OHS 12.1.2 は、追加の依存関係なしでダウンロードしてインストールすることができます。詳細については、Standard Installation Topology for OHS 12c in Standalone Domainを参照してください。ここでは、サーバ管理はWebLogic Management Framework内で使用可能なコマンド・ライン・インターフェースを介して行われます。詳細については、製品ドキュメントにあるWorking with Oracle HTTP Serverセクションを参照してください。また、このインストール・シナリオには、最小限の依存関係を持つOHS 12c をインストールし、OHS 12c WebLogic Domainを介してリモートでの管理を利用できます。

ソフトウェアのダウンロードが可能になりました。

Oracle HTTP Server 12.1.2 (64-bit)は、以下のプラットフォームで利用可能です。

Linux x86-64(64-bit)

Solaris (SPARC) (64-bit)

Windows 2008 R2 / Windows 2012 (64-bit)

HP-UX (Itanium) (64-bit)

Solaris Intel (64-bit)

AIX (Power) (64-bit)

Oracle HTTP Server 11g は、Oracle Fusion Middleware Web Tier and Utilities DVD で利用可能です。また、Web Tier 11g Utilitiesのページからもダウンロードできます。

Technical Information

Oracle HTTP Server 12.1.2

  • Oracle HTTP Server 12.1.2 Technical White Paper, July 2013
  • Oracle HTTP Server 12.1.2 Technical Presentation , July 2013

Oracle HTTP Server 11g Release 1

Oracle HTTP Server 10g Release 3

Quick Start