申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

MySQL HeatWave Database Service

Oracle MySQL HeatWaveはフル・マネージド・データベース・サービスです。データベース管理者とアプリケーション開発者にとっては、MySQL Databaseから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できる唯一のサービスです。MySQLはOLTPに最適化されているため、多くのMySQL実装では、個別のOLAPデータベースをビジネス分析に使用しています。MySQL HeatWaveは、お客様がMySQL Databaseに保存されたデータに分析を実行できるように設計されているため、OLTPおよびOLAPデータベース間の複雑で時間とコストのかかるデータ移行および統合は不要になります。MySQL HeatWaveは、Amazon Redshiftの半分のコストで6.5倍の速度、Snowflakeの5分の1のコストで7倍の速度、Amazon Auroraの半分のコストで1,400倍の速度を実現しています。MySQL Autopilotは、高度な機械学習技術を使用して、HeatWaveを自動化します。このため、使いやすさ、パフォーマンス、およびスケーラビリティは、さらに向上します。

MySQL HeatWaveのダイアグラム

Oracle Live: MySQL HeatWave - 新しい機械学習機能
2022年3月29日 | 正午(米国東部標準時)/午後1時(ブラジル時間)/午後6時(中央ヨーロッパ夏時間)

オラクルのチーフ・コーポレート・アーキテクトであるEdward ScrevenがMySQL HeatWaveの新機能を発表します。開発者とユーザーは、このような新機能によって、MLをアプリケーションに簡単に組み込み、コストを削減しながら、迅速で正確な結果を得ることができます。

WikibonレポートMySQL HeatWaveテクノロジーは市場最高

Wikibonは企業のIT部門がMySQLトランザクション・データベースから個別のOLAPデータベースとETLを排除する3年計画を立てることを強く推奨しています。

IDCレポートMySQL HeatWaveおよびAutoPilotの飛躍的進歩

IDCは、MySQL Database ServiceをHeatWaveおよびAutopilotと組み合わせると、過去20年間のオープンソース・クラウド・データベースの唯一最大のイノベーションになる可能性が高いと述べています。

MySQL市場におけるHeatWaveオラクルが機械学習の自動化をMySQL HeatWaveに追加

Constellation ResearchはMySQLまたはMySQL互換のデータベースを使用しているお客様がMySQL Database Service with HeatWaveを今すぐ評価する必要があると結論付けています。

MySQL HeatwaveがAutopilotを採用MySQL HeatwaveがAutopilotを採用

HeatWaveの最新イノベーションを取り上げているdbinsightの分析によると、機械学習によって、MySQLはオーバードライブしています。

MySQL HeatWaveのパフォーマンスと価格の比較


MySQL HeatWaveのパフォーマンスと価格の比較

30TB TPC-H、MySQL HeatWaveの方が高速で低コストです。

MySQL HeatWaveは、Amazon Redshiftの半分のコストで6.5倍の速度、Snowflakeの5分の1のコストで7倍の速度、Amazon Auroraの半分のコストで1,400倍の速度を実現しています。このようなパフォーマンスがどのように実現しているかを表すパフォーマンス比較ドキュメントをご覧ください。

パフォーマンス、およびベンチマーク・セットアップ設定の詳細を見る


MySQL HeatWaveが選ばれる理由

OLTPおよびOLAP向けの唯一のMySQLデータベース

MySQL HeatWaveはデータベース管理者とアプリケーション開発者がMySQLデータベースから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行できる唯一のサービスです。

ETLの排除

複雑で時間とコストのかかるETLプロセス、および個別の分析データベースとの統合は不要になります。

リアルタイム分析の実現

OLTPトランザクションによる変更は、HeatWaveにリアルタイムに伝達され、分析クエリですぐに確認できます。分析クエリを実行する前にデータをインデックス化する必要はありません。

セキュリティの向上

MySQLデータベースとHeatWaveクラスタ・ノードの間の保存済みと転送中のすべてのデータはデフォルトで暗号化されています。データがデータベース間で転送されないため、ETLプロセスの実行中にデータが危険にさらされるリスクがありません。OLTPとOLAPに単一のデータベースを使用することで、異なるID管理を行う必要がなくなり、セキュリティが向上します。

MySQLアプリケーションの変更は不要

HeatWaveはネイティブのMySQLソリューションです。既存のMySQLアプリケーションは変更なしで機能します。

ビジネス・インテリジェンス(BI)とデータ可視化ツール

HeatWaveは、Oracle Analytics Cloud、Tableau、LookerなどのMySQL Databaseと同じBIおよびデータ視覚化ツールをサポートしています。

高パフォーマンスのインメモリ・クエリ・アクセラレータ

HeatWaveは超並列でインメモリのハイブリッドな列指向のクエリ処理エンジンです。非常に高いパフォーマンスを実現する分散クエリ処理向けの最先端のアルゴリズムを実装しています。

大規模なスケーリングとパフォーマンスを実現する設計

HeatWaveはノード間とノード内の大規模な並列処理を実現する高度にパーティショニングされたアーキテクチャを実装しています。また、実際のアプリケーションで数千コアにわたる非常に高いスケーラビリティを実現するために、コンピューティングがネットワーク通信タスクと重複するインテリジェントなクエリ・スケジューラを実装しています。

OCI向けに最適化

HeatWave内のクエリ処理はOCI向けに最適化されています。パーティションのサイズは、基盤となる形状のキャッシュに合わせて最適化されています。コンピューティングの通信との重複はOCIのネットワーク帯域幅に最適化されています。さまざまな分析処理プリミティブでは、基盤となる仮想マシン(VM)のハードウェア命令を使用します。

AmazonとSnowflakeより高速で低コスト

MySQL HeatWaveは競合するすべてのデータベース・サービスより高速で低コストです。これは、TPC-H、TPC-DS、CH-benCHmarkなど、複数の業界標準のベンチマーク、および実際のお客様のワークロードで実証されています。上の30TB TPC-Hベンチマークの結果をご覧ください。他のベンチマークの結果:

Snowflake、Amazon Redshift、Amazon Aurora、Amazon RDS、Google BigQuery、およびAzure Synapseより高速な分析を低コストで実現
  • Snowflake on AWSの5分の1のコストで6.8倍の速度を実現した結果、35倍のコスト・パフォーマンスを実現(10TB TPC-H)
  • Amazon Redshift with AQUAの半分のコストで6.8倍の速度を実現した結果、13倍のコスト・パフォーマンスを実現(10TB TPC-H)
  • Google BigQueryの4分の1のコストで9倍の速度を実現した結果、36倍のコスト・パフォーマンスを実現(30TB TPC-H)
  • Azure Synapseの5分の1のコストで3倍の速度を実現した結果、15倍のコスト・パフォーマンスを実現(30TB TPC-H)
  • Amazon Auroraの半分のコストで1,400倍の速度を実現した結果、2,800倍のコスト・パフォーマンスを実現(4TB TPC-H)
  • Amazon RDSの3分の2のコストで5,400倍の速度を実現した結果、8,100倍のコスト・パフォーマンスを実現(4TB TPC-H)
Amazon Auroraより高速な混合ワークロードを低コストで実現

ほとんどの実際のアプリケーションには、OLTPと複雑なOLAPクエリが混在しています。このようなワークロードの場合も、MySQL HeatWaveはAmazon Auroraよりはるかに高速で低コストです。MySQL HeatWaveは、OLAPクエリの100GBデータセットで業界標準のCH-benCHmarkを使用して、Amazon Auroraと比較して、18倍の速度、110倍のスループット、および2.4倍のコスト削減を実現した結果、42倍のコスト・パフォーマンスを実現しています。OLTPクエリの場合、MySQL HeatWaveは、Amazon Auroraと同じパフォーマンスと2.4倍のコスト削減を実現した結果、2.4倍のコスト・パフォーマンスを実現しています。

Oracle MySQL Autopilot: 機械学習ベースの自動化

MySQL Autopilotは、プロビジョニング、データ・ロード、クエリ実行、障害処理など、高いクエリ・パフォーマンスを大規模に実現する際の最も重要で困難になりがちな側面の多くを自動化します。データのサンプリング、データとクエリに関する統計の収集、および機械学習モデル(メモリ使用量、ネットワーク負荷、および実行時間のモデリング)の構築に高度な技術を使用しています。このような機械学習モデルは、MySQL Autopilotがコア機能を実行するために、使用されます。MySQL Autopilotは、クエリの実行回数が増加するにつれて、HeatWaveクエリ・オプティマイザのインテリジェンスを向上します。この結果、時間の経過とともに、システム・パフォーマンスを継続的に向上します。この機能はAmazon Aurora、Amazon Redshift、Snowflake、または他のMySQLベースのデータベース・サービスには実装されていません。MySQL HeatWaveのお客様はMySQL Autopilotを追加料金なしで使用できます。

MySQL Autopilotが実装する機能:

  • 自動プロビジョニングでは、分析が必要なテーブル・データを適応的にサンプリングして、ワークロードの実行に必要なHeatWaveノードの数を予測できます。つまり、お客様は最適なクラスタ・サイズを手動で見積もる必要がなくなったということです。この機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。
  • 自動並列ロードでは、HeatWaveにロードされるテーブルごとに最適な並列処理度を予測して、ロード時間とメモリ使用量を最適化できます。この機能を提供しているクラウド・ベンダーは他にありません。
  • データの自動配置では、最高のクエリ・パフォーマンスを実現するために、インメモリでパーティショニングするテーブルのカラムを予測できます。また、新しい推奨カラムによって、クエリ・パフォーマンスの期待される向上も予測します。このため、オペレーターが手動でカラムを選択する際に行う可能性がある最適ではない選択によるノード間のデータ移行を最小限に抑制できます。このリッチな機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。
  • クエリ・プランの自動改善では、クエリの実行からさまざまな統計を学習し、今後のクエリの実行プランを改善できます。このため、クエリの実行回数が増加するにつれて、システム・パフォーマンスを向上できます。この機能を実装するデータベース・サービスは他にありません。
  • 自動エンコードでは、クエリを考慮して、HeatWaveにロードされるカラムの最適な表現を判断できます。この最適な表現では、最高のクエリ・パフォーマンスを実現し、クラスタ・サイズを最小限に抑制して、コストも最小限に抑制できます。
  • クエリ時間の自動推定では、クエリを実行する前に、クエリの実行時間を推定できます。お客様は、クエリの所要時間を予測できるため、クエリの所要時間が長すぎるかどうかを判断し、別のクエリを実行できます。
  • 変更の自動伝達では、MySQL Databaseの変更をHeatWaveのスケールアウト・データ管理レイヤに伝達する最適なタイミングをインテリジェントに判断できます。このため、最適な頻度で変化を伝達できます。この機能を提供しているクラウド・ベンダーは他にありません。
  • 自動スケジューリングでは、待機時間全体を短縮するためのインテリジェントな方法によって、キュー内のどのクエリが短時間実行であるかを判断し、このようなクエリを長時間実行のクエリより優先できます。他のほとんどのデータベースでは、First In, First Out(FIFO)メカニズムをスケジューリングに使用しています。
  • エラーの自動リカバリでは、ソフトウェアまたはハードウェア障害によって、1つ以上のHeatWaveノードが応答していない場合、新しいノードをプロビジョニングし、必要なデータをリロードできます。

フル・マネージド・データベース・サービス

フル・マネージド・データベース・サービスでは、高可用性管理、パッチ適用、アップグレード、バックアップなど、時間のかかるタスクを自動化して、生産性を向上します。リソースのインスタント・プロビジョニングでアプリケーション開発を高速化します。

MySQLエンジニアリング・チームによる構築、管理、およびサポート

開発者は、MySQLチームから提供される最先端の機能に即時アクセスできるため、クラウドネイティブな最新のデータベース・アプリケーションを提供できます。MySQL HeatWaveは、アプリケーションを変更せずに、クラウドにシームレスに移行できるように、オンプレミスのMySQLと100%の互換性があります。

セキュリティとコンプライアンス

高度なセキュリティにより、外部からの攻撃、データ侵害、および社内での情報の誤用からデータベースを保護します。MySQLチームからの最新のMySQLセキュリティ・パッチが、自動的に適用されて、セキュリティ脆弱性にさらされるリスクを制限します。

主要な業界アナリストのMySQL HeatWaveに関するコメントをご覧ください。

IDC
IDC

「MySQLデータベース開発者にとっては、これはゲーム・チェンジャーです。Oracleは、HeatWaveによって、数十年にわたる経験とデータベースに関する専門知識を活用して、オープンソース・データベース・アプリケーション開発者のチームに一流のデータベース機能を非常に低コストで提供しています。」

Futurum
Futurum

「つまり、考えられるすべての測定可能な指標で競合製品を上回ったと考えているということです。また、いずれもMySQL HeatWaveのイノベーションに対応する必要があるため、業界は注意を払っており、データベース・クラウドの競合製品はショックを受けています。」

ESG
ESG

「パフォーマンスの数字は圧倒的です。オラクルのテスト結果をイベント発表で紹介されたユーザーからの推薦と組み合わせると、7~1,000倍以上の速度、および30〜80%のコスト削減が実現していることが、わかります。」

Moor Insights & Strategy
Moor Insights & Strategy

「オラクルは、MySQL HeatWaveを発表し、基本的にすべてのデータベース企業を名指しで非難したため、衝撃を与えました。私が気に入っているオラクルの発言はSnowflakeに関するものです。HeatWaveで運用すると8万ドルかかるデータは、Snowflakeでは、42万ドルもかかります。」

2022年1月14日

30のリージョンで提供されているMySQL HeatWave

MySQLプロダクト・マネージャー、Airton Lastori

現在、MySQL HeatWaveはOracle Cloud Infrastructureの30の商用リージョンでグローバルに提供されています。最近加わったのは南アフリカのヨハネスブルグです。

全文を読む

MySQL HeatWave pricing

MySQL Database Service and HeatWave

Product
Comparison Price
(/vCPU)*
Unit Price
Unit
MySQL Database—Standard–E3


OCPU per hour
MySQL Database—Standard–E3–Memory


Gigabyte per hour
MySQL Database—Storage


Gigabyte storage capacity per month
MySQL Database—Backup Storage


Gigabyte storage capacity per month
MySQL HeatWave—Standard-E3


Node per hour
MySQL Database for HeatWave—Standard-E3


Node per hour
MySQL Database for HeatWave—Bare Metal Standard-E3


Node per hour
  • *To make it easier to compare pricing across cloud service providers, Oracle web pages show both vCPU (virtual CPUs) prices and OCPU (Oracle CPU) prices for products with compute-based pricing. The products themselves, provisioning in the portal, billing, etc. continue to use OCPU (Oracle CPU) units. OCPUs represent physical CPU cores. Most CPU architectures, including x86, execute two threads per physical core, so 1 OCPU is the equivalent of 2 vCPUs for x86-based compute. The per-hour OCPU rate customers are billed at is therefore twice the vCPU price since they receive two vCPUs of compute power for each OCPU, unless it's a sub-core instance such as preemptible instances. Additional details supporting the difference between OCPU vs. vCPU can be accessed here.

MySQLのリソース

ドキュメント

ドキュメント

HeatWaveは、超並列で高パフォーマンスのインメモリ・クエリ・アクセラレータであり、既存のアプリケーションを変更せずに、分析と混合ワークロードのMySQLのパフォーマンスを桁違いに向上できます。

カスタマー・コミュニティ

カスタマー・コミュニティ

MySQL HeatWaveカスタマー・フォーラムにアクセスして、会話に参加してください。

クラウドの学習

クラウドの学習

MySQL Learning SubscriptionでMySQL HeatWaveを最大限に活用してください。

サポートとサービス

サポートとサービス

My Oracle SupportではMySQLサポートに24時間年中無休でアクセスできます。

関連製品

MySQL

世界一と評価されるオープンソース・データベース

Oracle Analytics Cloud

最新のセルフサービス分析

Oracle Data Integrator

データ統合の簡素化

Oracle Cloudコンピューティング

最高のコスト・パフォーマンスを実現

MySQL HeatWaveを使い始める


MySQL HeatWaveを試す(無料)

300ドルの無料クレジットをお試しください。


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?当社のエキスパートにお問い合わせください。